特徴

料理が下手な人の特徴と共通点8選!あなたは大丈夫ですか?

この記事は約4分で読み終えれます

 

料理が下手な人っていますよね?普通にやっていても何故か料理の味がマズイ。世の中の一定数は居ると思います。

 

実はこういう人達にはある特徴と共通点があったんです!

 

今回はそんな、料理が下手な人達の特徴と共通点をご紹介!

 

あなたは大丈夫ですか?

 

料理を作るのが上手な人の特徴8選!こんな人の料理は美味い! 料理。人として生きていく上でぜひ身に付けておきたいスキルですね。 そんな料理ですが「料理が上手な人」っていますよね...

 

 

スポンサーリンク

 

料理が下手な人の特徴と共通点

特徴その1・途中で味見をしない

 

料理と言うのは生き物みたいなもんです。刻一刻と味が変化していきます。その中で最適な調味料を適量入れていくんです。そうやって料理は完成します。

 

しかし、途中で味見をしないと料理の途中経過が分かりません。途中経過が分からないので、完成の味も運任せになってしまうのです。

 

「料理の味見」は立派な工程です。料理が下手な人はその事を理解していないのです。味見をしないのは料理が下手な人の最たる特徴ですよ!

 

特徴その2・勝手なアレンジを加える

 

料理が下手な人は料理にアレンジを加えがちです。何かインパクトが無いから、隠し味が欲しかったから。こんな理由でアレンジを加えます。

 

そもそもですが、レシピ通りにきちんと作ればマズイ料理なんて出来ません。レシピ通りに作らないからマズイ料理が出来てしまいます。料理が下手な人はこの事を理解していません。

 

そして、自分のアレンジに何故か自信を持っているのです。自信を持っているからとにかく質が悪い(笑)

 

レシピ通りに作れば間違いないんですけどね。勝手なアレンジを加えてしまい、とんでもない料理が出来上がる訳です。

 

特徴その3・味覚がおかしい

 

料理が下手くそな人はそもそも「味覚」がおかしいかも知れません。味覚がおかしいので、料理の美味いマズイが分からないのです。

 

味覚に難があるとどれだけ味見をしても無駄です。だって、正解の味が間違っているんですから(笑)これはどうしようもない特徴の一つですね。

 

あまり美味しい物を食べずに育つとこうなる傾向があります。

 

特徴その4・めんどうくさがり屋

 

先ほども言いましたが料理はレシピ通りに作れば問題ありません。美味しい料理が出来ます。

 

しかし、めんどうくさがり屋な人はなにかの行程を飛ばしたりします。酷い人は分量をしっかり計らず目分量でいってしまいますね。

 

料理が上手い人なら、目分量でいくのも納得できます。まあ、料理が上手い人はしっかり分量を計りますが(笑)ですが、料理が下手なのに目分量はチャレンジ過ぎます。しっかり分量を測ればちゃんとした料理ができるんです。

 

しかし、めんどうくさがり屋はそれをしません。なので、めんどうくさがり屋さんは料理には向いていないんです。

 

スポンサーリンク

 

特徴その5・料理が好きではない

 

料理が下手な人はそもそも料理が好きではない可能性があります。料理が下手だから料理が好きじゃないのか?料理が好きじゃないから料理が下手なのか?それは定かではありません(笑)

 

ですが、料理が好きじゃない人は料理が下手な人が多いのは事実です。

 

「好きこそものの上手なれ」と言いますしね。好きじゃないと料理も上達しないのでしょう。

 

特徴その6・手際が良くない

 

料理は手際が大事です。段取りとも言いますね。手際よくこなしていく事で料理は上手にできます。

 

料理が上手な人は料理が完成した時には調理器具を洗い終わっています。

 

ですが、料理が下手な人は手際が悪いのです。あまり慣れていない人は余計に料理の手際が悪いですね。

 

料理を作るのにモタモタしている人は料理を作るのが下手な人が多いです。慣れていないのでもたつきも増えるのでしょう。

 

特徴その7・材料が足りなくても気にしない

 

コレはかなり致命的。でも、たまに居るんです。こういう人。

 

何度も言っていますが、料理はレシピ通りやれば大丈夫。まずマズイ料理は出来ません。レシピに書いてある事をすれば良いのです。

 

逆に言えばレシピに書いてある材料が無いのなら、ちゃんと買わないといけません。しかし、料理が下手な人はそれを代替品で済ましてしまいます。結果、料理の味が悲惨になってしまうのです。

 

そりゃそうですよね?(笑)レシピの材料通りに作らないんですから。これはかなり酷い特徴といえるでしょう。

 

特徴その8・材料の下ごしらえをしない

 

これはもっと致命的。

 

料理をする上で「材料の下ごしらえ」は非常に大事です。料理とは下ごしらえから始まります。なのにそこをすっ飛ばすと、料理の味が落ちるのは当然です。

 

料理が上手い人ほど、材料の下ごしらえを大事にしますからね。

 

下ごしらえは味に一番関わってくる要素です。料理を上手にしたいのであれば、下ごしらえはしっかりするようにしましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

料理が下手な人にはこの様な特徴と共通点があります。まとめると、こんな感じですね。

 

料理が下手な人の特徴と共通点
  1. 途中で味見をしない
  2. 勝手なアレンジを加える
  3. 味覚がおかしい
  4. めんどうくさがり屋
  5. 料理が好きではない
  6. 手際が良くない
  7. 材料が足りなくても気にしない
  8. 材料の下ごしらえをしない

 

あなたは当てはまりましたか?もし、当てはまったのならしっかりと改善しましょう。

 

口を酸っぱくして言いますが、レシピ通り作れば何の問題もありません。しっかりレシピ通り作りましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!