特徴

天才が共通してもっている9つの特徴とは!凡人とはここが違う?


 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は普通の人とはちょっと違う、天才な人の特徴についてご紹介したいと思います。

 

天才な人は独特なイメージがありますが、ある共通の特徴があるんです。

 

幼少期からの特徴と、大人になってからの特徴がありますので、それぞれご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

 

天才な人の特徴

幼少期の頃の特徴

特徴その1・IQが高い

 

特徴その1は「IQが高い」です!

 

天才な人は幼少期の頃からIQが高いですね。

 

当たり前のように感じるかも知れませんが、これは非常に大事なんです。

 

世界的に信頼されている科学誌「ネイチャー」幼少期の頃からIQが高いと、大人になってからもIQの成熟期が長く続くという論文が掲載されました。

 

なので、幼少期の頃からIQが高い人は大人になってからもIQが高く、天才になる可能性が高いんです!

 

ちなみに、この論文では13歳までにIQが高いと、IQの成熟期が長くなると掲載されていました。

 

13歳までのIQが大人になってからのIQも左右するんですね。

 

特徴その2・いろんな事に疑問をもつ

 

特徴その2は「いろんな事に疑問をもつ」です!

 

幼少期の頃にいろんな事に疑問をもつ子供は天才になる可能性が高い!

 

知識欲が高いという事ですし、好奇心があるという事ですからね。

 

有名な話では、アメリカの発明王「エジソン」は本当にいろんな事に疑問をもっていたという話があります。

 

「なぜ?」「どうして?」が多い子供は天才になりやすいと言えるでしょう。

 

特徴その3・いじめられているorいじめている

 

特徴その3は「いじめられているorいじめている」です!

 

天才な人は幼少期の頃から周りと違うことが多いです。彼らは非常に個性的ですからね。よくも悪くも人とは違うんです。

 

そして、子供の頃はそれを隠せないのでいじめられたり、逆にいじめてしまう事が多いんです。

 

いじめられたり、いじめたりするのは決して良いことではありません。しかし、子供はみんなと違う人を排除しようとしますからね。

 

大人になってからは人と違う部分を隠せたりしますし、あまりいじめられるような事にはならないでしょう。これは幼少期ならではの特徴と言えます。

 

特徴その4・人見知りする

 

特徴その4は「人見知りする」です!

 

天才な人は幼少期の頃から頭が良い!

 

そして、頭が良い子供は人見知りをします。

 

人見知りは「人を見て知る」という事ですからね。

 

頭が良いので色々と想像ができ、結果その人を知る為に「人見知り」してしまうんです。

 

頭があまり良くない子供は人見知りをしない傾向にありますよ。

 

スポンサーリンク

 

大人になってからの特徴

特徴その5・記憶力がある

 

特徴その5は「記憶力がある」です!

 

天才な人は脳のスペックからして違います。

 

そして、それがどこに一番現れるか?そう「記憶力」です!

 

昔の話を覚えていたり、ちょとした会話を覚えていたり。天才は記憶力に非常に秀でています。

 

頭が良い人ほど記憶力が優れていることが多い!どんな些細な事でも覚えていますよ。

 

特徴その6・集団行動が苦手

 

特徴その6は「集団行動が苦手」です!

 

天才な人は普通の人とは少し違いますからね。独特の感性をもっています。

 

なので、どうしても集団行動が苦手になってしまうんです。人と合わせるのが苦手な人が多いですね~。

 

天才はどちらかといえば、一人でいることを好みます。そのほうが楽ですし、人に合わせる必要もありませんから。

 

集団行動や、人に合わせるのが苦手なのは彼らの特徴ですよ。

 

特徴その7・心配性

 

特徴その7は「心配性」です!

 

天才は心配性なんです。これは間違いありません。

 

もちろん、楽観的な感覚をもっている時もあります。しかし、基本的には心配性なんです。

 

天才な人は脳のスペックが高いですからね。どうしても想像力が働いてしまいます。

 

その多大なる想像力のせいで、マイナス面のイメージも膨らんでしまい、心配性になってしまうんです。

 

ポジティブな行動をとる事ももちろんありますが、彼らは潜在的には非常に心配性ですよ。

 

特徴その8・集中力が高い

 

特徴その8は「集中力が高い」です!

 

頭が良い人ほど、集中力が高い傾向がありますね~。本当に集中力が高い人は話しかけられても気づかないほどです。

 

一つのことに没頭できるからこそ、なにかの分野において天才的になれるのでしょう。

 

高い集中力を発揮できるのも、彼らの才能の一つなのかもしれません。

 

特徴その9・話が上手

 

特徴その9は「話が上手」です!

 

会話って実はかなり難しいです。相手の気持ちを考えたり、受取方を考えないといけませんから。

 

話や説明が上手な人は、相手の気持ちを想像して喋ることができる人。

 

つまり、天才な可能性が高い!

 

天才すぎると話が通じなくなることもあるかも知れませんが、普通の天才は相手に合わせて会話することができるので、話や説明が非常に上手なんです。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

以上が天才に共通する特徴になります。

 

これらの特徴に当てはまる人は天才な可能性が高い!

 

とくに、幼少期の頃の特徴は重要ですね~。天才は昔から天才ですから。

 

あなたや、アナタの周りの人は天才でしたか?

 

スポンサーリンク

 

こちらの記事もオススメ!