水泳で短距離を泳ぐ事はできるけど、長距離を泳ぐ事ができない・・・

 

と、お悩みの方も多いでしょう。

 

筆者も水泳で長距離が苦手な人間の一人でした。

 

遠い距離を泳ぐ人の意味が分かりませんでしたね~(笑)

 

ですが、あるコツを習得してから、長距離を泳ぐのがとても楽になりました!

 

今回は、そんな水泳で長距離を泳ぐ為のコツをご紹介!

 

遠泳が苦手な人は、是非とも最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

水泳で長距離を泳ぐためのコツ5選!

コツその1・力み過ぎない

 

水泳で長距離を泳ぐ為のコツその1は「力み過ぎない」です!

 

水泳で長距離を泳ぎたい時、最もやってはいけないのが「力む」という行為です。

 

水泳中の力んでしまうと、余計な力が入ってしまいます。

 

そうなってしまうと疲れやすくなってしまい、長距離を泳ぐ事が困難になります。

 

長距離を泳ぐには、力まずにリラックスして泳ぐ事が大事です。

 

力む気持ちも分かりますが、できるだけリラックスした状態で泳ぐようにしましょう。

 

コツその2・ストリームラインを意識する

 

水泳で長距離を泳ぐ為のコツその2は「ストリームラインを意識する」です!

 

ストリームラインとは、指先から足先まで真っ直ぐな状態の事を指します。

 

この姿勢を習得すると、水の抵抗を減らし少ない力で進む事が可能になります。

 

ストリームラインはどの泳ぎ方でもなる姿勢なので、絶対に習得しておきましょう。

 

ポイントとしては、

・指先は頭の上に伸して真っ直ぐに

・肺に空気を沢山いれ、胸を張った姿勢で

・腹筋、膝、おしりに軽く力を入れて足先も真っ直ぐにする

 

この3つのポイントを抑えておきましょう。

 

この3つのポイントを抑えておけば、綺麗なストリームラインを作る事ができますよ!

 

コツその3・息をしっかり吐く

 

水泳で長距離を泳ぐ為のコツその3は「息をしっかり吐く」です!

 

25m以降の水泳で苦しくなるのは、ブレスがしっかりできていない証拠です。

 

ブレス練習をしっかりしていれば、25m以降の水泳でも苦しくなる事はありません。

 

特に大事なのは「吐く」という行為です。意外とブレスを吐く事ができていない人が多い!

 

水泳では息継ぎの瞬間が限られています。時間もそんなにありません。

 

なので、水中でしっかり息を吐いておきましょう。

 

息継ぎの瞬間に行うのは息を吸う行為だけです。

 

これを意識すれば、だいぶブレスが楽にできますよ!

スポンサーリンク

コツその4・まずはクロールで泳いでみる

 

水泳で長距離を泳ぐ為のコツその4は「まずはクロールで泳いでみる」です!

 

水泳には様々な泳ぎ方がありますね。

 

平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ。と色々ありますが、一番簡単なのはクロールなんです。

 

なので、長距離の水泳が苦手な人は、まずは一番簡単なクロールから挑戦してみましょう。

 

クロールで長距離を泳ぐ事ができれば、後は他の泳ぎ方をマスターすれば良いだけ!

 

しっかりと水中で息を吐き、ストリームラインを意識すればクロールはとても簡単です。

 

まずはクロールで長距離を泳ぎ、苦手意識をなくして下さい!

 

コツその5・水に慣れる

 

水泳で長距離を泳ぐ為のコツその5は「水に慣れる」です!

 

当たり前のように感じるかも知れませんが、これは実に大事なコツなんです。

 

水に慣れておかないと、長距離を泳ぐ事なんて不可能に近いからです。

 

自分では水に慣れていると思っても、意外と慣れていないのが水。

 

水に慣れて、水に対する苦手意識もなくしていきましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

長距離を泳ぐのって、そんなに難しいコツは必要ありません。

 

今回紹介したコツをしっかり習得し、泳ぎ方を練習すれば誰でも泳ぐ事ができます!

 

後は挑戦あるのみ!頑張って下さいね!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

水泳のメリットとデメリット8つ!水泳にはこんな効果がある!

水泳で平泳ぎをする時に大事な息継ぎのコツ3選!平泳ぎが苦手な人必見

社会人にオススメの運動不足解消スポーツ8選!体を動かそう!

ランニングで体力をつける!効果的なトレーニング方法はコレ!

中々続かない人必見!辛い筋トレを続ける簡単なコツ6つ!

ランニングを効果的に!脂肪燃焼&持久力がつく走り方3選!

筋トレが精神に与える効果4つ!健全な精神は健全な肉体に宿る!

ダイエット効果倍増!ウォーキングのより効果的な歩き方4選!