仕事の昼休憩。皆さんはどの様に過ごしていますか?

 

ただただぼーっと?それとも仲間とお喋り?それも良いでしょう。

 

だけど、昼からの仕事をより効果的にしようと思ったら、実は昼寝が一番良いんです!

 

そこで今回は、そんな昼寝の効果を更に高める方法をご紹介!

 

これで午後からの仕事が、更にはかどる事間違いなし!

スポンサーリンク

昼寝は最高の休憩!

 

昼寝は実に効果的なんです!

 

昼寝をする事で、日中に溜まった疲労を回復する事が出来ます。更にストレス等も解消する事が出来ます。

 

ストレス解消と、疲労が回復する事で、集中力もより高める事ができるんです!

 

また、昼寝の一時間は夜の睡眠の三時間分に匹敵すると言われています。

 

夜に三時間も寝たら、結構疲労って回復しますよね?それを昼寝だと、たった一時間程度で同等の効果を得られるんです!

 

午後からの仕事により一層集中したければ、昼寝は最高の休憩なんです!

 

昼寝の効果を更に高める!

 

ただただ昼寝するだけでも、十分な効果は得られるでしょう。

 

だけど、方法によっては、より高い効果を得られる事が出来ます!

 

どうせ同じ時間昼寝するなら、より高い効果を得られる方が良いですよね?

 

そんな、より昼寝の効果を高める方法をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

1・昼寝の時間は長くても30分

 

まずは昼寝の時間です。

 

昼寝の時間は長くても30分程度にしましょう。それ以上長くなってしまうと、深い眠りに入ってしまいます。

 

そうなってくると寝起きがダルくなって、逆に集中力が落ちてしまいます。

 

ベストは15~20分程度。この位の時間だと、最もスッキリ目覚める事ができます。

 

2・昼寝の直前にカフェインを摂取

 

眠気覚まし等に使われる、カフェイン。コーヒーや緑茶等に多く含まれています。

 

そのカフェインを、昼寝の前に摂取しましょう!

関連記事

コーヒーってかなり凄い!コーヒーを飲む事で得られる健康効果6選

 

えっ?カフェインを取っちゃうと、眠れないんじゃないの?

 

そう思いの方も多い筈!

 

でも大丈夫!実はカフェインが体に効いてくるのは、摂取してから大体20~30分後!

 

先程、昼寝の時間は長くても30分にしましょうと言いましたよね?

 

昼寝を30分にしておけば、カフェインの効果で、よりスッキリと目覚める事が出来ます。

 

更に、脳も活性化されるんです!

 

寝起きの倦怠感が嫌な人は、カフェインを摂取してから昼寝をしましょう!

 

3・理想は午後二時頃に昼寝!

 

人間の睡眠リズム上、最も強い眠気が訪れるのが、午後二時頃なんです!

 

この時間に昼寝を行えたら、より高いリラックス効果を得られます。

 

勿論、他の時間でも高い効果は得られますが、もしも時間を調整出来るのであれば、午後二時頃の昼寝がオススメ!

 

カフェイン摂取と組み合わせれば、より一層スッキリと目覚める事が出来ます。

 

ただ注意して欲しいのが、午後二時以降に昼寝をしてしまうと、夜寝れない可能性が高くなります。夜眠れないと、次の日の仕事に影響します。

 

午後二時を過ぎてからの昼寝は極力控えましょう。

 

4・横になって寝ない

 

昼寝で最もやってはいけないのが、熟睡してしまう事です。熟睡してしまうと寝起きがダルくなり、集中力も落ちてしまいます。

 

横になって寝てしまうと、上の3つを守っていても、熟睡してしまう事があります。なので、横になって昼寝するのは、止めておきましょう。

 

理想は椅子に座ったまま突っ伏して寝る形です!この体勢で寝れば熟睡しにくくなります!

 

もちろん、この体勢でも、十分に昼寝の効果は得られます。

 

熟睡してしまうのが心配な人は、椅子に座ったまま机に突っ伏して昼寝しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

全て筆者も実践していた方法です!

 

時間を守って、カフェインを摂取し、正しく昼寝すれば、かなりスッキリ目覚めれます!

 

前の日にあまり寝てなくても、たった20分の昼寝でかなり眠気を解消できました!

 

大事なのは熟睡しない事です!

 

皆さんも是非試してみて下さいね!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

脳を鍛えて成長させる方法9選!脳は鍛えるのは難しい事じゃない!

寝る前の行動が何よりも大事!簡単に熟睡する為の方法5選!

睡眠中によだれが出てくる原因は口呼吸?今すぐ鼻呼吸に変えよう!

睡眠の質を向上させてくれるグッズ5選!質の高い睡眠を取ろう!

大事なのは時間よりも質!睡眠の質をグっと高める方法10選!