「仕事中なのに、めちゃめちゃ眠い。。。」

「絶対に眠っちゃいけない会議中に限って強烈な眠気が!!」

 

そんな経験はありませんか?

 

仕事中に眠くなってしまうなんてことは、

誰でも経験していることかもしれませんね。

 

そんな時はさりげなく眠気を覚ますツボを刺激し、

眼をすっきりさせてしまいましょう!

 

そんな眠気を覚ますツボをご紹介していきますね!

 

仕事中に眠気を感じた時は、

是非刺激して眠気覚ましして下さい!

スポンサーリンク

正しいツボの押し方

 

実はツボはただ押せばよいというわけではありません。

 

「正しいやり方で押す」

ということが大切なのです。

 

そのため、まずは

「眠気を覚ますツボを正しく押す方法」

をお伝えしますね。

 

「眠気を覚ますツボを正しく押す方法」

として、ポイントは以下の6つです。

 

①手を清潔にする

②ツボに対し、垂直に押す

③適度に刺激を感じる程度の力で押す

④ゆっくり時間をかけて押し、ゆっくり力を抜く

⑤5~10回繰り返す

⑥正しく呼吸をしながらツボを押す

 

1つずつ解説していきます。

 

①手を清潔にする

 

ツボ押しの前には手をキレイにしてから行ってください。

 

ツボ押しに限らず、マッサージの前には手を清潔にする、

ということは基本です。

 

目に見えない細菌は手には多くついていますから、

手をきれいにしてからツボ押しをしましょう。

 

②ツボに対し、垂直に押す

 

指の腹を使い、ツボに対して垂直に押すように意識しましょう。

 

指の先などで押すと、

爪が当たるなどして正しい場所に力が掛からないことがあります。

 

必ず垂直に押すようにして下さいね!

 

③適度に刺激を感じる程度の力で押す

 

力を入れ過ぎず、

「気持ちいい」

と感じる程度の力にとどめて押します。

 

強く押しすぎてしまうと、

痛みが出たり、

疲労感が増してしまうことがあります。

 

④ゆっくり時間をかけて押し、ゆっくり力を抜く

 

目安としては、

「2~3秒かけてツボを押し、2~3秒かけて力を抜く」

とすると良いでしょう。

 

押して、離して、と一定のリズムで行うことで、

脳に刺激が伝わりやすくなるので、

より効果が上がります。

 

⑤5~10回繰り返す

 

ツボ1か所につき、

5回~10回程度繰り返し押しましょう。

 

何度も押せば良いというものではありません。

 

ツボを何度も押し過ぎてしまうと、

筋肉が炎症を起こし、

痛みが出てしまう場合もあります。

 

「押したりない!」

という場合は、数時間おいて筋肉を休ませてから、

再度ツボを刺激してください。

 

⑥正しく呼吸をしながらツボを押す

 

ツボを押すときは深く息を吸いながら、

話すときは息を吐きながらツボを押しましょう。

 

正しく呼吸をしながらツボを押すことで、

全身がリラックスし、より効果があがります。

スポンサーリンク

眠気覚ましのツボ 10選

 

準備ができたところで、

いよいよツボを押しましょう。

 

眠気覚ましに効果的なツボをご紹介していきますね!

 

その1・労宮(ろうきゅう)

画像参照元:https://goo.gl/mPjfM9

 

反対の手の親指の腹部分を使い、

労宮を中心とする手の平全体に圧をかけます。

 

気持ちが良いと感じられる程度の力で押しましょう。

 

その2・合谷(ごうこく)

画像参照元:https://goo.gl/a673GS

 

反対の手の、親指の腹部分を合谷に当てて、

人差し指側の骨の下に、

親指を押し込むようにして圧をかけましょう。

 

その3・商陽(しょうよう)

画像参照元:https://goo.gl/6UWt2k

 

人差し指の爪の付け根にあるツボです。

 

反対側の手で揉むように刺激して下さい。

 

その4・中衝(ちゅうしょう)

画像参照元:https://goo.gl/zdtLXo

 

反対の手の親指と人差し指で、

中衝と爪をはさむように当て、

そこに小さな円を描くように、

圧をかけながらグルグルと回しましょう。

 

その5・少衝(しょうしょう)

画像参照元:https://goo.gl/EFqYv6

 

もう片方の親指と人差し指で、

小指の先、爪の付け根をつまみ、

軽く押してましょう。

 

その6・少沢(しょうたく)

画像参照元:https://goo.gl/AnVZNn

 

少衝と同様に、

もう片方の親指と人差し指で、

小指の先、爪の付け根をつまみ、

軽く押してましょう。

 

その7・風府(ふうふ)

画像参照元:https://goo.gl/kZBLLT

 

両手で頭部を包むようにして

親指で押してみましょう。

 

その8・風池(ふうち)

画像参照元:https://goo.gl/dTtfki

 

背骨の付け根の凹みから、

指2本ほど隣の場所です。

 

親指の腹をあてて、

少し強めに刺激しましょう。

 

その9・晴明(せいめい)

画像参照元:https://goo.gl/1HzeeP

 

片手の親指と人差し指を、

鼻筋をはさむようにして、

左右それぞれの晴明に当てます。

 

眼球の方に押すのではなく、

鼻筋に向かって、押しましょう。

 

その10・百会(ひゃくえ)

画像参照元:https://goo.gl/SNlCnu

 

両手の人差し指と中指の腹部分を重ね合わせ、

まっすぐ下に押しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 

正しいツボの位置と押し方をマスターし、

眠気を覚ます方法を実践してみてください。

 

知っているだけで、

仕事中でも何気なくツボを刺激し、

眠気とはおさらばです!

 

ツボを刺激し眠気とサヨナラして、

仕事に集中できるようにしましょう!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

冬の朝は寒い!起きれない!そんな時の原因と目覚めスッキリの対策

絶対に眠れない状況!仕事中や運転中に眠気を覚ます方法7選!

居眠り運転を防げ!簡単に運転中の眠気を覚ます方法8選!

実は健康に良い飲み物!コーヒーには認知症にも効果があった!

だるい!眠い!やる気がでない!そんな時の解決策をご紹介

電車で効果的な居眠り対策4選!移動中に絶対に寝れない人必見!