美肌

5つの原因を根本から改善!大人ニキビを再発させない唯一の方法!

 

ニキビといえば思春期の頃から悩みの種ですよね。

 

しかし、思春期の頃に出来ていたニキビと、大人になってからできたニキビとはちょっと症状が違うと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

「あごや口の周り、フェイスラインなどのUゾーンにできやすくなった」

「同じところに繰り返しできる」

「一度できると、治りが遅い」

「生理前になるとできやすくなった」

「跡に残りやすくなった」

 

これらの症状に当てはまるのであれば、それは「大人ニキビ」です。

 

思春期ニキビと症状が違うのは原因が違うから。

 

原因をしっかり理解すれば、大人ニキビの解消にもつながります。

 

そこで今回は大人ニキビができる原因をご紹介!

 

しっかり対策をして、大人ニキビを撃退しましょう!

 

スポンサーリンク

 

ニキビの種類

 

白ニキビは最初の段階でコメドと呼ばれることもあります。

 

角栓や汚れなどで毛穴がふさがれてしまい、毛穴の中に汚れが溜まっている状態です。

 

白ニキビから皮脂分泌がどんどん進み、毛穴の内側に菌が充満することによって、皮脂が酸化し黒く目立ったものが黒ニキビです。

 

ニキビが炎症を起こして腫れを伴っている状態が赤ニキビ

 

この段階から放置すると跡になる可能性が出てきます。

 

赤ニキビの状態からさらに悪化したものが黄ニキビです。

 

黄色く膿を持つ状態まで発展すると痛みも伴ってきます。

 

あごニキビは大人ニキビの典型ですね。

 

男性ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスの乱れによってニキビが発生することが多い箇所でもあります。

 

鼻は毛穴が多く、皮脂の分泌量が最も多い部分。

 

生理の時にできる人はホルモンバランスの影響で、皮脂の分泌が増加するのが理由です。

 

おでこは目立つ場所なので前髪で隠しがちですが、ニキビに刺激を与えるのは悪影響になります。

 

正しいニキビケアで治しましょう。

 

背中ニキビは気づかないうちに進行し、水着を着た際に他人に言われて気づくケースもあります。

 

胸ニキビはストレスや睡眠不足などで肌の免疫力が低下したときや、不潔な下着や衣類から刺激を受けることもあります。

 

口の周りにできるニキビは食生活の乱れによって内臓機能の低下がおこり、ビタミン不足に陥っているときにおこります。

 

ビタミンを補給することが克服への近道です。

 

フェイスライン(Uゾーン)にできるニキビも大人ニキビの典型例。

 

ホルモンバランスの乱れが原因の可能性があります。

 

おしりにできるニキビの主な理由は過剰な皮脂分泌です。

 

体重を支える箇所なので肌への刺激が強く角質化してしまいます。

 

ニキビの原因

 

大人ニキビと思春期にできるニキビはできる原因が異なります。

 

原因が異なるので対処法も当然異なってきます。

 

間違ったケアを続けていくとニキビの治りが遅くなり、ニキビ跡ができる原因になってしましますよ。

 

しっかりと大人ニキビの原因を理解し、正しい対処法を理解しましょうね!

 

原因その1:ストレス

 

強いストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、「副腎皮質ホルモン」というストレスに対処するホルモンが分泌されます。

 

それ伴い、男性ホルモンが分泌されるんです。

 

男性ホルモンは皮脂量を増加させる働きがあり、その結果ニキビや毛穴つまりを起こしやすくなります。

 

ニキビをシャットアウトするための第一歩はストレスを受けない生活習慣を心がけることですね。

 

原因その2:睡眠不足

 

睡眠リズムの乱れはお肌のトラブルを招きます。

 

「大人ニキビ」「睡眠」は密接な関係性があるのです。

 

では、睡眠不足だからといって睡眠時間を多くすればよいと思う人もいるかと思いますが、単純にそういうわけでもありません。

 

大事なのは睡眠の質なのです。

 

睡眠時間が短くても質が高ければ大丈夫。

 

逆に質が低い睡眠を続けてしまうと、大人ニキビの原因になってしまいます。

 

原因その3:過剰な喫煙

 

