○○の理由

性格は顔に出る!なぜ性格によって顔が変わるのかその理由を解説

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は「性格は顔に出るのか?」この疑問について徹底解説していきたいと思います。

 

性格は顔に出るってよく言いますよね?あれは本当なんでしょうか?専門家の意見をもとに徹底検証したいと思います!

 

ぜひ最後までご覧くださいね!

 

スポンサーリンク

 

「性格は顔に出る」は本当なのか?

 

まず、「性格が顔に出る」というのは本当なのでしょうか?ここから疑問ですよね?

 

理由は後述しますが、性格が顔に出るというのは本当です。出ない場合もあると思いますが、出る場合の方が多いですね。

 

性格は内面的なものだから、外見には影響しないだろう。そう思いの方も多いと思います。

 

では、なぜ性格が顔に出ると言えるのか?その理由を解説していきますね。

 

なぜ性格は顔に出るのか?

 

なぜ性格が顔に出るのか?それは顔の「表情筋」が関係しています。

 

人の顔というのは「表情筋」という筋肉によって表情が作られているんです。笑顔も悲しい顔も、全て筋肉が動く事によって作られます。

 

そして、精神科医である「ゆうきゆう先生」はこう仰っています。

 

性格が顔に出ると言われる原因は、表情筋の癖や発達具合にあると考えられます。その人にとって一番多い感情表現は、その感情を表す表情とおそらく一致するのではないでしょうか。

笑顔の多い人は頬や口角を上げる筋肉が鍛えられていますから、普段からうっすら笑っているような表情になりやすいでしょう。嫌なことがあるとすぐにしかめっ面をしてしまう人は眉間にしわが寄りやすかったり、口をへの字にしてしまうことで口角が下がってしまいやすくなります。もちろん人目を気にして感情を表に出しにくい人もいますが、ふと気を抜いたとき、ひとりきりになったときには表情に出ているかもしれません。逆に「表に出すまい」として筋肉の動きを制限していれば、それもまた癖となるものですから表情筋に影響を与えます。

さらに睡眠時は多くの人が肉体を休めると同時に、心も解放しているものです。眠っているときにまで他人の目を気にして表情を作っている人はあまりいないのではないでしょうか。多くの人が「眠っているときは自然体」なのです。つまり、眠っているときの感情はストレートに表現されやすいとも言えます。嫌なことがあった日はうなされたり、怒る夢を見たり、怖い夢を見たりといったことが起こりやすくなりますが、そういった夢によって普段抑圧している感情までもを解放し、昇華していこうとします。また、気がかりなことや悩んでいることがあると、夢の中でまで悩んでしまうということがあります。そのように寝ている時に使われる表情筋もまた、私たちの顔の印象に変化を与えます。

第一印象で「気難しそうだな」「性格がきつそう」「優しそう」と感じるのは、もちろんその場での言動や声のトーン・容姿などから得る印象も関係していますが、相手が意識していない表情筋の癖や発達具合から得る印象の影響も大きいと考えられているのです。

 

小難しいので要約しますが、つまりは普段からの表情で表情筋が形成されるという事。

 

そして、普段からの表情は性格によって変わるので、性格によって顔は変わるという事を言っているんですね。

 

確かに、性格が良い人は常に笑顔ですからね。なので、普段からの表情の笑顔も笑顔に近いものになっています。逆に怖い人は常に怖い表情をしているので、普段からの表情も怖いですね。

 

性格が100%顔に出る訳ではありません。性格が良い人でも怖い顔をしている事もありますからね(笑)しかし、性格が顔に与える影響は非常に大きいんです。

 

性格によって顔は変わると言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

若い頃は性格は顔に出ない?

 

性格によって顔が変わるのは、性格が普段からの表情に影響を与えるからです。普段からの表情が変わる事で表情筋が変わって、顔が変わっていくんですね。

 

では、表情筋が形成されていない、または性格が固定されていない子供は性格は顔に出ないのでしょうか?

 

これは「YES」と言えますね。子供の頃は性格は顔には出にくいです。表情筋に影響を与えるほど長い人生を歩んでいませんからね。

 

それに、「性格は顔に出る」というのは顔のシワも非常に関係しています。シワのつき方でかなり表情って変わりますから。

 

子供はそもそもシワができにくいので、性格が顔にでは出にくいのでしょう。

 

どの位の年齢から顔に出るのか?

 

子供は性格が顔に出にくい。

 

では、どれ位の年齢から性格が顔に出てくるのでしょうか?

 

これは筆者の見解ですが、早い人だと高校生位から性格が顔に出てくる人はいますね。幼い頃から一貫した性格だとこの頃から性格が顔に出ます。

 

遅くても20歳までには性格が顔に出てくると言えるでしょう。この頃になると、より豊かな感情表現で表情筋に影響を与えますからね。

 

なので、20歳を過ぎて怖い顔をしている人は怖い性格をしているかも知れません。逆に言えば性格が良い人は優しい顔をしている人が多いと言えますね。

 

男性よりも女性の方が顔に出る?

 

男性よりも女性の方が性格が顔に出やすいとも言いますね。

 

これは女性の方が感情豊かだからでしょう。確かに、男性よりも女性の方が表情が大きく変わりやすいですからね。

 

アナタが女性であるならば、普段からの表情には気をつける事をオススメします。性格で顔は本当に変わりますよ。

 

それに、人は意外と外見で色々と判断しますからね。どっちにしろ優しそうな顔になっておくのは得なんです。

 

では、性格が良さそうな顔になる事は可能なんでしょうか?

 

性格の良い顔になる事は可能?

 

性格が良さそうな人の顔になる事は可能です。これはハッキリ言っておきます。

 

先程も言いましたが、性格によって顔の表情は変わりますからね。普段からの表情を意識すれば性格が良い顔になる事ができますよ!

 

特に大事なのは「笑顔」です。常に笑顔を意識する事で表情筋に笑顔が癖づけられます。

 

そうなると、非常に性格が良さそうな人に見えますからね。普段の生活から常に笑顔を意識しましょう!

 

顔の特徴で分かる性格の良し悪し!

 

最後に、顔の特徴から性格の良し悪しを図る方法をご紹介したいと思います。

 

性格が悪いかどうかはコチラの記事をチェックしてみて下さい

 

性格が悪い人の顔の特徴7選!こういう顔の人間には気を付けよう! 性格が悪い人って居ますよね? だけど性格が悪い人をパッと見で判断するのは難しい。 「...

 

性格が良いかどうかはコチラの記事を

 

優しい人に共通する顔の特徴9選!こんな人は心から優しい! 性格は顔に出ます。相手がどんな人間か判断するうえで、顔は非常に重要ですよ! 今回は、優しい人に共通する顔の特徴をご...

 

それぞれの記事で紹介している特徴に当てはまるかチェックしてみれば、性格が良いか悪いかがわかりますよ!

 

日頃から笑顔を意識して、性格が良さそうな人になりましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

性格は顔に出ます。性格によって普段からの表情が変わるので、顔の形を決める表情筋に影響を与えるからです。

 

どうせなら性格が良さそうな人と思われたいですよね?で、あれば常に笑顔を意識する事が大事。

 

普段の生活から沢山笑顔になれば、良い顔になっていきますよ!

 

スポンサーリンク

 

コチラの記事もオススメ!