衝撃的なニュースがまいこんできました。

 

あのイギリスが、

EUを離脱するか否かの国民投票で、

離脱派が残留派を上回ったと言うのです。

 

もの凄いニュースです。

 

今後、確実に教科書に載るであろう、

歴史的な出来事。

 

では、何故、

この様な事が起きたのでしょうか?

 

そして、日本にはどの様な

影響が出てくるのでしょうか?

 

気になる情勢をまとめてみました!

スポンサーリンク

EUってそもそも何?

20151011103208

画像参照元:http://ur0.pw/uLjQ

 

EU=European Union

 

日本語に訳すと、

欧州連合という意味です。

 

その名の通り、

ヨーロッパ圏内の、

国々の連合なのです。

 

EUとは、

どのような連合なのかと言うと、

チームの様なものです。

 

普通、国というのは、

それぞれが独立して活動しています。

 

それを、EUというチームに属する事によって、

助け合って、活動していこう。

 

という連合です。

 

このEUに属する事で、

様々な特権が生まれます。

 

EUに加盟している国同士の、

移住がとても簡単に行えたり、

 

普通はかなりかかる関税が、

かなり軽減されたりと。

 

国としてはそれぞれ独立していますが、

大きな一つのチームに属する事で、

経済を活性化させて、

ヨーロッパ圏内の結束力を高めているのです。

 

第二次世界大戦後、

今後ヨーロッパ圏内で争いが起こらない様に、

この様な連合が生まれました。

 

事実、EUはかなりの効力を発揮し、

連合としては、成功している部類に属されていました。

 

では何故、イギリスはEUからの離脱を選択したのでしょうか?

 

何故イギリスはEU離脱を選択したのか?

20151011103208

画像参照元:http://ur0.pw/uLjU

 

これには様々な理由がありますが、

一番の大きな問題は

やはり移民問題でしょう。

 

先程も言いましたが、

EUに加盟している国は、

国々での移住がとても簡単に行えます。

 

それによって、

かなりの移民がイギリスに流れてきたのです。

 

移民がイギリスに流れてくる事によって、

雇用が奪われます。

 

移民は非常に安いお金で、

雇う事が出来ますので。

 

雇用が奪われ、

労働者の方や、

仕事に困っている高齢者の方の、

怒りが爆発したのです。

 

もちろん、移民が流れているのは

イギリスだけではありません。

 

他の国にも移民は流れていますが、

イギリスはもう辛抱がたまらなくなったのでしょう。

 

また、移民問題の他にも、

問題はありました。

 

イギリス国民は、

高齢者を中心に、

EUという連合に対して、

かなりの懸念を持っていたようです。

 

大英帝国の名残

20160224225954

画像参照元:http://ur0.pw/uLk4

 

イギリスは昔、

大英帝国として、

その名を馳せていました。

 

EUという連合の中でも、

自分たちが一番という自負があったのでしょう。

 

そして、EUなんかに属さなくても、

国としてやっていける。

という自信もありました。

 

そういう自負や自信があるのに、

実際にEUの舵を切っているのは、

イギリスではなく、

EUの幹部達でした。

 

自分たちは一人でやっていけるのに、

何故他の国に、イギリスの、EUの

今後を決められないといけないのか?

 

という考えが、

高齢者を中心に、

非常に根強く残っていたんです。

 

そこに、移民問題が重なって、

今回の様な結果になってしまったのです。

 

でも、実は国民投票をするまでは、

国民の多くは、イギリスはEUに残留するだろう

と、思っていました。

 

しかし、蓋を開けてみると、

かなりの僅差ではありますが、

離脱派が勝利したのです。

スポンサーリンク

イギリス国民もビックリのEU離脱

20160224225954

画像参照元:http://ur0.pw/uLkc

 

元々、イギリスがEUを離脱するかどうか?

