国内

天皇陛下が生前退位を表明!元号はどうなる?気になる詳細まとめ

 

衝撃的なニュースが舞い込んできました!

 

天皇陛下が生前退位をなされると言うのです!

 

天皇陛下が退位するって、

それは崩御以外ありえない。

 

そんな常識が破れ去りました!

 

これはかなり歴史的な出来事に違いない!

 

皆が気になる詳細をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

天皇陛下が生前退位を表明!

20160224225954

画像参照元:http://qq2q.biz/x83A

 

気になって色々と調べてみました。

 

元号は変わるのか?

今後どうなるのか?

 

そしてそもそも、

生前退位って何なのか?

 

皆さんも聞き慣れない言葉だと思います。

「生前退位」

 

実はこの生前退位、

昔は当たり前に行われていたんです!

 

生前退位って?

20160224225954

画像参照元:http://qq2q.biz/x83H

 

生前退位。

 

単語の並びから、

何となくその意味は伝わると思います。

 

文字通り生前に皇位を退位される。

という意味です。

 

実はこの生前退位、

明治以前は当たり前の様に行われていました。

 

昭和天皇まで124代続く天皇家。

 

意外な事に天皇の約半数が生前に皇位を譲っているんです。

 

それくらい、

当たり前の様に行われてきたものなんです。

 

しかし、明治の幕開けと共に制定された、

旧皇室典範が大きく歴史を揺るがします。

 

皇室典範というのは、

皇室におけるルールを示したもの。

 

まあ、法律みたいなものです。

 

その旧皇室典範において、

「退位禁止」が明記されたのです。

 

これによって、

生前退位が出来なくなってしまいました。

 

現在では退位禁止の記載は無くなりましたが、

その考えは根強く残っています。

 

退位禁止が明記される前から遡っても、

現在まで約200年間、

生前退位が行われる事はありませんでした。

 

現在の皇室典範では可能?

20160224225954

画像参照元:http://qq2q.biz/x83K

 

と、なってくると気になってくるのが、

現在の皇室典範において、

生前退位は可能なのか?という点です。

 

かなり曖昧なところらしいんですが、

今の皇室典範的には生前退位は可能だそうです。

 

考えとしては残っていますが、

明記はされていないようなので・・・

 

退位を行うのは数年以内との意向です。

 

皇室典範見直しを含めて、

ゆっくりとその準備に入るのでしょう。

 

退位をした際、

現皇太子様が天皇に成られます。

 

そして、平成天皇が退位して、

新しい天皇になると言う事は・・・

 

やっぱり一番気になるのはアレですよね?

 

スポンサーリンク

 

元号はどうなる?

20160224225954

画像参照元:http://qq2q.biz/x83Q

 

やっぱり気になるのはココですよね。

 

元号が変わるのか?

 

我々の生活に最も深く関わる事です。

 

結論から言いましょう。

「元号は変わります!」

 

元号というのは、

皇位が継承された時に変わっていくものです。

 

今回の生前退位は、

皇位を生きている内に継承するという事。

 

つまり、元号は変わります。

 

もしかすると、

元号が変わらない法律や皇室典範になる可能性はありますが、その可能性は限りなく0に近いでしょう。

 

数年以内に元号が変わる事は、

ほぼ間違いないと思ってもらって構いません。

 

何の為に生前退位するのか?

d

画像参照元:http://qq2q.biz/x83X

 

では、天皇陛下は何の為に生前退位なさるのか?

 

様々な理由が挙げられますが、

一番の要因としては、

ご自身の健康状態の悪化でしょう。

 

最近は、体調を崩したり、

病気を患ったりと言った報道が相次いでいました。

 

肉体的にも、

精神的にも辛い日々。

 

年齢も82歳という事もあり、

皇室の激務をこなすには少しお疲れになってきたのでしょう。

 

可能であれば退位していただいて、

ゆっくりと休養していただきたいです。

 

また、スムーズに仕事の受け継ぎも出来るので、

皇太子様にとっても良い事だと思います。

 

皇太子様も天皇陛下の生前退位には、

全面合意の意向を表明しております。

 

現皇太子様には、

平成の世を超える位素晴らしい天皇になっていただきたいですね!

まとめ

 

もうお歳ですし、

ご公務も多忙なのでしょう。

 

ここらでゆっくりと休んでいただき、

次なる世の行く末を、

しっかりと見届けていただきたいですね。

 

これまで本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!