使えるワザ

字がドンドン上達する練習方法6選!綺麗で上手な字を書こう!

この記事は約4分で読み終えれます

 

綺麗な字を書く事って簡単そうで難しいですよね?

 

綺麗な字を書きたいけれど中々綺麗な字を書けない。そうしていく内に、綺麗な字を書く事を諦めていませんか?

 

だけど諦めるのはまだ早い!字は正しく練習すれば必ず綺麗になります!

 

今回は、字が上手になる練習方法をご紹介!正しい練習方法で字を綺麗にしましょう!

 

是非最後までご覧下さいね!

字が上手い人の特徴7選!下手な人とはココが圧倒的に違う! 字が上手い人って居ますよね? 字が上手いと色んな事が有利になります。頭も賢そうに見えますし、育ちも良く見えるでしょ...

 

 

スポンサーリンク

 

練習すれば字は確実に上手くなる!

20160224225954

画像参照元:http://urx.mobi/yjRN

 

字は練習すれば確実に上手くなります。

 

ただし何も考えずに、ただただ書き続けても意味はありません。しっかりとした練習をする事で上手になっていくのです。

 

適当な練習方法ではどれだけやった所で上手くはなりませんよ。

 

要するに字を上達させたければ、

正しい練習方法を知る事が大事なのです。

 

ただし、大事なのは練習方法だけではありません。

 

他にも、字を書く時に気を付けないといけない事があります。

 

まずは字を書く時に注意したい事から紹介していきましょう。

 

字を書くときに気をつける事

気をつける事その1・姿勢を正す

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjRS

 

字を書く時に、

姿勢は物凄く大事です。

 

猫背や悪い姿勢で文字を書いても一向に字は上手くなりません。背筋を伸ばして綺麗な姿勢で書きましょう。

 

綺麗な姿勢で字を書く事で自分の字を客観的に見る事が出来ます。

 

字を上達させる上で字を客観的に見るのはとても大事です。客観的に見る事で自分の字の悪い点が分かるからです。

 

綺麗な姿勢で綺麗な字を目指しましょう!

 

気をつける事その2・指を動かすのではなく、肘から先を動かす

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjS5

 

あなたは字を書く時、指先を動かしていませんか?

 

実はそれ、

汚い字を書くお手本の様な物。

 

指先を動かして書いていると線がフニャフニャした線になってしまいます。線がフニャフニャだと、どうしても字は汚く見えてしまいますからね。

 

線を真っ直ぐ書く為にも、

肘から先を動かす事を意識してみて下さい。

 

コレを意識するだけでかなり字は綺麗になりますよ。

 

気をつける事その3・とにかく丁寧に書く

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSe

 

字を書く時はゆっくり丁寧に書きましょう。

 

早く乱雑に書いても綺麗な字は書けません。字を上達させたいのならゆっくり丁寧に書くのは必須!

 

練習以外でも、

丁寧に書くのを意識してみて下さい。

 

丁寧に字を書ける様になれば字が上達するスピードも上がりますよ。

 

字が上達する練習方法

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSj

 

字を書く時に気を付けて欲しい事は分かりましたか?この3点は忘れずに意識して下さいね!

 

気を付けないといけない点が分かった所で、

実際に字が上達する練習方法をご紹介していきましょう!

 

この練習方法で字を書けば必ず上達していきます!諦めずに続けてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

字が綺麗になる練習方法

練習方法その1・マスがあるノートを使う

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSp

 

字の練習をする時使うノートはマスがあるノートを選びましょう。

 

マスがあるノートを使う事で字のバランスが取りやすくなるからです。

 

線だけのノートだとバランスが取りづらく字の上達が遅れてしまいます。綺麗な字を書く練習方法はノート選びから始まっているのです。

 

練習方法その2・細いペンを使う

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSC

 

字を書く時のペンは細いペンを使いましょう。理想はボールペンの様なペンですね。

 

マジック等の太いペンは止めておきましょう。

 

太いペンで字を書けば線が潰されます。すると真っ直ぐな線を書かなくても、線が潰れてしまうので字が綺麗に見えてしまうのです。

 

誤魔化しを利かせない為にも細いペンで書く様にしましょう。

 

練習方法その3・ひらがなを書く

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSX

 

まずは、ひらがなを書いてみましょう。

 

ひらがなには文字を書く基本が詰まっています。

 

「トメ」「ハライ」だけでなく曲線や直線もあり、まさに字を書く練習に打って付け!

 

また、画数も少ないので多く書いても疲れにくい!これ程字を書く練習に適した文字は無いのです!

 

字を上手にしたいのであれば、とにかくひらがなを練習しましょう!

 

練習方法その4・お手本をなぞって書く

tokyo_0821

画像参照元:http://urx.mobi/yjTt

 

ひらがなを書く時、まずはお手本をなぞって書きましょう。お手本をなぞれるノートがあれば、それを買うのがベストです。

 

もしも無ければ、ひらがなのお手本を練習するページの下に敷いて書いてみましょう。うっすらでも、なぞれれば大丈夫です!

 

まずはお手本をなぞる事でお手本の書き方を学びます。1ページ全て、お手本をなぞって書いてみましょう。

 

書き終わったら次のステップに進んで下さい。

 

練習方法その5・お手本を横に見て書く

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjSQ

 

お手本をなぞって書き終えたら、次はお手本を横に置いて、お手本を見ながら書いてみましょう。

 

お手本を見ながら書く事で自分の字とお手本の字を比較しながら書く事が出来ます。

 

この時大事なのが、

お手本をなぞって書いた時の感覚を忘れない事です。

 

なぞった時の感覚を忘れず、出来るだけお手本に近い字を意識して書きましょう。

 

こちらも、ノート1ページ全て埋まるまで書いて下さい。

 

練習方法その6・書いて書いて書きまくる

20151011103208

画像参照元:http://urx.mobi/yjTB

 

字を上達させたければ書きまくる事が大事です。

 

お手本をなぞる。お手本を横に置いて書く。

 

この二つをひたすら繰り返しましょう。コレを繰り返すだけで、かなり字は上達します。

 

「あ」の字をなぞって1ページ。お手本を見ながら1ページ。それが終わったら次は「い」を書く。

 

こんな感じでドンドン書いていきましょう!続けていけば確実に字は上達します!

まとめ

 

とにかく大事なのは続ける事です!

 

練習方法を知っていても続かないと意味がありません。継続は力なり!です!

 

頑張って続けて憧れの綺麗な字を目指しましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!