大学生カップル

大学生カップル必見!恋人との同棲のメリットデメリットとは?


 

大学生にもなるとカップルのあり方も様々です。

 

高校生の頃と違って色んな選択肢が生まれるでしょう。

 

その選択肢の中の一つに、

恋人との同棲と言う選択肢があると思います。

 

でも、実際同棲するとなると、

色々と面倒な事もありそうですよね?

 

そこで今回は、

大学生カップルが同棲する事で生じるメリットとデメリットをご紹介!

 

同棲を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

大学生カップルが同棲するメリット

その1・お互いを知れる

 

大学生カップルが同棲するメリットとして、

まず最初に挙げられるのはコレです。

 

同棲をする事によってお互いを知る事になれます。

 

相手の食文化、どういう生活スタイルなのか?

 

その全てを知る事が出来ます。

 

生活スタイルを知っておく事はかなりのメリットです。

 

結婚した後に生活スタイルを知り、

もしもそれが許容出来ないスタイルだったら・・・

 

考えただけでもゾッとしますね。

 

同棲をする事によって事前に知る事が出来るので、

様々な対策を立てる事が出来ます。

 

その2・寂しい時間が無くなる

 

同棲をする事によって寂しい時間が無くなります。

 

だって、家に帰ったらいつでも恋人が居るんです。

 

寂しい時間なんて無くなります。

 

いつでも恋人と接していたい。

 

そんな、寂しがり屋さんにとっては最高のメリットですね。

 

その3・恋人と長い時間一緒に居れる

 

また、寂しい時間が減るだけではありません。

 

同棲をする事で常に恋人と一緒に居る事が出来ます!

 

ラブラブ度が高い時は最高のメリットですね!

 

常に恋人と一緒に居る事ができ、

寂しい時間も無くなる!

 

なんて素晴らしいメリットなんでしょうか!

 

その4・イチャイチャ出来る

 

同棲をする事でイチャイチャし放題です。

 

家の中なんて誰の目もありません。

 

ましてや同棲です。

 

家の中にはあなた達しか居ないのです。

 

誰の目を気にする事もなく、

いつまでもイチャイチャする事ができます。

 

同棲をする事の最大のメリットとも言えるでしょう。

 

以上が同棲のメリットです。

 

では続いて、

同棲した時に生じるデメリットについてご説明しますね!

 

スポンサーリンク

 

同棲のデメリット

その1・異性と遊べなくなる

 

同棲をする事によって異性と遊べなくなります。

 

当然の事の様に思うかも知れませんが、

これは結構なデメリットです。

 

なんせ、大学生は遊び盛り。

 

男女の関係にならずとも、

男女で遊ぶ事は多々あるでしょう。

 

でも、そういう事が出来なくなってしまいます。

 

同棲しだしたら、

そういう情報は筒抜けになってしまいますからね。

 

その2・一人の時間が無くなる

 

男性は辛い人も多いのでは?

 

同棲をする事によって一人の時間が無くなります。

 

そりゃそうですよね(笑)

 

同棲をしていない時だと家の中は一人きりの空間です。

 

一人きりになりたい時は家に居れば良かったのです。

 

しかし、同棲を開始すると、

家の中は一人きりの空間では無くなります。

 

一人が大好きな人にとってはかなり辛いデメリットです。

 

その3・お金が貯まらなくなる

 

同棲をする事によって、

お金が貯まらなくなります。

 

大学生ってあまりお金がありませんよね?

 

親からの仕送りで生活している人も少なくはないでしょう。

 

ですが、同棲を開始するとなると、

ある程度の大きさの部屋を借りなければなりません。

 

単純に食費も2倍になってしまいます。

 

お金の出費が多くなるので、

お金も貯まりにくくなるでしょう。

 

その4・勉強に集中出来ない

 

同棲をする事によって勉強に集中出来なくなります。

 

同棲をする事によって四六時中イチャイチャできます。

 

しかし、それは裏を返せば、

「勉強に集中出来なくなる」

と、言う事なんです!

 

イチャイチャを取るか勉強を取るか。

 

非常に難しい問題ですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が、同棲のメリットとデメリットです。

 

筆者は一人が大好きなので、

正直、一人になれないのは辛いです。

 

筆者なら、デメリットの方が大きいですね。

 

あなたも自分の性格と照らし合わせて、

メリットが大きいのか?

デメリットが大きいのか、考えてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事もオススメ!