余興

結婚式で感動間違いなし!ハンドベルでの余興のやり方をご紹介!


 

新郎新婦も出席者も嬉しい結婚式。

 

出席するだけでも幸せな気分になれますよね?

 

結婚式は良い物です。

 

だけど、友人や上司の結婚式に招待してもらったのはいいが、余興を頼まれ困っている方も多いはず。

 

そんな方々へおすすめの余興をご紹介します。

 

(仲間複数人での余興と想定しています。)

 

スポンサーリンク

 

盛り上がりか?感動か?

画像参照元:http://u0u0.net/Ct79

 

まず余興の鉄板!なのはやはり「歌」

 

答えは簡単、楽だからです!

 

私も数々の結婚披露宴に参加してきましたが8割コレですw

 

自称エンターテイナーの私的には正直、然程盛り上がりもなく、新郎新婦への感動も与えられないと思いますので迷わずハズします!

 

(※大切な仲間のためにもう少し良い余興をやってあげたいと思う方は下へどうぞ。)

 

それでは余興を何にするか考える前に何のためにやるのかを考えてみてください。

 

◆会場を盛り上げるため?

◆新郎新婦を感動させ、喜んでもらうため?

 

盛り上げ派の方

画像参照元:http://u0u0.net/Ct7d

 

会場を盛り上げたい方におすすめしたい余興は、

「ビデオレター(からの)⇒歌やダンス」

 

コレは鉄板といえば鉄板なのですが、少し時間と手間がかかります。

 

ポイントは「ビデオレター」です!

 

歌やダンスの前に「ビデオレター」を流すだけでサプライズ感、非現実感、更に期待感が一気にでます。

 

「ビデオレター」の内容は簡単な仲間のインタビュー等で全然OK。

 

新郎新婦への思いやエピソードなんかを聞いていくあれですね。

 

更に招待していない方(同級生や同僚)や両親、学生時代の恩師なんかもあればヤバイですw

 

そして曲に関しては、いろいろな意味で「分かりやすい歌」です。

 

例えば、郷ひろみさんの「お嫁サンバ」

 

郷さんだけでも鉄板ですが、結婚式らしさと老若男女知っている(聞いたことある)この曲は鉄板です。

 

会場全体を巻き込んで盛り上がるの間違いなしです!

 

SMAPも良いですね。

 

「世界に一つだけの花」「ありがとう」なんかがオススメです。

 

結婚式らしさや歌の認知度的にもバッチリ。

 

更に仲間思いの方は、衣装や振り付け等、ひと手間掛けてあげれば新郎新婦の忘れられない思い出になるはずです。

 

感動派の方

画像参照元:http://u0u0.net/Ct7l

 

なんとしても新郎新婦に感動してもらいたい!

 

そんな方に絶対おすすめの余興は、

「ハンドベル」

 

今までたくさんの披露宴に参加し、多くの余興に触れてきましたが、「ハンドベル」ヤバイですw

 

サプライズ感はもちろん、雑談等でざわついていた会場内があのベルの音がなった瞬間に別空間へ。

 

新郎新婦はもちろん、来賓者全員が集中して聞きます!

(自分も聞き入っちゃいました。)

 

静かで暗い空間にスポットライトの僅かな光。

 

その中で響くあのやさしい音色。

 

本当に感動します。

 

更にハンドベルの良い所は演奏者が何人でも調整可能であり、

 

例えば新郎友人の余興の場合、新婦へのサプライズで新郎も一緒に演奏しちゃうなんてこともありです。

 

そして最も感動を与える要因として、みんなで力を合わせてる感と聞いてる側の想像力が膨れ上がるところです。

 

静かで繊細な空間の中、みんなで力を合わせて演奏する姿に感動し、失敗して音が外れても、

 

「大丈夫。頑張れ!」

 

という優しく熱い眼差しに見守られているのを感じるはずです。

 

なぜならこの本番に向かって、演奏者全員で時間を作り時間を合わせ、一生懸命練習してきた背景が想像できるからです。

 

実際、私は知人の披露宴でこの「ハンドベル」に感動してしまい、自分の結婚式で仲間と一緒にサプライズで演奏し、かなりの評判でしたw

 

スポンサーリンク

 

ハンドベルに挑戦!

画像参照元:http://u0u0.net/Ct7A

 

そこまで言うなら、余興でハンドベルやってみようと思った方は読んでくださいw

 

ハンドベルと楽譜探しから行います。

 

ハンドベルを調達する方法は3つです。

 

知人や学校(音楽教室含む)等で借りる

画像参照元:http://u0u0.net/Ct7I

 

知り合いにハンドベルを持っている方がいれば迷わず借りる。

 

学校の先生や音楽の先生のツテがあれば、頼んでみる価値あり。

 

2.購入する

 

amazonで購入します。

 

種類は8音、20音、23音、27音があり、音階が増えるごとに値段も上がります。

 

大体3000円〜20000円位です。

 

種類の選び方は演奏する人数や演奏曲にもよるので仲間で相談ですねw

 

次回以降の余興でも使い回しができ、今後予算を抑え、ハンドベルを使い続ける方むけ。しかし、保管リスクあり。

(セットだと結構大きいので場所をとる)

 

 

3.レンタルする

 

ちなみに自分はレンタルしました。

 

インターネットで「ハンドベル レンタル」で検索するとハンドベル専門店がたくさん出てきますw

 

レンタルの利点は、保管しなくて良いところと大体のショップは楽譜付きなところです。

 

値段はレンタル日数によっても違いますが、2週間〜4週間大体5000円〜10000円です。

 

楽譜はハンドベルようになっており、ベルの色分け、シール付け(ド・レ・ミ等)してくれているので初心者でも分かりやすい。

 

もし、身近に音楽の先生や知識のある人が楽譜を購入し、編集してもらうもあり。

 

しかし、相当な手間だと思いますw

 

曲に関してですが、おすすめはズバリこれ!

 

安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE」です。

 

ベタベタやんけ!

と思われた方も大丈夫ですw

 

誰もが知ってるメロディで結婚式にバッチリ!

 

かつ演奏側も演奏しやすい曲調。

鉄板です!

 

特にハンドベル初心者は、迷わずコレですw

 

材料は以上なので、あとは練習です!

 

楽譜では曲も短くハンドベル用に調整してあるので、それぞれ担当パート(音)を決め、自宅で練習し、本番までに数回演奏者全員で集まり、通し練習を行いましょう。

 

実際、皆さんが思っている以上に簡単に出来ます。やれちゃいます。

 

完璧には難しいかもしれませんが、形には出来ると思います。

(素人の私達もできたのでw)

まとめ

 

いくら仲間の結婚式とはいえ、正直、時間や手間はあまりかけられない方がほとんどだと思います。

 

実際、私もそうですw

 

でも、少しでもコイツのために祝ってあげたい。

 

一生の思い出作ってあげたい。

 

とりあえずの余興ではなく、何かやってあげたい。

 

そんな気持ちがある方は騙されたと思ってやってみてください。

 

ただの余興ではなく、大切な人へ最高の贈り物を。

 

スポンサーリンク

 

その他オススメ記事はこちら