生活の知恵

BBQ初心者必見!誰でも炭を簡単に着火させる裏技4選!

 

さあ!季節は夏です!

 

夏と言えば、やっぱりBBQですよね!

 

海で!川で!山で!何処でしても、最高に楽しいです!

 

お肉も美味しいし、楽しい仲間とすれば何だって笑い話になるでしょう。

 

だけど、そんなBBQですが、楽しい事ばかりではありません。

 

意外と面倒くさい事も多かったりしますよね?

 

例えば、「蚊」です。奴らは人が居るところに群がるように寄ってきますからね。

 

そんな蚊の駆除方法に関しては、コチラの記事にてご紹介しています。

 

BBQをする時に蚊が嫌な人は、是非とも参考にしてみて下さい!

庭でBBQする時に知っておきたい!簡単な蚊の撃退方法3選! 夏!熱い日差しと、こみ上げる熱気! 寒いと言うより、むしろ痛いくらいの冬を乗り越えて、やっと味わえるご褒美の季節!...

 

他には、準備も大変ですよね?BBQには、様々な準備が必要ですから。

 

中でも、一番煩わしいのが、「炭の着火」ではないでしょうか?

 

着火が上手く行かないだけで、その後の雰囲気も凄くダレてしまいます。

 

そこでこの記事では、炭の着火が上手くいく為に大事なコツをご紹介!

 

これで、着火に手こずられる事はありません!

 

スポンサーリンク

 

炭を上手に着火する為に大事なコツ

コツその1・空気を送れるようにする

 

空気が無いと火は燃えません。

 

逆に空気をたくさん送ってあげると、火は良く燃えるようになります。

 

当たり前の事かも知れませんが、とっても重要な事なんです。

 

BBQコンロに穴は空いていますか?

 

勿論、市販のBBQコンロには小さい穴が空いている筈です。

 

その穴から空気を取り込む事によって、火がよく燃えるのです。

 

もしもやむを得ない状況で、市販以外のコンロを使っているのなら、必ず空気の通り道は作っておきましょう。

 

市販のコンロを使っているとしても、炭の積み上げ方を失敗すれば、炭に空気が上手く伝わりません。

 

炭の置き方にも、十分気をつけて下さい。

 

そして、空気を送り込む事で、何よりも重要なのが「うちわ」の存在です。

 

こいつがあるのと無いのとでは、火が着く速度が全く違います。

 

もし、うちわが用意できるのなら、必ずうちわは用意しましょう。

 

コツその2・炭の置き方を考える

 

炭を上手に着火させる事において、炭の置き方はかなり重要です。

 

ここを間違えれば、なかなか上手に着火してくれません。

 

コツは2つ

・高く積み上げる

・炭の山を2つか3つに分ける

この2つです。

 

火は常に上を向いています。

なので炭を高く積み上げる事で、火の熱が伝わりやすくなるのです。

 

更に高くする事で、空気と触れる部分が多くなり、沢山の酸素を吸収する事が出来ます。

 

するともっと着火しやすくなるのです。

 

理想としては、こんな感じの積み上げ方です。

 

そして、その炭の山を2つか3つに分けるのです。

 

そうする事で、熱が分散しにくくなり、より早く燃えます。

 

スポンサーリンク

 

コツその3・紙は燃やさない

 

紙はやっぱり良く燃えます。

 

なので、早く着火させる為にも、紙を炭に混ぜてしまいがちです。

 

しかし、それは大きな間違いなのです。

 

紙は良く燃えますが、それは一瞬だけです。

 

炭に着火する事なく、スグに灰になってしまいます。

 

灰になると、うちわで空気を送った時に、「ブワッ」と、その辺に散乱してしまいます。

 

もし、お肉を焼いていたら、灰がお肉についてしまうかも知れません。

 

衛生的にもよろしくないですよね?

 

なので、紙は極力燃やさないようにしましょう。

 

コツその4・満遍なく着火剤をつける

 

ここまでくれば準備は万端です。

 

最後の仕上げに、炭全体に、満遍なく着火剤をかけましょう。

 

オススメなのは、ジェルタイプです。

 

炭に直接つける事が出来るので、かなり早く炭に火が着きます。

 

着火剤をつけて、火を着ければ、後はうちわで思いっきり扇ぎましょう。

 

積み上げ方を間違ってさえいなければ、ものの10分程度で炭が着火します。

 

しかし、まだ慌ててはいけません。

 

2~3個作った山のうち、どれか1つでも山全体に火がついてから、山を崩すように炭をコンロ全体に広げて下さい。

 

まだ着火していない炭と、もう既に着火している炭が上手く混ざり合う筈です。

 

そして、またひたすら5分ほどうちわで扇げば、コンロ全体の炭に火が着きます!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これでとても簡単に炭が着火する筈です!

 

準備の中でも一番時間がかかる炭の着火ですが、私はこの方法で、最短10分程度で着けた事があります。

 

慣れればとっても簡単なので、皆さんも是非お試し下さい!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!

庭でBBQする時に知っておきたい!簡単な蚊の撃退方法3選! 夏!熱い日差しと、こみ上げる熱気! 寒いと言うより、むしろ痛いくらいの冬を乗り越えて、やっと味わえるご褒美の季節!...
幼虫からの蚊対策で蚊を0にする!超便利な蚊の駆除方法はコレ! 虫。夏を境に増え始め、一年を通して我々の生活の邪魔をする生物。 見るだけで鳥肌が立ってくる虫も少なくはないと思いま...
蚊取り線香の効果や範囲を詳しく解説!蚊以外の虫にも効果的? もう季節は夏ですね! 夏と言えば楽しい事が盛り沢山!な、反面、皆さんが嫌いな、虫も多くなりますよね? ...
節約志向の方にオススメ!クーラーの電気代を安くする方法7選! 夏! 厳しい冬を乗り越えて、我々人類が手に出来る、唯一無二のパラダイス! 海や川で遊泳も良し、お庭で...