生活の知恵

幼虫からの蚊対策で蚊を0にする!超便利な蚊の駆除方法はコレ!

 

虫。夏を境に増え始め、一年を通して我々の生活の邪魔をする生物。

 

見るだけで鳥肌が立ってくる虫も少なくはないと思います。

 

そんな虫の中で、夏に特に鬱陶しいのが「蚊」ですよね?

 

今回は、そんな鬱陶しい蚊を根本から駆除する方法をご紹介!

 

これで夏を快適に乗り切りましょう!

 

と、その前に、まずは蚊の生態について勉強していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

蚊は二酸化炭素に反応して寄ってくる

 

蚊は目が良い訳ではありません。

 

にも関わらず、我々が居る場所をピンポイントで蚊は狙ってきます。

 

実は、蚊は人や動物の呼吸によって生じる「二酸化炭素」に反応して寄ってくるんです。

 

なので、夏にBBQをした時なんかは、炭の煙から出る二酸化炭素を人間達と勘違いして、特に多く蚊が集まるんです。

 

鬱陶しい限りですね(笑)

 

蚊は地元が大好き??

 

蚊というのは、生まれた半径30m以内から、あまり動かないんです。

 

この生態についてあまり詳しい事は分かっていないのですが、恐らく、蚊の飛行能力の低さが関係していると思われます。

 

蚊は飛行能力がとても低く、息を吹きかけただけでも、まともに飛ぶ事が出来なくなってしまいます。

 

その飛行能力の低さ故、行動範囲も狭まるのでしょう。

 

生まれた場所からあまり動かないので、地元が好きと言えるのです。

 

そして、この「地元が大好き」という特性が駆除にとってかなり活きてくるのです。

 

「地元が大好き」という事は、

「地元の蚊さえ駆除してしまえば良い」

という事なんです。

 

では、どうすれば良いのか?

 

その方法をご説明していきましょう!

 

バケツを使って幼虫から駆除する

 

蚊というのは、少量の汚い水があれば、どこでも卵を産み付けます。

 

その特性を活かして、

玄関先やベランダに水を入れたバケツを置いておいて下さい。

 

蚊がバケツに寄って来るように、お菓子などを水に入れて、水を腐らせるのも効果的です。

 

そして、このバケツの水を一週間毎に一回取り替えるだけで駆除が完了します。

 

蚊は、卵から成虫には、およそ二週間程でなります。

 

なので、一週間毎に入れ替えるだけで、成虫出来ずに、死んでいってしまうのです。

 

一週間に一回バケツの水を取り替えるだけで、あなたの家の周りからは蚊がいなくなる筈です。

 

しかし、いくら家の周りの蚊がいなくとも、全く家に蚊が入らなくなる訳ではありません。

 

蚊の行動範囲は半径30mです。

 

他のエリアの蚊が侵入してくる事は十分考えられます。

 

もし、成虫した蚊が家の中に入ってきたら、どうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

成虫した蚊の対策方法

対策方法その1

蚊以外にも効果抜群なアロマを使う

 

ベランダや、部屋の中でアロマを焚いてみて下さい。

 

アロマには、虫が嫌がる成分が盛り沢山です。

 

蚊だけでなく、色々な虫が避けてくれます。

 

虫がいなくなり、あなたの家も良い香りで満たされます。

 

しかし、気を付けて欲しいのが、

100均のアロマはダメだという事です。

 

100均のアロマには、天然のアロマ成分が含まれていません。

 

虫が嫌がるのは天然のアロマ成分だけです。

 

虫を駆除する目的で買うなら、必ず天然のアロマ成分で出来たアロマにしましょう。

 

対策方法その2

万能の蚊駆除装置「蚊取り線香」を使う

 

やはり蚊を駆除する事において、蚊取り線香の右に出る者はいません。

 

天然成分由来なので、赤ちゃんやお年寄りがいるお部屋でも安心して使う事ができます。

 

勿論、その効果は絶大です!

 

屋外では効き目が薄れますが、屋内ではまさに最強と言えるでしょう。

 

アロマ程ではありませんが、蚊以外の小さな虫にもある程度の効果があります。

 

家の中で蚊取り線香を焚いて、蚊を一匹残らず駆除しましょう!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

幼虫から蚊を駆除するだけで、かなりの効果を実感できる筈です。

 

方法もとっても簡単なので、皆さんも是非お試し下さい!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!