睡眠

大事なのは時間よりも質!睡眠の質をグっと高める方法10選!

 

不眠大国日本。

 

日本は世界でも有数の睡眠時間が短い国。

 

忙しい現代社会において、

中々睡眠時間って確保出来ないですよね?

 

それで次の日に寝不足になってしまって、

仕事や学業に支障をきたす・・・

 

なんて事もあるかも知れません。

 

出来たらぐっすり眠って、

次の日も精力的に活動したいですよね?

 

実はぐっすり眠る事において重要なのは

睡眠時間よりも睡眠の質が大事って知ってました?

 

そこで今回はぐっすり眠る為に!

睡眠の質を高める方法をご紹介!

 

これで睡眠不足から解放されましょう!

 

スポンサーリンク

 

睡眠の質を高める方法

方法その1・日中に運動する

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hC

 

睡眠の質を高める為に日中に運動をしましょう。

 

日中に運動する事によって、

ぐっすり眠る事が出来ます。

 

運動不足になると中々寝付けなくもなってしまいます。

 

オススメの運動方法はランニングです!

ランニングをもっと効果的に!実は朝と夜で効果がこんなに違う! 運動不足を感じるから。 気分転換の為に。 ダイエットしたいから。 あなたがランニングをする理由は本当に...

 

ダイエットにもなりますし、

ストレス解消にも繋がります。

 

しっかり運動をして睡眠不足を解消しましょう!

 

方法その2・大切なのは温度よりも湿度

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hI

 

あなたは睡眠時に温度を気にしていますか?

 

特に寝苦しい夏は温度が気になるかと思います。

 

冷房で温度を調節して快適な温度にする。

 

それが暑い夜の寝方でしょう。

 

しかし、睡眠の質を高める事においては、

大事なのは温度ではなく、湿度です。

 

湿度を調整する事で、

高い温度でも快適に眠る事が出来ます。

 

ベストな湿度は大体50%前後です。

 

温度調整も大事ですが、

湿度もしっかりと管理しましょう。

 

方法その3・昼寝をする

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hM

 

昼寝をすると夜ぐっする眠れなさそう・・・

 

そう思うかも知れませんが、

そんな事は全くありません。

 

実は睡眠の質を高める上で昼寝は実に効果的なのです。

 

更に、昼寝は脳を活性化させるので、

日中の活動も活発的になります。

昼寝で脳をリフレッシュ!効果を高める最適な昼寝時間とは? 仕事の昼休憩。 皆さんはどの様に過ごしていますか? ただただぼーっと? それとも仲間とお喋り?...

 

ただし、14時以降は昼寝はしない様にしましょう。

 

14時以降に昼寝をすると、

夜、眠れなくなる可能性があります。

 

ベストな時間は12時~13時の間です。

 

方法その4・夜は間接照明で過ごす

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hP

 

夜、明るい部屋で過ごしていると、

脳が中々睡眠モードになりません。

 

そうなってくると、布団に入っても中々寝付けません。

 

睡眠の質を高める為にも、

夜は間接照明で過ごしましょう。

 

夜過ごす時の明るさは暗ければ暗い程良いです。

 

暗い部屋で過ごす事によって、

脳が睡眠モードに移行しやすくなります。

 

睡眠モードに移行しやすくなる事で、

布団に入ってからスグ寝付く事が出来るのです。

 

方法その5・暖かい飲み物を飲む

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/y1hS

 

睡眠の質を高める為に、

眠る前に何か暖かい飲み物を飲みましょう。

 

暖かい飲み物を飲む事で、

脳が睡眠モードになりやすくなります。

 

筆者のオススメはホットミルクです。

 

眠りに邪魔なカフェインが入っておらず、

ぐっすりと眠る事が出来ます。

 

コップ一杯程度で構わないので、

暖かい飲み物を口に入れましょう。

 

スポンサーリンク

 

方法その6・頭の温度を下げる

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hX

 

睡眠の質が低い人は中々寝付けない人が多いです。

 

中々寝付けないのは、

脳が考え事をしているからです。

 

なので、いつまで経っても、

脳が眠る準備に入らないのです。

 

そこで、頭の温度を冷やしてみましょう。

 

脳は考え事をしていると温度が高まってきます。

 

逆に冷やしてあげる事で脳の活動を抑える事が出来るんです。

 

氷枕をタオルで包み、

耳から上の後頭部周辺を冷やしてみましょう。

 

考え事をして寝付きが悪い人は、

これだけでぐっすり眠れる筈です。

 

方法その7・ゆっくりとした音楽を聞く

20160224225954

画像参照元:http://u0u0.net/y1hZ

 

睡眠の質を高める上でBGMはとても大事です。

 

ぐっすり眠る為には、

睡眠に適したゆっくりとした音楽を聴きましょう

 

そうする事で脳がリラックスし眠りにつきやすくなります。

 

また、眠る時の音楽は決めておきましょう。

 

眠る時の音楽を毎回一緒にする事で、

その音楽を聞いただけで眠くなってきます。

 

方法その8・生活習慣を一定にする

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/y1i2

 

生活習慣を一定にすれば、

ぐっすり眠る事が出来ます。

 

朝は早く起きて、夜も早く寝る。

 

この習慣を癖づけるだけで、

ぐっすりと眠る事が出来ます。

 

また、生活習慣を一定にする事は、

健康面においても素晴らしい効果が期待できます。

 

生活習慣が悪い方は生活リズムを一定にしましょう!

 

方法その9・お風呂にゆっくり浸かる

An Attractive girl relaxing in bath on light background

画像参照元:http://u0u0.net/y1i6

 

お風呂にゆっくり浸かると、

脳に凄いリラックス効果があります。

美容効果抜群の風呂の入り方はコレ!綺麗になるには入浴から! おそらく皆さん毎日行なっているであろう入浴。 ただただ何気なく、頭を洗って、体を洗って、浴槽に浸かるだけで入浴を終...

 

脳がリラックスすればする程、睡眠の質は高まります。

 

睡眠に入る前の入浴は、

出来るだけ、ゆっくり浸かりましょう。

 

ただし、シャワーだけの入浴では睡眠の質は高まりません。

 

しっかりと湯船に浸かって疲れを癒しましょう!

 

方法その10・寝る直前に食事をしない

d

画像参照元:http://u0u0.net/y1id

 

寝る直前に食事をすると、

消化エネルギー達が活発に動き始めます。

 

睡眠する時に、

「眠る」以外に身体のエネルギーがいくのは、

睡眠の質を著しく低下させてしまいます。

 

布団に入る2時間前には、

食事はしない様にしましょう!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

この10個の方法を実践すれば睡眠の質は高まります。

 

睡眠の質を高めて短い睡眠時間でも、

ぐっすり眠れる様になりましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!