というのは、国内でかなり議論されていました。

 

しかし、国民の大多数は、

残留するだろうと思っていました。

 

事実、国民の声は、

残留派の方が多かったのです。

 

それを見越した、EU残留派の

キャメロン元首相は、

EU離脱に関する国民投票を決行したのです。

 

キャメロン元首相にしてみれば、

かなりの確立で残留すると思っていたでしょう。

 

そして、この国民投票で残留派が勝利する事で、

自身の立場を有利にしたかったのです。

 

しかし、結果は離脱派の勝利。

 

キャメロン元首相は、

首相を退任する事となりました。

 

まさか離脱派が勝利するとは、

国民も思ってもいませんでした。

 

皆が思っていたよりも、

労働階級者と、高齢者の怒りは、

我慢出来ない所まできていたのでしょう。

関連記事

イギリスがEUを脱退した事で生じるメリットとデメリットとは?

 

では、今回、イギリスがEUを離脱する事で、

今後EUはどうなっていくのでしょうか?

 

EUは破綻寸前?

EU財務相、銀行の破綻処理費用の負担めぐる新ルールで合意

画像参照元:http://ur0.pw/uLkf

 

イギリスがEUを離脱する事で、

EUは風前の灯状態です。

 

ギリシャ崩壊の件から、

EUの通貨である、

ユーロもかなり危なく。

 

移民問題が大きな問題になっていました。

 

そこに来て、

イギリスがEUを離脱すれば、

他国がEU離脱を望む可能性があります。

 

事実、多くの国々が、

EU離脱の可否を決める、

国民投票を望む声を上げています。

 

しかし、EUを離脱する事で生じる、

深刻なまでの景気悪化は

避ける事ができません。

 

今、ヨーロッパ圏内では、

EU離脱に関する話題が

非常に関心を集めています。

 

では、今回の一件で、

日本にはどのような影響が出るのでしょうか?

 

イギリスがEUを離脱した事で日本に影響は?

20160224225954

画像参照元:http://ur0.pw/uLkj

 

日本への大きな影響は2つあります。

 

まず一つは、

イギリス産の物品が、

高くなってしまう。

という事です。

 

主にウイスキー等がそうなんですが、

経済が悪化して、

商品が流通しなくなる可能性があります。

 

 

流通が滞る事で、

値段が上がってしまうのです。

 

 

更にイギリスがEUを離脱する事で、

EUの通貨であるユーロの信用が

低くなる可能性があります。

 

そうなってくると、

元々信頼の高い円が、

更に重宝され、

かなりの円高になる事が予想されます。

 

更に、市場も株を売る動きになるので、

株安になるでしょう。

 

つまり、円高株安の状態です。

 

この状態、はっきり言ってしまえば、

不景気の状態なんです。

 

2008年にリーマンショックがあり、

世界に不景気が訪れましたが、

まさにその時の様な感じです。

 

アベノミクスで上向きかけていた景気も、

全てが水の泡になるかも知れません。

 

イギリスのEU離脱は、

日本にとって、

かなりのバッドニュースになりうるのです。

 

しかし、経済は生き物と一緒。

 

どう動くかは誰にも分かりません。

 

今後、アベノミクスを超える、

更なる一手を、

安倍さんに期待しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 

本当に衝撃的ですね。

 

誰もが予想しない展開になってきました。

 

今後の世界情勢から

目が離せません。

この記事もオススメ!

イギリスがEUを脱退した事で生じるメリットとデメリットとは?

天皇陛下が生前退位を表明!元号はどうなる?気になる詳細まとめ

芸能界を引退した高知東生が覚せい剤で逮捕!気になる経歴まとめ

優香の結婚相手は「青木崇高」!気になる経歴等をまとめてみた!

夏のドライブを盛り上げる!洋楽の鉄板オススメ人気曲30選

節約志向の方にオススメ!クーラーの電気代を安くする方法7選!

高速道路でご用心!覆面パトカーの簡単な見分け方まとめ

2016年人気爆発!今注目の女性洋楽アーティストランキング!