タバコが人体に有害であることは言うまでもないことです。

 

タバコは美肌の天敵と言われており、ニキビを悪化させる原因となっています。

 

タバコを吸わない方も、「副流煙」と言われるタバコから発生する煙を吸わないように注意することが必要です。

 

原因その4:乾燥肌

 

大人ニキビの原因は皮脂だけではなく、

「乾燥肌」も原因となる場合があります。

 

乾燥肌になると肌バリア機能が低下してしまい、外的刺激によりニキビが発生してしまうのです。

 

大人ニキビを予防する為には、常に肌に潤いを与える事が大事になってきます。

 

原因その5:「メイク落とし」と「洗顔法」

 

洗顔時、メイクをしっかり落とし切れていない場合、残ったメイク汚れが原因となって大人ニキビを引き起こす場合があります。

 

反対に、あまりゴシゴシ洗顔をし過ぎてしまうと肌の保湿成分までも洗い流していまい、乾燥肌となってしまいます。

 

乾燥肌になると、これも大人ニキビを引き起こす原因となります。

 

スポンサーリンク

 

大人ニキビへの対策

ストレスへの対策方法その1:運動をする・体を動かす

 

運動をしたり、体を動かしたりすることで、意識が活発的になりストレスホルモンの分泌を抑える効果があります。

 

また、新陳代謝があがり適切に身体の細胞が生まれ変わりますからね。

 

運動のメリットとして以下の効果があります。

 

「肌にハリ、ツヤがでる」

「便秘の改善」

「ダイエット効果」

「免疫力を高める」

「新陳代謝があがる」

 

運動を行うことによって、体内環境が良くなるんです

 

そして、大人ニキビの改善にもつながります。

 

代謝があがることによって老廃物を汗や便から排出し、新しい細胞が生まれます。

 

このサイクルをターンオーバーと言います。

 

ターンオーバーが正常になることは美肌を保つ秘訣になりますよ。

 

ストレスへの対策方法その2:笑う

 

『笑う』という事は医学的にストレスを軽減させる効果があると認められています。

 

リラックス効果があり、細胞が活性化され免疫力も上昇。

 

自律神経のバランスも整い、日常生活のイライラも軽減されます。

 

あまりうまく笑えないという方は表情筋と呼ばれる顔の筋肉が固まっているからです。

 

表情筋を日頃からよく動かすことを意識して日常生活を過ごしましょう。

 

大きな口で『あ・い・う・え・お』と顔全体の筋肉を使ってみるのもオススメです。

 

ストレスへの対策方法その3:アロマをたく

 

香りは人間の脳の感情に関与する部分に働きかけリラックス効果をもたらしてくれます。

 

やる気がでない・イライラする・便秘・冷え性・不眠など、様々なストレスを軽減してくれ、肌にも良い効果をもたらします。

 

様々な事に効果が期待できるので、是非ともアロマを焚いてリラックスしてみましょう!

 

特にオススメのアロマはこの3つです。

 

ジャスミン・バニラ

リラックス効果が高く、女性ホルモンのバランスを整え生理トラブルにも効果があります。

 

ベルガモット・レモングラス

リフレッシュ効果アリ。

高ぶった神経を緩和させ、心を穏やかにしてくれます。

 

ローズ

バラに含まれる成分が女性を美しくしてくれる秘密の成分で、イライラや興奮といった神経系の活動を抑制することで高いリラックス効果が期待できます。

 

ストレスへの対策方法その4:呼吸法を変える

 

呼吸には「胸式呼吸」「腹式呼吸」があります。

 

実は呼吸法を少し意識するだけで、ストレスの軽減に効果があるんです。

 

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

アナタのお好みで選んでみましょう!

