生活の知恵

温度はどれ位?エアコン暖房の電気代を驚く程節約する方法まとめ


 

日本の冬は本当に寒い!

 

その寒さを回避する為に家の中でのエアコン暖房は必須です!

 

ですが、エアコン暖房ばかり使っていると、かなり電気代が高くなってしまいますよね?

 

実はエアコン暖房の電気代が高くつくのは、あなたの使い方に問題があるのかも知れません!

 

そこで今回はエアコン暖房の電気代を節約する方法をご紹介!

 

電気代を節約して、気兼ねなくエアコン暖房を使いましょう!

 

スポンサーリンク

 

エアコン暖房の電気代が高いのはなぜ?

 

エアコン暖房ってかなり電気代が高くつきますよね?

 

冷房と同じ感覚で使っていたら、かなり痛い目を見ると思います。

 

それは一体、何故なんでしょうか?

 

実はそれはエネルギーの消費量に原因があります。

 

エアコンの暖房は冷房に比べて、かなりエネルギーを消費するのです。

 

エネルギーの消費量が多くなれば、それだけ電気代も高くなります。

 

節約するにはどうすれば良い?

 

では、エアコン暖房の電気代はどの様に節約すれば良いのでしょうか?

 

実は、エアコン暖房の電気代を節約する、とっても簡単な方法があります。

 

それは、設定温度を下げる事です。

 

エアコン暖房の場合、設定温度を一度下げれば、電気代を10%節約出来ると言われています。

 

一度下げるだけで10%も節約出来るんです。

 

かなりの節約率ですね。

 

ですが、あまり下げすぎてしまうと、暖房の意味が無くなってしまいます。

 

電気代を節約出来るけれど部屋はほんのり温かい。

 

そんな、理想の温度は何度位なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

節約に理想の設定温度とは?

 

エアコン暖房の電気代を節約するには設定温度を下げるのが一番です。

 

ですが、いい塩梅を取らないと、暖房の意味が無くなってしまいます。

 

電気代を節約しつつ、部屋の温度を温かくしてくれる。

 

そんな理想の温度は大体20度位だと言われています。

 

20度位だと温かさを感じられ、電気代も節約する事ができます。

 

部屋の設定温度に困ったら、20度前後で設定しておきましょう。

 

運転モードも実は大事?

 

エアコン暖房の電気代を節約するには運転モードも大事です。

 

電気代を節約する為には運転モードを「自動」にしておきましょう。

 

エアコンの電気代が一番かかるのは設定温度に達するまでの時間です。

 

設定温度に達するまでエアコン暖房はかなりのエネルギーを消費します。

 

「弱」「普通」にしていると、ずっとかなりのエネルギーを消費しているのになかなか設定温度に達しない。

 

という、最悪の状態になるのです。

 

運転モードを自動にしておけば、そういう事は起こりません。

 

設定温度に達するまでは、かなり本気で部屋を温めてくれます。

 

そして、設定温度に達したら自動で「弱」になってくれる。

 

一見、「弱」の方が電気代を節約できそうですが、それは実は一番してはダメな行為なのです。

 

もっともっと節約する方法!

1・他の暖房を併用する

 

エアコン暖房の電気代をもっともっと節約したい!

 

そう思いの方は他の暖房器具を併用してみましょう!

 

他の暖房器具を併用すれば、設定温度をもっと下げる事ができます。

 

設定温度を下げる事ができれば、更に電気代を節約できますからね!

 

設定温度を下げる為にも他の暖房器具を使ってみましょう!

 

2・部屋の湿度を上げる

 

日本の冬が寒いのは湿度が関係しています。

 

日本の冬はとても湿度が低いです。

 

湿度が低いと体感温度が下がってしまいます。

 

なので、日本の冬はとっても寒く感じるのです。

 

逆に言えば、湿度を上げれば体感温度を上げる事が出来ます。

 

部屋の湿度を上げるには加湿器を使うのが一番!

 

部屋の湿度を上げて、体感温度を上げていきましょう!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

冬の暖房の電気代って本当に高くつきますよね?

 

電気代が気になってしまって、存分に暖房を使う事が出来なくなってしまいます。

 

今回紹介した節約術を駆使すれば、かなり電気代を節約出来る筈!

 

電気代を節約して賢く暖房を使っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!