成人すると、

飲み会の誘いが多くなります。

 

楽しい飲み会もあるでしょうが、

中には行きたくない飲み会もあるでしょう。

 

行きたくないけれど、

流れ上一度OKしてしまった。

 

なんとか前日までに断りたい!

 

そんな場面も多いでしょう。

 

そこで今回は、

前日までに飲み会を断る方法をご紹介!

 

断る時は、

誠意を持つ事が大事です。

スポンサーリンク

どこまでがドタキャン?

http://u0u0.net/zs29

画像参照元:http://u0u0.net/zs29

 

ドタキャンは迷惑がかかりますし、

なんとか避けたい所ですよね?

 

ではそもそも、

どこまでがドタキャンなのでしょうか?

 

人によって解釈は異なると思いますが、筆者は、

いつから飲み会が決まっていたか?

が、重要だと思います。

 

かなり前から決まっていた飲み会で、

その飲み会をOKしていた。

 

それを前日に断ったら、

ドタキャンの部類に入るでしょう。

 

昨日今日決まった飲み会を、

前日に断るのはドタキャンにはならないと思います。

 

明確な期限を言うならば、

2週間以上前から決まっている飲み会ならば、前日のキャンセルはドタキャンでしょう。

 

2週間以上前から決まっていた飲み会は、

前日でも十分ドタキャンになります。

 

どれだけ理由をつけても、

ドタキャンだと思われてしまっても、

仕方が無いと思います。

 

ですが、どうしても行きたくないのなら、

その批判も覚悟の上で断りましょう。

 

本当に用事なら誠意を持って断ろう!

http://u0u0.net/zs2c

画像参照元:http://u0u0.net/zs2c

 

行きたい飲み会だったけれど、

本当に行けなくなってしまった。

 

そういった場合もあるでしょう。

 

先程も言った様に、

場合によってはそれでも、

ドタキャンと思われるでしょう。

 

しかし、その場合は仕方がありません。

 

本当に行けなくなったのなら、

その理由を正直に話しましょう。

 

そして、誠意を持って謝りましょう。

 

そうすれば幹事の人や相手の人も、

あなたの気持ちを理解してくれる筈です。

 

とにかく大事なのは、

誠意を持って謝る事です。

スポンサーリンク

もう予約してしまっている場合は?

http://u0u0.net/zs2f

画像参照元:http://u0u0.net/zs2f

 

随分前から決まっている飲み会の場合、

もう予約してしまっている事もあるでしょう。

 

大人数で飲みに行く時は、

一人あたりの値段を取られます。

 

一人が急に行けなくなってしまうと、

皆に迷惑がかかってしまいます。

 

なので、そういった時の場合は断る時、

潔くお金を払いましょう。

 

潔くお金を払えば、

遺恨は残らない筈です。

 

幹事や相手によっては、

「お金は払わなくても良いよ」

と、言ってくれる事もあるでしょう。

 

しかし、その言葉を待っていてはいけません。

 

誠意を相手に見せるのならば、

こちらから、払う意思がある事を伝えましょう。

 

その上で「払わなくて良いよ」と言われたら、

払う必要は無いと思います。

 

しかし、図々しくその言葉を待つのは、

あまりに身勝手な行為です。

 

誠意を見せると思って、

お金は払うと、こちらから言いましょう。

 

バレる嘘をついてはいけない!

http://u0u0.net/zs2h

画像参照元:http://u0u0.net/zs2h

 

飲み会を断る時、

理由は様々でしょう。

 

「体調不良」

「仕事が忙しい」

「外せない家の用事」

 

どんな理由を言う時も、

バレる嘘は言わない事です。

 

数パーセントでもバレる可能性があるのなら、

その嘘をつくのは止めておきましょう。

 

嘘が後でバレてしまうと、

かなり面倒です。

 

嘘がバレる様な行為も厳禁です。

 

飲み会を断っておきながら、

何処かに遊びに行く。

 

こんな事をしてしまったら、

誰かにバレるかも知れません。

 

嘘をついたのならば、

つきとおすのが筋です。

 

バレない様に、

徹底した嘘をつきましょう。

 

次回の布石を忘れない!

http://u0u0.net/zs2n

画像参照元:http://u0u0.net/zs2n

 

前日に飲み会を断る時は、

次回の布石を忘れてはいけません。

 

「次また誘ってね!」

「次は必ず行ける様にする!」

 

こういったセリフがあるだけで、

あなたの印象は良くなります。

 

本当に行くかは置いておいて、

こういった一言はとても大事です。

 

「本当は行きたかったけど、

どうしても行けなかったんだな~」

 

という感情を相手に抱かせれるからです。

 

前日に断る時は、

次回への布石をきっちり打っておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

筆者は良く飲み会の幹事をする人間なので、

幹事側の気持ちが良く分かります。

 

当日のドタキャンは、

本当に面倒臭いです。

 

キャンセル料も発生しますし、

皆へのフォローも面倒です。

 

どうせ行かないのであれば、

前日のキャンセルは本当に助かります。

 

ドタキャンと思われる事もあるでしょうが、

当日のドタキャンよりは全然マシです。

 

恐れずに、断る勇気を持って下さい。

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

これなら大丈夫!当日でも嫌がられない飲み会の断り方4選!

ドタキャンは避けたい!行きたくない飲み会の前日からの断り方!

行きたくない飲み会で使える断り方!相手が嫌な顔をしない理由7つ

会社での飲み会の二次会の上手な断り方5選!キッパリと断ろう!

こんな心境だった!飲み会が嫌いな人が実は思っている心理7つ!

お金が無いとは言えない…金欠を悟らせない飲み会の断り方5選!

上司に行きたく無い飲み会に誘われた時に使える断り方5選!

新入社員必見!上司との関係が円滑に進む飲み会の上手な断り方3選!