その他

SNSのアイコンから分かる深層心理!12パターンを徹底解説!


この記事は約6分で読み終えれます

 

あなたはやっていますか?

 

SNS

 

今ややっていない人はごくごく少数でしょう。

 

LINEやTwitterやFacebook多くの人が利用していると思います。

 

そんなSNS。

 

プロフ画像ってありますよね?あなたも設定していると思います。

 

実はそのプロフ画像には、その人の深層心理が現れるんです!

 

今回は、そんなプロフ画像に現れる深層心理を徹底解説!

 

12のパターンに分けて、それぞれ詳しくご説明していきます!

 

あなたや、あなたの周りの人。SNSのプロフ画像を見て、その深層心理を探りましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

プロフ画像で深層心理が分かる!

http://urx2.nu/Arom

画像参照元:http://urx2.nu/Arom

 

プロフ画像でその人の深層心理が分かってしまいます。

 

適当に決めているつもりでも実は深層心理が出てしまうんです。

 

この深層心理はどんな人にも当てはまります。早速ご紹介していきましょう。

 

プロフ画像で分かる深層心理

その1・自分の写真にしている人

http://urx2.nu/Aros

画像参照元:http://urx2.nu/Aros

 

SNSを自分の写真にしている人は「今の自分を見せたい」と言う気持ちが強い人です。

 

過去の自分にとらわれるのではなく、今の自分を見てほしいんですね。

 

またカメラ目線で写っていたら、かなり容姿に自信があるのでしょう。

 

容姿に自信が無い人はカメラ目線になったりしません。

 

まあ、自分の画像を選んでいる時点で多少自信はあるでしょうね(笑)

 

その2・自分の顔の一部にしている人

http://urx2.nu/AroM

画像参照元:http://urx2.nu/AroM

 

自分の顔をアップして、その一部をプロフ画像にしている人。

 

こういう人は自己意識がとても強いです。

 

人に自分を良く見て欲しくてたまらない人です。そして、かなりの自信家でもあります。

 

容姿にも自信があるのでしょう。

 

また、自己愛が強く少々ナルシスト気味でもありますね。

 

男性でこのプロフ画像の人は、ちょっと気をつけた方が良いかもしれません(笑)

 

その3・自分が小さく写っている画像

http://urx2.nu/Arp4

画像参照元:http://urx2.nu/Arp4

 

自分が小さく写っている写真を画像にしている人は、恥ずかしがり屋さんな事が多いです。

 

何よりもプライバシーを重視する傾向がありますね。

 

警戒心が強く、見知らぬ人には近付かない。保守的な一面もあります。

 

基本的にはシャイな性格なので、人と自然に打ち解けるのが難しい人種でもあります。

 

その4・自分の変顔や面白い画像

http://urx2.nu/Arp7

画像参照元:http://urx2.nu/Arp7

 

自分の変顔や面白い画像をプロフ画像にしている人は、今の自分に不満がある人です。

 

今の自分に不満があり、理想の自分とのギャップを感じています。

 

そのギャップの苦しみが変顔と言う形になって現れているのです。

 

また、自分を人に良い風に見られたいとも思っていますね。

 

その5・仕事中の画像

http://ur0.link/AmHl

画像参照元:http://ur0.link/AmHl

 

仕事中の写真をプロフ画像にしている人は自分をよく見せたい人です。

 

少々偽善者の傾向もあります。

 

また、人間性に裏表がある人も多いですね。ちょっとブラックな部分も垣間見れます。

 

ただ、仕事中の写真をプロフ画像にしているだけあって、仕事に対しては並々ならぬ自信があります。仕事が出来る人も多いです。

 

かなり稼いでいる人かも知れません。

 

その6・友達と写っている写真

3f_org

 

友達と写っている写真をプロフ画像にしている人は仲間意識が強い人です。

 

そのままですね(笑)

 

どちらかと言うと自分よりも協調性を重んじるタイプ。自己主張はあまり強くない人が多いです。

 

また人に「いい人」だと思われたい気持ちも強いですね。

 

個人行動よりも団体行動が好きな特徴もあります。

 

スポンサーリンク

 

その7・似顔絵やアバターにしている人

http://urx2.nu/Arpe

画像参照元:http://urx2.nu/Arpe

 

似顔絵やアバターをプロフ画像にしている人は自分に自信が無い人が多いです。

 

