特徴

赤ちゃんに泣かれる人に共通する9つの特徴!泣かれない為の方法もご紹介

 

赤ちゃんに泣かれる人って居ますよね?

 

赤ちゃんを嫌いな人が泣かれるのは分かります。なんとなく理にかなっていますからね。

 

しかし、中には赤ちゃんが好きなのに、泣かれる人もいますよね?実は、そういう人にはある特徴があったんです!

 

そこで今回は赤ちゃんに泣かれる人に共通する特徴をご紹介!

 

今から紹介する特徴がある人は赤ちゃんに泣かれやすいと言えるでしょう。是非最後までご覧下さいね!

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに泣かれる人の特徴

特徴その1・顔が怖い

 

これは非常に大きいですね。赤ちゃんに泣かれる人は顔が怖いんです。

 

顔が怖いですから、赤ちゃんは恐怖を感じますよね?なので泣かれてしまうんです。

 

どれだけ内面が優しくても、外見が怖いと赤ちゃんは泣いてしまいます。悲しい性ですね。

 

特徴その2・赤ちゃんが苦手

 

赤ちゃんが苦手な人も赤ちゃんに泣かれやすい!

 

赤ちゃんが苦手だと、赤ちゃんの扱いに慣れていません。赤ちゃんは敏感ですからね。そういう所をスグに察知して、泣いてしまうんです。

 

苦手でも扱いに慣れていると、泣かれる事は減るでしょう。

 

特徴その3・言動が荒っぽい

 

言動が荒っぽい人も赤ちゃんに泣かれやすい人と言えるでしょう。

 

赤ちゃんは思っている以上に繊細な生き物。ちょっとした事で泣いてしまうんです。まあ、泣くのが仕事みたいなもんですからね(笑)

 

言動が荒っぽい人だと、それが恐怖となり、泣いてしまう訳なんです。

 

特徴その4・声が大きい

 

言動が荒っぽい人の中でも、特にこういう人は泣かれてしまいます。

 

声が大きいとビックリしますからね。我々大人でもビックリしてしまうと思います。

 

赤ちゃんはビックリしてしまうと、即「泣く」という行動に移りますからね。なので、声が大きい人は泣かれてしまうんです。

 

赤ちゃんの前では声のボリュームは小さめにしておきましょう。

 

特徴その5・赤ちゃんに慣れていない

 

先程も軽く言いましたが、赤ちゃんに慣れていない人は赤ちゃんに泣かれてしまいます。

 

赤ちゃんは敏感ですからね。繊細に扱わないといけません。そして、多くの人が繊細に扱ってくれます。

 

なので、扱いに慣れていない人が赤ちゃんと接すると赤ちゃんはビックリしてしまい、泣いてしまうんです。

 

赤ちゃんの扱いに慣れれば泣かれる事もなくなるでしょう。

 

特徴その6・抱っこが下手くそ

 

赤ちゃんと接する時は抱っこする事が殆どですよね?だからこそ、抱っこは大事なんです。

 

抱っこが下手な人は赤ちゃんに嫌われます。彼らにとって居心地が悪くなりますからね。そして、泣かれてしまうのです。

 

抱っこが上手いと居心地も良くなるので、抱っこが上手い人はそれだけで泣かれなくなりますよ。

 

特徴その7・犬に好かれない

 

何故か犬に好かれない。そういう人っていますよね?

 

実はそういう人は赤ちゃんにも泣かれる事が多いです。

 

何かオーラのような物を感じるのでしょうか?どちらにしても言える事は、あまり好意的なオーラを出していない人です。

 

我々大人でも、あまり近づきたくない人っていますよね?怖かったり、気持ち悪かったり。そういう人は赤ちゃんに泣かれてしまうんです。

 

赤ちゃんは敏感ですからね。

 

特徴その8・近づくなオーラが出ている

 

「近づくなオーラ」ってありますよね?もしかすると、アナタも出しているかも知れません。

 

このオーラが出ていると赤ちゃんに泣かれやすい!

 

赤ちゃんは、こういうオーラ等にも敏感ですからね。スグに泣いてしまいます。

 

無意識にオーラが出ている人いますので、注意しましょう。

 

特徴その9・顔が面長

 

赤ちゃんは自分と同じような物に好感を抱きます。

 

赤ちゃんの多くは丸顔ですよね?いきなり面長な赤ちゃんなんていないと思います。

 

赤ちゃんは丸顔なので、丸顔な人は無条件で好かれるんです。

 

特に女性はこの傾向が強いですね。丸顔だと優しい印象を与える事ができるのも理由の一つでしょう。

 

面長だと、丸顔に比べて顔の印象が怖くなりがちです。なので、赤ちゃんに泣かれてしまうんです。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに泣かれないようになるのは可能?

 

以上が赤ちゃんに泣かれてしまう人に共通する特徴になります。

 

赤ちゃんはとにかく敏感ですからね。このような特徴がある人はスグに泣かれてしまうでしょう。

 

では、赤ちゃんに泣かれないようになるのは可能なのでしょうか?

 

これには大きな声で「YES」と、お答えしておきましょう!

 

赤ちゃんに泣かれない人になる事は可能ですよ!そして、難しい事ではありません!

 

では、どうすれば泣かれなくなるのか?その具体的な方法をご紹介していきましょう。

 

赤ちゃんに泣かれない人になる方法

その1・赤ちゃんに慣れる

 

まずは赤ちゃんに慣れましょう。これは大前提です。

 

赤ちゃんに慣れないと、赤ちゃんはアナタの事を嫌がります。手付きや抱っこの仕方で慣れは分かりますからね。

 

慣れれば案外泣かれなくなりますよ!慣れないと緊張してしまいますしね。その緊張が赤ちゃんにも伝わってしまい、泣かれてしまうのかも知れません。

 

兎にも角にも赤ちゃんに慣れるのが一番大事。コチラから積極的に赤ちゃんと接して、赤ちゃんに慣れていきましょう!

 

その2・優しくなる

 

赤ちゃんに対してはもちろん、全ての人に対して優しくなって下さい。

 

赤ちゃんはとても敏感な生き物。アナタの人間性なんかも感じ取ってしまうんです。

 

そして、優しい心の持ち主じゃないと泣かれてしまいます。そんな人は怖いですからね。

 

赤ちゃんの前でだけ優しくしても、赤ちゃんは見抜いてしまいますよ!

 

どんな人にも優しくなって、赤ちゃんに泣かれない人格になりましょう!

 

その3・笑顔で接する

 

これが非常に大事!

 

赤ちゃんと接する時、どんな表情で接していますか?慣れていないと表情まで強張ってしまいます。

 

表情が固いと怖いですからね。なので、泣かれてしまう訳ですよ。

 

笑顔で接するようになるだけで、泣かれる確率も減りますよ!

 

赤ちゃんは大人の表情を読み取りますからね。赤ちゃんと接する時は常に笑顔を意識しましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんが好きなのに泣かれる人は、最後に紹介した方法を実践してみて下さい!

 

きっと赤ちゃんに泣かれない人になりますよ!

 

まずは慣れる事が一番大事!慣れれば泣かれる事も減るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コチラの記事もオススメ!