車の運転

車の運転が上手い女性はモテる!運転が上手になる簡単な方法6選

 

車の運転。

 

多くの人が経験するでしょう。

 

しかし、女性の中には、

苦手意識を持っている人も少なくはないと思います。

 

そんな車の運転。

 

車の運転が上手い男性はもちろん、

車の運転が上手い女性もモテるんです!

 

そこで今回は女性でも簡単に車の運転技術が上達する方法を伝授!

 

この方法で車の運転を上手にして、

モテモテになりましょう!

あなたの運転の仕方実は危険かも!運転が下手な人の特徴7選! 18歳を超えると一気に近しいものになる車。 行動範囲が広がりますし、 移動する時間が楽しくなりますよね! ...

 

 

スポンサーリンク

 

車の運転が上手い女性はモテる!

20151011103208

画像参照元:http://ur0.work/xcOz

 

あまり知られていないかも知れませんが、

車の運転が上手い女性はモテます。

 

車の運転は常に気配りが出来ないと上手にはなれません。

 

つまり、車の運転が上手と言う事は、

気配りが出来ているのです。

 

気配りが出来る女性は男性からモテやすくなります。

 

更に、いつもとは違う一面を見る事で、そのギャップに惚れるのです。

 

男性からモテたい人は車の運転技術を磨くのが一番ですよ。

 

運転が上手い=安心できる

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcOJ

 

細い道を飛ばせるのが、

上手い運転の仕方ではありません。

 

運転が上手いというのは安心出来る運転という事です。

 

同乗者はもちろん、

周りの車も安心できるのが上手い運転の仕方です。

 

では、どの様にすれば安心できる運転が出来るのか?

 

実際に運転技術を上達させる方法をご紹介していきましょう。

 

女性が車の運転を上手になる方法

方法その1・座席の高さを上げる

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcOM

 

まずはコレです。

 

車の車種によっては調整が出来ない車もあります。

 

しかし、最近の車はほとんど運転席の高さを調節する事が可能です。

 

女性が車の運転をしにくいのは単純に座高が低いからです。

 

座高が低くなると目線が低くなり、

周りの車や人の動向に意識が向かなくなってしまいます。

 

運転席の高さを調節出来ない車はクッション等を利用して座高を高くしましょう。

 

とにかく、低い姿勢のままの運転は最も運転がしずらくなります。

 

出来るだけ姿勢と目線は高くなるようにしましょう。

 

方法その2・かもしれない運転を心がける

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcOY

 

かもしれない運転。

 

教習所で習ったと思います。

 

だけど、教習所で習った時、

少し小馬鹿にしていたと思います。

 

しかし、車の運転を上手にさせるのに、これほど適した運転は無いのです!

 

常に危険が起こるかもしれないと事前に予測しておく事で、あらゆる危険に咄嗟に対応する事が可能!

 

筆者は常にかもしれない運転を心がけているので、免許を取ってから一度も事故をした事がありません!

 

何度か事故を起こしそうになった事はありますが、常に危険を予測しているので咄嗟に対応して事故を防ぎました!

 

かもしれない運転は気をつけるだけで出来るとっても簡単な方法。

 

是非、心がけてみて下さい。

 

方法その3・ブレーキは必要な時だけ踏む

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcP0

 

ブレーキを踏むのは必要な時だけにしましょう。

 

意味もないのにブレーキを踏むと、後ろの車は不安を覚えます。

 

「曲がる」

「停止する」

「やむを得ず急停止する」

 

この動作以外でブレーキを踏まれると、かなり怖いです。

 

車を減速させる時は出来るだけエンジンブレーキを使いましょう。

 

ブレーキを使うのは停止する時だけで十分です。

 

スポンサーリンク

 

方法その4・曲がる時はブレーキより先に指示器を出す

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像参照元:http://ur0.work/xcP4

 

曲がる時にあなたは、ブレーキを踏んでから指示器を出していませんか?

 

実はその指示器の出し方、

後ろの車は凄く不安です。

 

先程も言いましたがブレーキが必要なのは、

 

「曲がる」

「停止する」

「やむを得ず急停止する」

大体この3つです。

 

後ろの車からすると、ブレーキを踏まれたという事は、この3つの内のどれかが起こるのであろうと考えます。

 

この内、もしも

「やむを得ず急停止する」

だった場合。

 

後ろの車も急停止しなければなりません。

 

なので、後ろの車は凄く不安になります。

 

ただただ曲がるだけなのにです。

 

しかし、それを

指示器→ブレーキ

の順番にすれば後ろの車もとても安心。

 

指示器を先に出しているという事は、次に起こる動作は「曲がる」に絞られるからです。

 

後ろの車を安心させる為にも、曲がるときは指示器を先に出しましょう。

 

方法その5・曲がるときはアウトインアウト

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcP7

 

Gを感じる運転は同乗者が不安を覚えます。

 

急停車、急発進はもちろん、

曲がる時も出来るだけGを感じない様にしましょう。

 

コツは「アウトインアウト」です。

 

曲がる前は少し「アウト」に膨らみ、

曲がっている時は「イン」に車を向け、

曲がりきった後は「アウト」に抜ける。

 

運転のプロであるF-1でドライバーが使っているテクニックです。

 

しかし、一般道でこんな動きをしたらめちゃくちゃ怖いです(笑)

 

この「アウトインアウト」は少し意識するだけで構いません。

 

曲がる時は、ほんの少し「アウト」に膨らんで、

曲がっている時はほんの少し「イン」に向け、

曲がった後はほんの少しだけ「アウト」に抜ける。

 

これを意識するだけで曲がる時に全然Gを感じなくなります。

 

是非試してみて下さい。

 

方法その6・駐車がスムーズに出来るようになる

20160224225954

画像参照元:http://ur0.work/xcPd

 

駐車というのは運転のテクニックが盛り沢山です。

 

駐車と言ってもバックでの駐車ですよ!

 

前向き駐車は誰にでも出来ますからね(笑)

 

ミラーで周囲を確認。

車幅の感覚を覚える。

的確なハンドル捌き。

 

これらのテクニックが備わっていないと、上手にバックで駐車する事は出来ません。

 

車の運転を上達させるのに、これ程適した練習はありません。

 

ある程度運転に慣れてきたら、バックで駐車が出来る様に練習しましょう。

 

一番のコツは何度も何度も練習する事です。

 

そうする事によってスムーズに駐車する事が出来ます。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

既に運転が上手い人にとって、

どれも当たり前の運転方法だと思います。

 

しかし、何事も基本が大事です。

 

基本を忘れると上達なんてありえません。

 

もし、今回紹介した方法を知らない人がいましたら、スグにでも運転で実践してみて下さい。

 

かなり運転技術が向上する筈です!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!