自己主張はしたいけれど、あまり自分に自信が無いのです。

 

ただ、プライドはかなり高い可能性が高いですね。

 

「やれば出来る!」と、心の奥底では思っています。

 

とても真面目な性格の人が多いので、頼み事を断れないタイプでもありますよ。

 

その8・芸能人や有名人の画像にしている人

http://urx2.nu/Arpk

画像参照元:http://urx2.nu/Arpk

 

芸能人の写真をプロフ画像にしている人は、憧れを抱きやすい性格ですね。

 

特に、女性の場合は理想が高い事が多いです。

 

また、その芸能人の持つ長所がその人の願望を表している事が多い。

 

自分が心の底で思っている事が芸能人の画像であらわれているのです!

 

また、思いが強いタイプでもあるので、恋愛においては一途な人が多いですよ。

 

その9・風景の画像

http://urx2.nu/Arpt

画像参照元:http://urx2.nu/Arpt

 

風景の写真をプロフ画像にしている人は気遣い屋さんが多いです。

 

自分が楽しむ事よりも、他人が楽しむ事を優先したりします。気配り上手な女性に多いタイプですね。

 

また、自己評価がとても厳しく、人前に出るのが苦手でもあります。

 

その10・ペットの画像

http://urx2.nu/ArpB

画像参照元:http://urx2.nu/ArpB

 

ぺっとの写真をプロフ画像にしている人は寂しがり屋な人が多いです。

 

ペットの画像を使っている人は、誰かとの心の繋がりを求めています。寂しがり屋で、癒やしを欲しているのです。

 

「自分は平均以上のスペックはある。」と、自覚はしていますが自分の写真を載せる事はしません。

 

自分の写真を載せてしまうと、とっても恥ずかしいからです。少々シャイな人にも多い傾向と言えますね。

 

その11・趣味の画像

http://urx2.nu/ArpE

画像参照元:http://urx2.nu/ArpE

 

趣味の画像をプロフ画像にしている人は、人生をとても充実している人が多いです。

 

人生を楽しんでいる証拠ですね。

 

また、趣味の画像にする事で人と人との繋がりも求めています。趣味仲間と繋がるチャンスを伺っているんです。

 

仲間意識が強い事も特徴ですよ。

 

その12・初期設定のまま

http://urx2.nu/ArpI

画像参照元:http://urx2.nu/ArpI

 

プロフ画像が初期設定のままの人は機械オンチの可能性が高い。

 

そして、あまりSNSも活用する気がありません。

 

できる事ならば誰とも絡みたいとは思っていませんね。

 

ネットの付き合いよりも、リアルの付き合いを大事にするタイプです、

 

画像の更新頻度が高いのは何故?

http://ur0.link/AmMK

画像参照元:http://ur0.link/AmMK

 

画像の更新頻度が高い人って居ますよね?

 

実は画像を変える頻度が高い程、現実とSNSのキャラが違う人が多いです。

 

そして、ストレスを抱えている人も多いです。

 

私生活に対するストレスをSNSにブチまける人が多いですね。

 

また、寂しがり屋さんで少々かまってちゃんでもあります。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事をまとめると、こんな感じですね。

 

プロフ画像で深層心理が分かる!
  • 適当に設定してるつもりでも、深層心理が出てしまう
プロフ画像で分かる深層心理
  1. 自分の写真にしている人:今の自分を見せたいと言う気持ちが強い
  2. 自分の顔の一部にしている人:自己意識がとても強い
  3. 自分が小さく写っている画像:恥ずかしがり屋さんな事が多い
  4. 自分の変顔や面白い画像:今の自分に不満がある人
  5. 仕事中の画像:自分をよく見せたい人
  6. 友達と写っている写真:仲間意識が強い人
  7. 似顔絵やアバターにしている人:自分に自信が無い人が多い
  8. 芸能人や有名人の画像にしている人:憧れを抱きやすい性格
  9. 風景の画像:気遣い屋さんが多い
  10. ペットの画像:寂しがり屋な人が多い
  11. 趣味の画像:人生をとても充実している人が多い
  12. 初期設定のまま:機械オンチの可能性が高い
画像の更新頻度が高いのは何故?

 

 

あなたはどの画像を使っていますか?

 

そして、どんな心理状態でしたか?

 

SNSのプロフ画像から、こんな事まで分かってしまうんです!

 

画像を選ぶ時は注意して選んで下さいね!(笑)

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!