入浴

敏感肌、乾燥肌をしっかり解決!適切な入浴剤の選び方をご紹介

 

冬は乾燥する季節ですよね。

 

エアコンや暖房器具などで、特に乾燥しやすい時期かと思います。

 

お肌が敏感で困っている方も多くいることでしょう。

 

肌の乾燥がひどくなると、入浴後でもかゆみや肌荒れが起きることもあります。

 

さらに、夜眠れないなどの生活に支障をきたすこともあるようです。

 

そのような乾燥肌にお困りの方のために、入浴時の乾燥肌対策についてご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

 

乾燥肌に効果的な入浴方法

正しい体の洗い方をする

 

乾燥肌の原因として体の洗い方があります。

 

「毎日石鹸で洗う」

「ナイロンタオルでゴシゴシ洗う」

 

こんな洗い方していませんか?

 

これは「洗いすぎ」「こすりすぎ」で、お肌に必要な皮脂まで落としてしまっていることが考えられます。

 

また、お肌に細かい傷がつくことで、かゆみの原因になる事も。

 

適切な身体の洗い方をすることで、お肌の保湿力が向上する可能性があります。

 

石鹸を手で良く泡立て手で撫でるように洗う事を意識してください。

 

これで十分に体の汚れは落とせるのです。

 

詳しくはこちらでも紹介していますので是非読んでみてください。

 

実は間違っている!?石鹸を使った正しい体の洗い方をご紹介! お風呂って気持ち良いですよね。1日の疲れを癒やし、リラックス効果もあります。 身体を清潔に保つために、日本人のほと...

 

正しい入浴方法をする

画像参照元:http://ur2.link/yOsH

 

まず、あまり熱すぎるお風呂はお肌によくありません。

 

40度以上になると肌の皮脂が急激に奪われてしまい、水分の蒸発が進んでしまいます。

 

37~38度程度の温度がお肌には適温なのです。

 

また、長風呂も良くありません。

 

お肌の油分が流れ出てしまい、ハリが無くなり、保湿力も低下してしまうのです。

 

時間にすると長くても10分程度にして、早めに上がるようにしましょう。

 

入浴剤は乾燥肌に効果的なのか?

画像参照元:http://ur2.link/yOsN

 

さて、お風呂に入るにあたり、入浴剤は乾燥肌に効果があるのでしょうか?

 

何も入れない「さら湯」よりは効果が期待できます。

 

しかし、入浴剤につい気を付けることがあります。

 

それは「入浴剤の成分」です。

 

「保湿成分」が配合されている入浴剤が良いでしょう。

 

高い保湿力を持つものとして、

 

「セラミド」

「ヒアルロン酸」

「スクワラン」

 

といったものがあります。

 

他にも、

 

「プラセンタエキス」

「コエンザイムQ10」

 

などが配合されているものも効果的です。

 

入浴だけでも体は十分に温まりますが、入浴剤を併用することで湯冷めもしにくくなり、冷え症の予防にもなります。

 

スポンサーリンク

 

注意が必要な入浴剤

画像参照元:http://urx.mobi/CmsT

 

入浴剤の中には、お湯の肌触りや使用感をよくするために「合成界面活性剤」を配合している入浴剤があります。

 

乾燥肌の方にとって、この成分が含まれた入浴剤はなるべく使用しないようにしましょう。

 

「合成界面活性剤」が配合されていると、肌の必要な皮脂膜まで取り去る可能性があるからです。

 

酷い場合には皮膚内の角質細胞脂質である「セラミド」を溶かし、肌のバリア機能を低下させてしまうこともあるのです。

 

最近の入浴剤は洗い流さず成分を残すものが多いですからね。

 

そして、入浴剤が粉のものだと溶け切らないことがあり、溶け残った粉が肌についてしまう場合があります。

 

そうなると、逆にお肌によくありません。

 

ですから、粉末タイプより、液状の入浴剤の方が良いと言えるでしょう。

 

どの入浴剤を選択すればいいのか分からなくなったら一つの目安として、アトピー肌の方や、赤ちゃんでも入浴できるといった、肌にやさしいタイプの入浴剤を選ぶようにしてください。

 

入浴後の乾燥肌対策

画像参照元:http://ur0.link/Cxms

 

お肌の乾燥は風呂上がりの直後から始まっています。

 

入浴してお風呂からでると肌は急激に乾燥し、20~30分経過すると入浴前よりも急激に乾いた状態に。

 

肌の乾燥を防ぐためにも、お風呂から上がって15分以内には保湿クリームを塗りましょう。

 

とはいえ、なかなか短時間で体を拭いて、スキンケアをして、ということが無理な場合もあるかと思います。

 

そんな時は体をふく前にスキンケアをしてしまいましょう。

 

保湿クリームやオイルなどは体をバスタオルで拭く前の状態の方が伸びがよく、肌になじみます。

 

肌の乾燥具合に合わせて、化粧水やボディミルクを使用し、乾燥が著しい部分には重ね塗りなどして保湿ケアをしてください。

 

保湿が終わったら汗ばむ体をバスタオルで軽く抑えるようにして、肌の湿気を除きましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

乾燥肌の方は肌が敏感であることが多いようです。

 

乾燥肌の状態がひどくなると、日常生活に支障が出ることもあります。

 

あまりひどくならないうちに、入浴剤や保湿クリーム、オイルなどを上手に活用し、しっかり保湿してあげましょう。

 

また、あまり状態がひどい場合には自分で何とかしようとせず、掛かりつけの医師に相談することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!