 

胸式呼吸がもたらす効果

 

胸式呼吸を行う事で覚醒/活動を司る神経を刺激し、身体や頭がスッキリとします。

 

そのため、ラジオ体操やピラティスは胸式呼吸で行われています。

 

また、胸式呼吸は肋骨を広げますので、背筋が伸び、姿勢が良くなります。

 

女性の方はバストアップの効果も期待できますよ。

 

胸式呼吸の行い方

 

胸を意識し大きくし、胸郭を拡げるように鼻から息を吸います。

 

お腹に少し力をいれて引っ込めるイメージでお腹が膨らまないようにしましょう。

 

息を吐く時には、お腹を引き締め胸から吐いていくイメージで行って下さい。

 

腹式呼吸がもたらす効果

 

腹式呼吸を行う事で拍数がおちつき、血管が拡がってくれ、血行が促進されます。

 

血行促進はリンパの流れを流し老廃物を排出してくれますよ。

 

また、体内の内臓脂肪を燃やしてくれる為、皮脂のつまり、毛穴の開きの改善にもつながります。

 

皮膚呼吸が活発になり皮膚の再生機能がスムーズに行われる為お肌を綺麗に再生してくれるでしょう。

 

腹式呼吸の行い方

 

体内の空気を全て出すつもりで時間をかけ、ゆっくり口から息を吐いていきます。

 

全て空気を出したあとに鼻から深く息を吸い込み、一気にお腹まで吸い込んでいきます。

 

下腹が膨らむように意識して息を吸って下さい。

 

そして、口から再度息を吐いていきます。

 

この時には吸った息よりも吐く息をゆっくりと長く吐いて下さい。

 

朝起きたら「胸式呼吸」をしてスッキリ目覚め、寝る前には「腹式呼吸」をしてリラックスすることでできますね。

 

呼吸を意識するだけで毎日のストレスが少しずつ改善されていくでしょう。

 

睡眠不足への対策方法

 

眠りはじめの3時間にだけ分泌されるのが「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモンは子供の成長にかかせないものだという印象ですが、実は大人にとっても非常に大切なホルモンです。

 

細胞の再生、免疫力の向上を促進してくれます。

 

肌にとっては、最も重要なターンオーバーを促進してくれる効果があるのです。

 

成長ホルモンは眠りはじめ3時間に集中的に分泌されるため、この3時間に質の良い睡眠をとれているかがカギになります。

 

仕事や家事が忙しくて長時間の睡眠をとることができない人もいるでしょう。

 

しかし、落ち込む必要はありません。

 

実は、質の悪い長時間睡眠よりも質の良い短時間睡眠のほうが重要です。

 

質の良い睡眠時間とは深い睡眠をとることです。

 

この「深い睡眠」のことを「ノンレム睡眠」といいます。

 

ノンレム睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進してくれるだけでなく、脳の疲労回復には欠かせません。

 

この睡眠が充分に取れないと、いくら長時間睡眠したとしても、明け方、「身体がだるい」といった倦怠感につながることになってしまいます。

 

この「ノンレム睡眠」を作り出すためには、

 

「生活リズムを整えること」

「寝る前にスマホやパソコンは見ない」

「適切な食生活をし、特にタンパク質を摂る」

 

ということが肝心です。

 

喫煙は大人ニキビの敵

 

喫煙すると血管が縮まり、血液の流れが悪くなります。

 

そうなると、栄養が肌にまで届きにくくなるのです。

 

喫煙により身体の中に一酸化炭素を取り込み、本来酸素を運ぶべき血液中のヘモグロビンが一酸化炭素と結合してしまうことで細胞が酸欠状態になります。

 

また、タバコに含まれる有害物質を攻撃しようと活性酸素が発生。

 

活性酸素が活発に活動しすぎると肌の細胞を傷つけてしまいます。

 

さらに活性酸素を取り除くため、お肌に必要不可欠なビタミンC、Eが大量に消費されてしまうので、肌を守る細胞の機能が低下してしまうんです。

 

タバコを吸うことによって、肌にダメージを与える最悪の循環が出来上がるのです。

 

肌を綺麗に保ちたいのであれば、タバコは止めましょう。

 

乾燥肌への対策

 

乾燥を改善するのに大切な事は以下の2つです。

 

「食生活を見直して体内から改善」

「乾燥肌の正しいスキンケアを行う」

 

体内では潤い膜を整え保持するために、必要な栄養をとり吸収する事が大切です。

 

食生活など体内に摂取する物を見直しましょう。

 

腸内環境に良い物を摂取すると潤い膜は再生されます。

 

腸内環境を整えて乾燥改善になる食べ物を摂って下さい。

 

