大人になれば、

誰でも綺麗な字になる。

 

筆者は子どもの頃、

そう思っていました。

 

だけど現実には、

大人になったからと言って、

字が上手くなる事はありませんでした。

 

大人になってからも筆者は、

長い間字が汚いままでした。

 

しかし、

ある簡単な事に気をつけるだけで、

字が上手くなったのです!

 

今回は、そんな、

綺麗な字を書くためのテクニックをご紹介!

 

皆さんも、簡単な事に気をつけるだけで、

字がとても上手に見えますよ!

スポンサーリンク

綺麗で上手い字の書き方テクニック9選

1・漢字とひらがなの大きさを変える

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/ygkx

 

字を綺麗に見せる為には、

字の大きさのバランスはとても大事です。

 

字の大きさのバランスが悪いと、

字が汚く見えてしまいます。

 

バランスを良く見せる為に、

「ひらがな」と「漢字」の大きさを変えてみましょう。

 

「ひらがな」は小さ目に、

「漢字」は大き目に書いてみて下さい。

 

コレを意識するだけで、

かなり字が上手く見えます。

 

「ひらがな」というのは、

どれも画数が少ないですよね?

 

人間の目は、

画数が少ない文字を

大きく感じてしまうのです。

 

いわゆる、目の錯覚って奴ですね。

 

その錯覚を利用して、

画数の少ない「ひらがな」を小さく書く事で、

文字のバランスが取れ、上手に見えるのです。

 

2・文字の傾きを揃える

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/ygkK

 

字を上手に見せる為には、

文字の傾きは揃えましょう。

 

文字の傾き方がバラバラだと、

字が汚く見えてしまいます。

 

逆言うと、

字が汚くても傾きさえ揃えれば、

それなりに上手く見えるんです。

 

また、字全体を真っ直ぐ書くと、

より綺麗な字に見えます。

 

字の傾きを揃えて、

真っ直ぐ書く様にしましょう。

 

3・右上がりに書く

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/ygkS

 

文字を書く時は、

右上がりに書く事を意識して書いてみて下さい。

 

横線を引く時、

右上がりに書くと、

それだけで上手く見えます。

 

ただし、右上がりと言っても、

角度をつけ過ぎるのはダメです。

 

角度は6度位がベストです。

 

6度以上上げてしまうと、

逆に下手くそに見えてしまいます。

 

4・ゆっくり丁寧に書く

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/ygkX

 

文字を上手に書く上で、

ゆっくり丁寧に書くのはとても大事。

 

速く書けば、

それだけ文字は乱雑します。

 

やっぱり綺麗な字を書こうと思えば、

ゆっくり丁寧に書くのが一番。

 

字を書く事を焦っても、

汚くなるだけです。

 

綺麗で上手な字を書きたければ、

ゆっくり丁寧に字を書きましょう。

スポンサーリンク

5・字間を揃える

tokyo_0821

画像参照元:http://u0u0.net/ygl9

 

字を書く時は、

字間を揃えて書いてみて下さい。

 

字間とは、

字と字と間の間隔の事です。

 

字間がバラバラだと、

字そのものが綺麗でも、

全体が汚く見えてしまいます。

 

字間を揃えて書く事で、

全体のバランスが良く見えるのです。

 

字そのものだけでなく、

字間も意識して書いてみましょう。

 

6・姿勢を正して書く

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/yglc

 

綺麗で上手な字を書きたかったら、

姿勢は正して書きましょう。

 

猫背やまるまった姿勢で書くと、

字が汚く見えてしまいます。

 

猫背やまるまった姿勢で書くと、

全体のバランスが掴みにくいからです。

 

しっかりと姿勢を正して、

俯瞰から文字を見れる様にしましょう。

 

俯瞰から文字を見る事で、

全体を通してのバランスが感じやすくなり、

文字も上手に書く事が出来ます。

 

7・右下へのハライを大きくする

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/yglk

 

右下へのハライを大きくする事で、

字はとても綺麗に見えます。

 

先程言いましたが、

字は右上がりに書くと、

より綺麗に見えます。

 

右に上げた分、

右下へのハライを大きくする事で、

字、全体のバランスが良くなるのです。

 

右上がりに文字を書いたら、

より意識して、

右下へのハライを大きくしましょう。

 

8・中心線は真っ直ぐにする

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/ygls

 

文字を書く時は、

中心線を真っ直ぐ書きましょう。

 

文字の中心の線がブレブレだと、

文字が汚く見えてしまいます。

 

中心線が真っ直ぐなだけで、

文字は何倍も綺麗に見えます。

 

基本的に、文字を書く時、

線は真っ直ぐが理想的です。

 

それはどの線であってもです。

 

その中でも、

中心線は特に気を付けて

真っ直ぐにする様にして下さい。

 

9・正しい書き順で書く

20151011103208

画像参照元:http://u0u0.net/yglH

 

文字は正しい書き順で書きましょう。

 

書き順とは、

その文字を一番綺麗に見せる為のものです。

 

書き順を守らないで文字を書くと、

文字のバランスが悪くなってしまいます。

 

書き順って、

意外と大事なんですよ?

 

書き順を意識しないで書いている人は、

書き順を意識して書いてみましょう。

 

正しい書き順を守るだけで、

文字は簡単に綺麗になります。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

どの書き方テクニックも、

とても大事な事ばかりです。

 

が、特に大事なのは、

「ひらがな」と「漢字」のバランスです。

 

「ひらがな」を小さく書くだけで、

文字はとても綺麗に見えます。

 

文章を書く時や、

手紙を書く時。

 

ひらがなと漢字を織り交ぜて文字を書く時は、

文字の大きさを意識して書いてみて下さいね!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

字が上手い人の特徴7選!下手な人とはココが圧倒的に違う!

字を綺麗にしたい方必見!スグに字が上手くなる方法8選!

字がドンドン上達する練習方法6選!綺麗で上手な字を書こう!