使えるワザ

手が寒いと使い物にならない!スグに手を温める対策方法5選!

 

筆者は冬が大嫌いです。

 

冬なんて無くなれば良いと思っています。

 

寒いのは超辛いですし、

もはや寒いを通り越して痛いです。

 

そんな、「痛さ」を如実に感じるのが

「手」です。

 

手は寒くなってくると痛さをバシバシ感じます。

 

そして、手が寒いとかじかんで、

使い物にならなくなってしまいます。

 

そこで今回は、

手が寒い時の対策方法をご紹介!

 

手を温めて手の寒さを取り除きましょう!

 

スポンサーリンク

 

なぜ、手が寒くなる?

 

なぜ、手は寒くなりやすいのでしょうか?

 

それは、手をさらけ出しているからでしょう。

 

手は手袋をはめなければ、

顔と並んで剥き出しの箇所です。

 

だから、寒くなりやすいんです。

 

手の寒さを回避するには、

手袋を着けるのが一番です。

 

しかし、手袋が無い時もあるでしょう。

 

そんな時は今回紹介する方法を試してみて下さい。

 

スグに手を温める方法5選

方法その1・カイロで温める

 

カイロがあるならば、

あなたの悩みは一瞬で解決します。

 

カイロを手に持てば、

スグに手の寒さは解消されるでしょう。

 

しかし、カイロはゴミが出るし、

何よりカイロ自体が温まるのに時間がかかります。

 

そこでオススメなのが、

「電子カイロ」です。

 

充電式なので繰り返し使えて、

カイロと違って電子カイロ自体もスグに温まります。

 

まさに冬の救世主。

 

もはや一人に一つ。

電子カイロの時代が来るかも知れません。

 

方法その2・脇に手を挟む

 

熱が出た時、

何故、体温を脇の下で測るか知っていますか?

 

脇の下というのは血管が多く通っています。

 

その為、身体の中でも体温が安定して高いんです。

 

なので、体温計を測る時脇の下で測るんです。

 

脇の下の体温の高さは、

体温計の時だけしか活躍しない訳じゃありません。

 

あなたの手が寒い時。

 

そんな時も活躍してくれます。

 

手が寒いと感じたら、

脇の下に手を入れてみて下さい。

 

この時大事なのは、

本当に脇の下に手を入れる事です。

 

服越しの脇の下ではダメです。

 

それだと効果がありません。

 

直接脇の下に手を入れれば、

かなり手の寒さが解消される筈です。

 

スポンサーリンク

 

方法その3・お湯を使う

 

お湯があるのなら、

お湯を使いましょう。

 

お湯を手にかければ一瞬で寒さは解消されます。

 

しかし、お湯が出てくる状況なんて、

そうそうあるもんじゃありません。

 

それに、お湯が出てくる環境なら、

手の寒さにも困らないでしょう(笑)

 

お湯が出てこなくても水さえあれば大丈夫です。

 

ただし、冷たすぎる水はダメです。

意味がありません。

 

水は、常温以上の物がベストです。

 

常温でも手より温度が高ければ、

手の寒さは解消されます。

 

水道水等でも、

ずっと出しっぱなしにしておけば、

徐々に常温になってきます。

 

水をかけた後は、

冷えない様にスグに手を拭きましょう。

 

方法その4・運動をする

 

手を温めるには体が温めれば良いんです!

ランニングをもっと効果的に!実は朝と夜で効果がこんなに違う! 運動不足を感じるから。 気分転換の為に。 ダイエットしたいから。 あなたがランニングをする理由は本当に...

 

体が温まってしまえば、

手の寒さなんて感じません!

 

だって、体が温かいんですから!(笑)

 

その場で足踏みをする等して、

軽く運動してみましょう。

 

ずっと運動を続けていれば汗が出てくる筈です。

 

汗が出てくる位運動すれば、

手の寒さも解消される筈です。

 

運動しながら脇に手を挟めば、

更に効果倍増でしょう。

 

方法その5・服の中に手を入れる

 

服の中でも構いませんし、

ポケットの中でも構いません。

 

とにかく、手を野ざらしにするのを止めましょう。

 

手がスグに寒くなる原因は、

手が野ざらしになっているからです。

 

他の身体の部位も野ざらしになっていれば寒くなります。

 

当然です。

 

野ざらし状態を解消する為にも、

手を何かの中に入れてあげて下さい。

 

こうするだけでも、

徐々に温かくなってくる筈です。

 

何もしないでいるよりは100倍マシな方法です。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

冬ってスグに手が寒くなります。

 

そして、手が寒くなると本当に辛いですよね?

 

今回紹介した方法を実践して、

手の寒さを取り除きましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!