乾燥肌を撃退する一番の近道はスキンケアで潤いをプラスするということ。

 

内側から潤い膜が作られない場合外側から保湿をし、潤い膜を作れば良いのです。

 

日常的に正しいスキンケアをしていく事により潤い膜が厚い膜になり、外敵から刺激を守ってくれます。

 

丈夫な潤い膜になればなるほど、大人ニキビ、黒ずみなどは改善されます。

 

乾燥肌は角質層の水分量が40%以下になっていて、保湿機能がうまく働いていない状態です。

 

とにかく肌に潤いを与えましょう。

 

そこで乾燥肌の方が大人ニキビをふせぐために選ぶべきケア商品のポイントは

 

「保湿重視」

「浸透力の高いもの」

 

の2つです。

 

塗った後のべたつきがなく、もっちり肌を手に入れる事ができるものを選びましょう。

 

正しい洗顔方法

 

洗顔料を顔にのせる部位の順番は非常に大切です。

 

時間差がある事で皮脂の多い部位は良く汚れが落ち、皮膚の薄い部位は与える刺激が最少におさえる事ができます。

 

洗顔の部位で理想的な順番は「鼻⇒顎⇒頬⇒目元⇒口元」です。

 

洗顔料は適度に泡立て、泡のクッションで洗うようにしましょう。

 

洗顔料は肌に直接刺激がないようにするために指ではなく、泡だけで洗えると肌への負担は少なくなります。

 

泡の量はタマゴ1つ分ほどで十分です。

 

洗顔料は肌にのると汚れを浮き上がらせてくれます。

 

なので、必要以上にこする必要はありません。

 

なじませて卵をころがすように洗顔していきましょう。

 

洗う順番はまず一番皮脂の多いTゾーンから洗いましょう。

 

特に鼻です。

 

鼻のきわや、鼻の穴のあいだの先端部分は洗い残しも多いので、しっかり泡をつけましょう。

 

手に力を入れず、泡だけをクルクルころがすように優しく洗って下さい。

 

Tゾーンの油分の残りなどが気になる場合はその部分だけなら二度洗いをすると良いでしょう。

 

次に泡をのせるのは黒ずみが多くなる顎です。

 

顎と首の境目も忘れてしまいがちなので、泡をしっかりつけてあげましょう。

 

次に頬にのせ、口元、目元以外の顔を泡でクルクルと優しくマッサージするような感覚でなでましょう。

 

この時、泡をつぶして手に力を入れすぎないように注意が必要です。

 

最後に目元、口元に軽く泡をのせて下さい。

 

口元や目元は皮膚が薄く敏感なので、泡をかるくなじませる程度にしましょう。

 

泡をクルクルまわす必要も特にありません。

 

アイメイクや口紅などは残りやすいので洗顔前に必ずクレンジングをして全て化粧をおとした状態で洗顔をしましょう。

 

泡をまんべんなく顔にのせたら最後にすすぎです。

 

ここでのポイントは

「洗い残しの泡がないように、しっかりすすぐこと」です。

 

実は洗顔料のすすぎ残しは大人ニキビの大きな原因とされています。

 

とくにアゴ・髪の生え際・フェイスラインは洗顔料が残りがちです。

 

すすぎの回数は30回が理想といわれています。

 

洗顔料は見た目以上に洗い残しがあります。

 

表面の泡だけを落としても、毛穴の汚れがまだ落ちていない事があります。

 

30回ゴシゴシ洗うのではなく、手にたっぷり水をのせて、顔にひたして洗い流してください。

 

洗い流した後は清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

 

ポイントは

「ゴシゴシせずに、優しくあてる感じでふき取ること」です。

 

タオルは予想以上に刺激になります。

 

こすれるだけでも肌質によっては赤みがでてしまうので、顔の上から優しくおさえこみ水分をタオルに吸収させると良いでしょう。

 

これが基本の洗顔方法で最高の洗顔方法です。

 

毎日の洗顔を意識して行いましょう。

まとめ

 

参考になりましたでしょうか?

 

しっかりとお肌を意識した生活と洗顔方法をしていけば、きっと大人ニキビを撃退できるでしょう!

 

正しい対策をして、美肌を手に入れてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!