使えるワザ

字を綺麗にしたい方必見!スグに字が上手くなる方法8選!

この記事は約4分で読み終えれます

 

字が汚いと不便な事だらけです。

 

印象も悪くなりますし、コミュニケーションも取りずらくなります。

 

年齢を重ねるにつれて綺麗な字を求めていきますよね?

 

なんとかして字を綺麗にしたい!だけど、字を綺麗にするには一朝一夕では身につかない・・・。

 

そう思っていませんか?

 

実は、ちょっとした事に気をつけるだけで、

字は見違える程に上手くなります!

 

そこで今回はスグに字が上手くなる方法をご紹介!

 

今すぐ実践出来る方法です!是非、試してみて下さい!

字が上手い人の特徴7選!下手な人とはココが圧倒的に違う! 字が上手い人って居ますよね? 字が上手いと色んな事が有利になります。頭も賢そうに見えますし、育ちも良く見えるでしょ...

 

 

スポンサーリンク

 

スグに字が上手くなる方法

方法その1・ゆっくりと丁寧に書く

 

字を綺麗に書きたければ、

字はゆっくりと丁寧に書きましょう。

 

当たり前の様に感じるかもしれませんが、コレは非常に大事な事です。

 

字を上手く見せようとして達筆風に書いたりしていませんか?

 

達筆風に書こうとすると、早く乱雑になってしまいます。

 

達筆風に書こうとしても汚くなってしまうだけです。

 

字が綺麗な人は皆丁寧に書いています。

 

ゆっくり丁寧に書くのは基本中の基本です。しっかりと守りましょう。

 

方法その2・正しい書き順で書く

http://qq4q.biz/yM29

画像参照元:http://qq4q.biz/yM29

 

文字を書く時は正しい書き順を守りましょう。

 

書き順とは、その字を最も美しく書ける順番です。

 

違う書き順で書いたりすると字のバランスが取れなくなります。字のバランスが取れないので字が汚くなるのです。

 

正しい書き順を守れば、かなり字は綺麗になります。

 

字の書き順が怪しければ、まずは書き順を学びましょう。

 

方法その3・漢字とひらがなは大きさを変える

1438290448-0111-001

画像参照元:http://qq4q.biz/yM2a

 

字を上手く見せる上でコレはとても大事です。

 

漢字とひらがなの大きさを変えるだけで字はかなり上手に見えます。

 

というのも、画数が少ない文字は目の錯覚で大きく見えるのです。

 

つまり、ひらがなはアナタが見ているよりも大きく感じているのです。

 

なので、漢字とひらがなの大きさが一緒だとバランスが悪く見えてしまいます。

 

漢字は少し大きめに、ひらながはそれよりも小さめに書きましょう。

 

すると目の錯覚のバランスが取れ、かなり上手な字に見えます。

 

スグに出来る方法なので是非実践してみて下さい。

 

方法その4・線は真っ直ぐ書く

http://qq4q.biz/yM2b

画像参照元:http://qq4q.biz/yM2b

 

丸みを帯びた線や曲線以外は線は真っ直ぐ書きましょう。線がフニャフニャしていると字は汚く見えますからね。

 

中心線は特に真っ直ぐを意識して下さい。

 

中心線は字で最も大事な線です。

 

ココが真っ直ぐでないと全体のバランスも悪くなります。

 

中心線は特に気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

方法その5・右上がり6度を意識する

http://qq4q.biz/yM2d

画像参照元:http://qq4q.biz/yM2d

 

字を書く時、

横線は右上がりを意識して下さい。

 

横の線を右に少し上げるだけで、かなり字が上手く見えます。不思議ですね(笑)

 

ただし、上げすぎると逆に変になってしまいます。

 

右に上げる角度は6度位にしましょう。

 

6度と言われても分からないと思います。まあ、ほんの少しで良いって事です。

 

ほんの少し右上がりにするだけで、かなり字が綺麗になりますよ!

 

方法その6・文字の間隔は統一する

http://qq4q.biz/yM2f

画像参照元:http://qq4q.biz/yM2f

 

あなたは文字を書く時、ぎゅうぎゅう詰めで書いたり間隔を空け過ぎたりしていませんか?

 

実は文字を綺麗に見せる為には文字と文字の間隔は非常に大事です。

 

文字の間隔がバラバラだと字がどれだけ綺麗でも全体のバランスが悪くなります。

 

文字単体で見ると綺麗なんですが、文章として見た時汚く見えてしまうのです。

 

文字と文字の間隔は等間隔にしましょう。

 

方法その7・姿勢を正して書く

 

字を綺麗に書こうと意識すると紙と顔が近くなってしまう事があります。

 

実はその姿勢は物凄くダメな姿勢です。

 

紙と顔が近くなると全体のバランスが掴めません。

 

全体のバランスが掴めないと、いつのまにか字が歪んできたりしてしまいます。

 

字を書くときは背筋を伸ばして良い姿勢で書くようにしましょう。

 

決して、紙と顔を近づけてはいけませんよ。

 

方法その8・ペンはゆったり持つ

 

字を書く時、綺麗な字を書こうと意識してペンをガチガチに持っていませんか?

 

ペンをガチガチに持ってしまうと字にも要らない力が加わります。

 

字に余計な力が加わると線が歪む原因になります。

 

線が歪んでしまうと、字も汚くなってしまうのです。

 

ペンを持つ時はゆったりと持つ様にしましょう。

 

リラックスした状態で字を書く事が大事です。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

この8つの方法を実践するだけでスグに字は綺麗になります。

 

特に、ひらがなと漢字の大きさは重要です。これを変えるだけでも、かなり字が綺麗に見えます。

 

是非、試してみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!