人類の歴史は交渉の歴史と言っても過言ではないかも知れません。

 

交渉の成否によって、常に歴史は動いてきました。

 

大きな交渉事はモチロンですが、小さな交渉事も日常では沢山あります。

 

我々も日々沢山の交渉を行っていますよね?

 

それが成功する事もあれば、失敗してしまう事もあるでしょう。

 

しかし、失敗してしまうのは、交渉を成功させる方法を知らないからなんです!

 

方法さえ知っておけば、交渉を成功させる確率はグッと上がります!

 

そこで今回は、交渉を成功させる為の方法をご紹介!

 

身近な交渉でも使えるので、是非知っておいて下さい!

スポンサーリンク

交渉を成功させる方法は難しい?

 

人生を多く歩んでいると、交渉を行う事は多くあるでしょう。

 

すると、分かると思いますが、交渉を成功させるのは非常に難しいですよね?

 

そうなってくると、交渉を成功させる方法も難しく感じると思います。

 

ですが、全然そんな事はありません。

 

交渉を成功させる方法は、実に簡単な事なんです。

 

その方法はたったの5つで、どれも簡単に行える方法ばかり!

 

今日からでも使えるので、是非覚えておいて下さい!

 

それでは、早速ご紹介していきましょう!

 

交渉を望む結果にする為の方法5選!

方法その1・下準備をしっかり行う

 

まず、交渉を行う前にしっかりと下準備をしておきましょう。

 

交渉において大事なのは情報と知識です。

 

この2つのどちらかが欠けてしまうと、相手のペースになってしまいます。

 

相手のペースになってしまうと、交渉を有利に進めるのは難しくなってしまいますね~。

 

相手のペースに乗せない為にも、しっかりと下準備を行う事は大事です。

 

どんな場面でもしっかり対処できるように、知識と情報を身につけておきましょう。

 

方法その2・交渉の練習をしておく

 

交渉の下準備が終わったら、次は交渉の練習をしてみましょう。

 

練習とバカにしてしまうかも知れませんが、交渉において練習は凄く大事です。

 

相手がどういう条件を提示してきたら、コチラはどう切り返すか?

 

そういうシミュレーションをやっておくのとおかないのとでは、咄嗟の判断力が雲泥の差です。

 

大事な交渉の時もそうですが、何気ない交渉の時でも練習は欠かさず行いましょう。

 

練習する事によって交渉力が上がっていき、最終的に練習せずともアドリブがきくようになります。

 

誰かに練習を協力してもらって、実際に意見を聞くのもアリですね!

 

方法その3・常に客観的な視点を持つ

 

いよいよ交渉が始まったら、自分本意な考え方になってはいけません。

 

交渉では冷静さを失った方が不利になってしまいます。

 

冷静さを失わず、客観的な視点を持ちましょう。

 

客観的な視点を持つ事で、今からどうすれば良いのかが見えてくる事が多いです。

 

また、相手が意図している事も分かりやすくなります。

 

ついカッとなりそうな場面でも、落ち着いて客観的に物事を観察しましょう。

 

その冷静さが交渉を有利に進めてくれるのです。

スポンサーリンク

方法その4・スグさま行動に移さない

 

交渉が始まった時、スグさま行動に移すのはやめておきましょう。

 

例えば、「コレを言いたい!」と思っても、スグに言うのは止めて下さい。

 

何か言いたくなったら、それを言う前に言ってからの事をシュミレーションしてみましょう。

 

例え練習でシュミレーションしていたとしても、もう一回シュミレーションして下さい。

 

練習と本番では微妙に空気が違いますからね。シュミレーションは大事です。

 

一度シュミレーションして、そして良い結果に転びそうなら、行動に移しましょう。

 

いきなり行動に移すのは愚の骨頂。相手のペースになってしまいます。

 

交渉を有利に進めたいのなら、冷静さを失ってはいけません。

 

方法その5・相手にメリットを与える

 

交渉が上手くまとまらない時は、相手にもメリットを与えてあげましょう。

 

相手にもメリットが発生すると、交渉は上手くいきやすいです。

 

むしろ、相手のメリットを大きくしてあげる事で、更に交渉は進みやすくなります。

 

しかも、相手のメリットを大きくすれば、相手は借りを作ってしまう事になります。

 

借りを作ったという事実は、今後の交渉の時にも凄く有利になるんです。

 

目先だけの結果で見ればマイナスに思えるような事でも、長期的な視点に立てばプラスになる事もあります。

 

コチラのデメリットばかり考えていても、交渉が進まない事はありますからね。

 

しっかりと相手にもメリットを提示してあげましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

交渉とは相手とコチラ側との折り合いをつける事です。

 

双方が納得して合意するラインまで話を詰めていく。これが交渉です。

 

つまり、相手にも意図している事があり、それを満たす条件を出せば交渉は上手くいきやすいのです。

 

そうする為には、今回紹介した方法を実践するのは不可欠です。

 

しっかり自分の物にして、交渉上手になって下さい!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

営業マン必見!初対面でも仲良くなれる!魔法のような会話術8選

自分の仕事に自信がない人が自信を持つ為の簡単な7つの方法!

仕事を上手に教えるコツ7選!教え方次第で仕事の出来が変わる!

社会人が読むべきオススメのビジネス書9選!読書初心者でも大丈夫!

仕事で成功している人達の考え方7選!考えが変われば上手くいく!

ビジネスの成功者に共通する7つの共通点とは?こんな人は成功する!

成功する経営者に共通する8つの特徴とは?こんな人は成功する!

部下をできるリーダーにする為の育成方法のコツ5選!