小学生は私達が思っているよりも、

理解力が低い生き物です。

 

大人に接するような教え方では、

物を理解できない事が多々あります。

 

筆者は休日に小学生に対して、

野球のコーチのような事をしています。

 

始めてみて思ったんですが、

小学生の理解力はまだまだ低い。

 

大人が思っているよりも何倍も低いのです。

 

小学生ってまだまだ全然子供なんです。

 

ずっとコーチを続けていくうちに、

小学生に物を教えるにはコツがある事が分かりました。

 

そのコツさえ守っていれば、

小学生は驚くほど理解して物事を覚えてくれます。

 

このコツはどんな事にも応用できます!

 

小学生に何かを教える時は、

是非参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

小学生に物を教える時のコツ

1・一度の説明に教える事は一つ

画像参照元:http://qq3q.biz/AYmb

 

小学生に物を教える時のコツその1は、

「一度の説明に教える事は一つ」です。

 

小学生の理解力は全然低いです。

 

一度に色んな事を教えられても、

全く理解してくれません。

 

色んな事を教えられると、

最悪一つも覚えれないかも知れません。

 

小学生に物を教える時は、

一度の説明につき一つにしましょう。

 

二つ以上話すと、

覚えられません。

 

2・難しい言葉は使わない

画像参照元:http://qq3q.biz/AYmc

 

小学生に物を教える時のコツその2は、

「難しい言葉は使わない」です。

 

説明する時にこれは非常に大事。

 

大人が思っている以上に、

小学生は言葉を知りません。

 

難しい言葉を言われても、

何を言っているのかが分からないのです。

 

何を言っているか分からないから、

その言葉の意味を聞いてくれば良いです。

 

その意味を説明できますからね。

 

でも、大概の小学生は、

分からない言葉を言われても、

分かったフリをしてしまいます。

 

分かったフリをしてしまうと、

もう、最悪です。

 

慣用句やことわざなんて言語道断。

彼らは絶対に理解できません。

 

小学生に何かを教える時は、

できるだけ難しい言葉は使わなようにしましょう。

 

3・覚えるまで何度でも言う

画像参照元:http://qq3q.biz/AYmd

 

小学生に物を教える時のコツその3は、

「覚えるまで何度でも言う」です。

 

何度も言っていますが、

小学生は理解力が低いです。

 

一度の説明で一つしか覚えれません。

 

そして、その一つも覚えるのに時間がかかります。

 

一つを覚えるようになれるまで、

何度でも言ってあげましょう。

 

何度でも言って、

覚えたら次の説明に入る。

 

もし、忘れてしまったら、

また最初の説明からする。

 

この繰り返しが大事です。

 

根気よくいきましょう!

 

4・覚えたらしっかりと褒めてあげる

画像参照元:http://ur0.pw/AD9G

 

小学生に物を教える時のコツその4は、

「覚えたらしっかりと褒めてあげる」です。

 

褒める事はとても大事です。

 

何か一つでも覚えたら、

その事をしっかりと褒めてあげましょう。

 

褒めてあげる事によって、

小学生はヤル気が更に増します。

 

褒めないでいると、

ヤル気なんて上がりませんからね。

 

スキあらば褒める!

位の感じでいきましょう!

スポンサーリンク

5・説明は短く簡潔に

画像参照元:http://qq3q.biz/AYmf

 

小学生に物を教える時のコツその5は、

「説明は短く簡潔に」です。

 

小学生に説明をする時、

ついつい長い説明になっていませんか?

 

小学生は理解力も低いですし、

集中力も長く続きません。

 

長い説明をされたところで、

全然聞いてませんよ(笑)

 

小学生に説明をする時は、

短く簡潔に行いましょう。

 

できるのであれば、

一言にまとめる事が大事です。

 

短ければ短い程グッドです!

 

6・笑いの要素を入れてあげる

画像参照元:http://ur2.link/AxEA

 

小学生に物を教える時のコツその6は、

「笑いの要素を入れてあげる」です。

 

小学生に物を教える時は、

楽しませてあげる事が大事です。

 

楽しませてあげる事ができれば、

彼らはヤル気を持って説明を聞きます。

 

ヤル気を持って説明を聞けば、

勝手にドンドン吸収していってくれます。

 

楽しませてあげる為にも、

説明に笑いの要素をいれてあげましょう。

 

笑いの要素が加われば、

小学生は楽しんでくれますからね!

 

笑いの要素をいれる方法は、

コチラの記事でご紹介しています。

関連記事

面白い話の作り方!大事なのは「ネタの選び方」と「緊張と緩和」

 

是非、参考にしてみて下さい!

 

7・決して馬鹿にしてはいけない!

画像参照元:http://ur0.pw/AD9n

 

小学生に物を教える時のコツその7は、

「決して馬鹿にしてはいけない!」です。

 

小学生は理解力が低いです。

それでいて集中力も続きません。

 

ハッキリ言ってまだまだ子供です。

 

ですが、彼らも立派な一人の人間。

ちゃんと自我だって持っています。

 

馬鹿にされて嬉しがる人間なんて居ないでしょう。

 

子供扱いして馬鹿にするのではなく、

ちゃんと一人の人間として扱ってあげましょう。

 

馬鹿にされてしまうと、

聞く事を放棄してしまいますよ。

 

8・質問には誠意を持って答える

画像参照元:http://urx.mobi/AQaj

 

小学生に物を教える時のコツその8は、

「質問には誠意を持って答える」です。

 

小学生に物を教えたら、

質問される事もあるでしょう。

 

質問してくると言うのは、

とっても素晴らしい兆候です。

 

疑問を抱いていると言う事は、

小学生なりに理解しようとしているのです。

 

なので、質問してきたら、

誠意を持って答えてあげましょう。

 

無下に扱ってはいけません。

 

もし、アナタも分からない質問をしてきたら、

ちゃんと「分からない」と言う事が大事です。

 

誠意を持って答えれば、

その誠意は伝わりますよ!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

このコツをしっかり守れば、

かなり理解してくれる筈です。

 

覚えも早くなるでしょう。

 

是非、覚えておいて下さいね!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

子供の集中力を驚く程に高める方法!大事なのは褒めてあげる事!

仕事を上手に教えるコツ7選!教え方次第で仕事の出来が変わる!

子供の一生の思い出に!クリスマスのサプライズ演出方法5選!

子供も大人も楽しめる!雪が積もった時の面白い遊び方6選!