歌が上手い。

それは、誰しもが憧れますよね?

 

歌が上手ければ男女共にモテます。

 

もしかすると、歌手にだってなれるかも知れません。

 

歌が下手なよりかは歌が上手な方が良いですよね?

関連記事

歌が上手いか下手かの基準って?実はこの6つの項目で決まる!

 

だけど自分の歌が上手いかどうかって、

客観的に分かりづらいと思います。

 

そこで今回は、歌が上手い人の特徴をご紹介!

 

今回紹介する特徴と、

自分の歌唱を比べてみて下さい!

 

特徴が多く当てはまる人は歌が上手いと言えるでしょう!

スポンサーリンク

歌が上手い人の特徴9選

1・ピッチ(音程)の取り方が正確

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk44

 

歌が上手い人は、ピッチの取り方が正確です。

 

ピッチとは音程の事。

音程は上手な歌のキモです。

 

ピッチの取り方が正確であればある程、

歌が上手いと言えるでしょう。

関連記事

音痴は必ず克服出来る!音程の取り方が上手くなる方法まとめ!

 

逆に、ピッチがズレてしまうと

歌が下手くそに聞こえてしまいます。

 

ピッチを正確に取るには、とにかくプロの歌を聞く事が大事。

 

プロの歌を聞きまくれば、

正確なピッチの取り方が分かるようになります。

 

耳が成長してくるのです。

 

歌を聞きまくれば、ピッチも取りやすくなります。

 

ピッチを正確に取って、歌を上手に聞かせましょう!

 

2・リズムが正確

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4e

 

歌が上手い人はリズム感もバッチリです!

 

リズム感が良いと、

それだけで歌が上手く聞こえます!

 

逆に、リズム感が悪いと、

歌は音痴に聞こえてしまいます。

 

ピッチと同じですね!

 

リズム感は天性の物がありますが

ある程度修正する事は可能です。

 

その方法はとっても簡単!

上手な歌を沢山聞いて、そして沢山歌いましょう!

 

そうすれば、リズム感は必ず良くなります。

 

3・声量が大きい

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4o

 

歌が上手い人は、声量が大きいです。

 

声が良く響くので

歌詞が伝わりやすいのです。

 

リズム感が良く、ピッチも正確でも

声量が小さければ何を言っているのかが分かりません。

 

なんでも、プロとアマの一番の違いは声量なんだとか。

 

声量が大きければ大きいほど

歌は上手に聞こえるんです。

 

声量を大きくするには、

腹式呼吸がオススメ!

 

腹式呼吸で歌えれば、

声量もかなり大きくする事が出来ます。

 

腹式呼吸で歌を歌う方法は、

そこまで難しい方法ではありません。

 

コチラの記事で紹介していますので、

是非参考にしてみて下さい!

歌唱力が上達する方法!腹式呼吸を習得して苦手なカラオケを克服

 

4・歌声に強弱がつけれる

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4t

 

歌声に強弱をつけるのは

上手な歌う上でとても大事。

 

歌声に強弱をつける事で聞いている人を惹きつけやすくなります。

 

ずっと同じ声量で歌っていても、

その声量に飽きてしまうだけです。

 

人を惹きつける歌い方をするには、時折声を小さくする事も大事!

 

歌が上手い人は、

その事をよく理解しています。

なので、声に強弱をハッキリつけるのです。

 

プロの歌手なんかでも、ココぞ!という時の前は声を小さくしています!

 

声量の振り幅を大きくしたら

強弱を意識して歌ってみましょう。

 

5・マイクを上手に使う

歌が上手い人は、

マイクを使うのも上手です。

 

マイクの使い方一つでも、

歌の上手さは左右されます。

 

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4C

 

カラオケ等で歌を歌う時、

マイクは当然必須ですよね?

 

マイクって低い音は拾いにくく、高い音は拾いやすいって知ってました?

 

なので、低い音を出すときは近くに、

高い音を出す時は遠くにマイクを調整すると、

より歌が上手く聞こえるんです!

 

歌が上手い人は、

このマイクの特性も知っているんです!

 

なので上手にマイクを使いこなします!

 

歌にマイクは必須ですからね~

マイクの技術があるだけでも、

歌がかなり上手く聞こえます!

スポンサーリンク

6・楽しんで歌っている

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4H

 

歌が上手い人は、

とにかく楽しそうに歌っています。

 

音楽というのは、「音」に「楽しい」と書いて音楽です。

 

楽しそうに歌っていないと、

それは音楽ではありません。

 

音楽をしていない人の歌は

聞いていても上手く聞こえません。

 

あまり自分の歌に自信が無くても、

思い切り楽しんで歌いましょう!

 

楽しんで歌えば、きっとあなたの歌声は、

「音楽」となって聞く人を魅了する筈です!

 

7・リラックスしている

歌が上手い人は、

歌う時にとてもリラックスしています。

 

歌に自信が無いと、

緊張してしまいますよね?

 

だけど、緊張してしまうと、声が出にくくなり、

歌を歌う事に関してはマイナスしかありません。

 

声が出なくなると、

声量が小さくなりますからね。

声量が小さくなると、

先程も言ったように良くありません。

 

歌声や声量を良くする為にも、

上手い人はリラックスして歌っています。

 

自分なりのリラックス方法で、

いい感じに力を抜いて歌いましょう。

 

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4K

 

良い方法が思いつかない人は、

コチラの記事をご覧下さい

緊張をほぐす簡単な方法7選!心も体もリラックスしよう!

 

簡単に緊張をほぐす方法をご紹介しています!

 

緊張をほぐして良い状態で歌いましょう!

 

8・高音の声を出せる

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4N

 

歌が上手い人は、高音の声もしっかり出せます。

関連記事

歌を上達させる近道!高音が出やすくなる超簡単な方法6選!

 

高音の声が出ないと歌が下手。

という訳ではありません。

 

高音の声が出ていなくても、

歌が上手な人はいます。

 

他の特徴に該当していれば、

歌が上手い人は沢山いるでしょう。

 

ただ、高音の声が出ていると、歌が上手に聞こえやすくなるのです。

 

特に男性の場合は、

高音の声が出ている人は上手く聞こえますね。

 

しかし、高音が裏返って裏声になってしまうと、

逆に下手くそに聞こえてしまいます。

 

裏声にならない様な、

自分に合った高音が出る曲を選びましょう。

 

9・表現力がある

歌が上手い人は、

歌に表現力があります。

 

淡々とただ歌うのでは無く、

歌の意味をしっかりと理解し、

自分なりに表現して歌えるのです。

 

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yk4U

 

アーティストとは表現者の事です。

 

表現者であるが故に、

人々の心を惹きつけるのです!

 

自分を表現する事を恥ずかしがらず、

ありのままを歌ってみましょう!

 

その表現力が豊かならば、

きっと聞く人の心を惹きつける筈です!

まとめ

 

どうでしたか?

 

特徴に5つ以上当てはまる人は、

歌が上手い人と言えるでしょう。

 

あなたは歌が上手い人でしたか?

 

歌が上手い人じゃなくても大丈夫。

歌は練習すれば、必ず上手になります。

 

上手じゃなかった人は、

しっかりと練習して上手な人を目指しましょう!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

歌が上手いか下手かの基準って?実はこの6つの項目で決まる!

カラオケ中の人必見!スグに出来る!歌が上手に聞こえるコツ7選

歌を上達させる近道!高音が出やすくなる超簡単な方法6選!

歌が上手い人の歌い方7選!簡単なテクニックで歌唱力が上昇する