みなさん、これまでの人生で一度は

医者に診てもらった事はありますか?

 

多分100%の人があると思います。

 

生まれた瞬間は予防接種などで

絶対にお世話になっているはずです 笑

 

さて、医者に診てもらった後に薬局でもらえる薬ですが

最近「後発医薬品」という言葉をよく聞くのではないでしょうか?

 

この「後発品」とは何なのか?

そして対になる言葉の「先発医薬品」との違いは何なのか?

 

元薬メーカーで働いていた筆者が、

今回はこの違いを書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも「先発医薬品」と「後発医薬品」の違いとは??

画像参照元:http://u0u0.net/CtcE

 

先発医薬品とは

一番最初に発売された医薬品になります。

 

先に発売されたから「先発医薬品」ですね。

 

対して先発医薬品が出てから後(だいたい20年〜25年)に

発売された医薬品を後発医薬品と言います。

 

別の言い方でジェネリック(日本語の意で一般的な、ブランドに囚われない)とも言われますね。

 

この後発医薬品は、先発医薬品と同じ成分、

同じ効果を持ちかつ値段は7割〜半額程度となっております。

 

なので一般的には後発医薬品を選択することで

出費を抑えることができます。

 

なぜ、後発医薬品は安価に購入できるのか?

 

このことについて次の章で説明していきます。

 

なぜ、先発医薬品より後発医薬品が安いの??

画像参照元:http://ur0.pw/BHk8

 

先発医薬品は薬を先に世の中に出すためには、

一般的な製造業と異なり、何百億というお金が

何十年という歳月が掛かっております。

 

しかも、時間とお金を掛けた薬も途中で

効果がないと分かればその時点で中止になっていますので

かなりハイリスクな世界です。

 

ただ、一度世に出て効果が認められれば

何千億という利益を生み出してくれますので、

企業は積極的に薬の開発に投資を行っています。

 

逆に後発品は先発医薬品の特許が切れた時点で発売される薬です。

 

特許が切れた時点で成分や製造工程が公開され、

開発に掛けるお金と歳月を大幅にカットすることができるので、

安く発売されているのですね。

 

国は今、後発医薬品を広めようとかなり躍起になっております。

 

なぜ国が勧めているのか?

 

それは国民皆保険制度が関係しております。

 

日本は誰もが良質な医療を受けられるようにと

国民皆保険制度が整っていますが、

現在この制度を保つための財源がかなり枯渇していると言われております。(というより既に破綻状態です 笑)

 

なので先発医薬品を使うよりも

安価な後発医薬品を促進することで、

この医療費を抑えようとしているのですね。

 

現在日本の後発医薬品が占める割合は約50%ほどです。

 

これは欧米諸国の70〜80%と比べると大きく遅れています。

 

なぜ、日本では後発医薬品が進まないのか?

 

次の章でこのことについて書いていきます。

スポンサーリンク

「先発医薬品」と「後発医薬品」は全く一緒なの??

画像参照元:http://ur0.pw/CuK5

 

最初の方で「先発医薬品」と「後発医薬品」は

「同じ成分で、同じ効果」があると述べました。

 

それでも日本ではさほど普及しておりません。

 

なぜなのか?

 

実は先発医薬品と後発医薬品は

効果に違いがあるのではないか?

 

という考えを持っている医者が

多い事が一つの原因です。

 

そこで関係してくるのが薬に使われる「添加物」です。

 

後発医薬品は主成分は同じであり、

厚労省が検査を行い販売許可を出しておりますが、

添加物については触れてはいません。

 

(誤解がないように言いますが、

あまりに品質が悪いと販売許可も出ません。

厚労省の検査はかなり厳密に行われております。)

 

この添加物が効果に関係しているのでは?

と考える医者も少なくありません。

 

なので、医者はあまり後発医薬品を出したがらない=

後発医薬品が日本で普及しない、

という状況になっております。

 

私自身は正直どこまでが真実かはわかりません。

 

ただ昔は後発医薬品の販売許可はゆるかったので、

効果が弱いといった薬があったことは確かです。

 

もしかするとその時の記憶を

今に引きずってしまっているのかもしれませんね。

 

今では検査もかなり厳しくなっておりますし、

各企業も品質管理に関しては

徹底して行っております。

 

た・だ・し!!

実際不透明な所はあります。

例えば、供給元の存在です。

 

特許が切れて成分等が公開された後も

成分の供給元は開示されません。

 

なので、厚労省の試験を行った時と

異なった供給元の成分で作られていると

もしかすると、品質的に疑問が残る

物が販売されているかもしれません・・・

まとめ

 

少し業界の裏みたいな所を今回は覗いてみました。

 

まだまだ過激な事を書いてみたい気もしますが・・・ 笑

 

何度も何度も繰り返しますが、

現在の品質管理は徹底されております。

 

中途半端な物は簡単に販売許可はおりません。

 

ただし、「本当に効果は同じなのか?」と

疑問を持つ医者がいる事も事実です。

 

私自身は少し国が急ぎすぎているのかな?

と思いますね。

 

ただ財政がない事も分かっていますので、

できるだけ出費を抑えられる方に協力したいという

気持ちはあります。

 

この辺りの国の想いと各メーカに対する

情報開示をより積極的に行った方が

良いかもしれません。

 

皆様はいかがでしょうか??

自分自身が納得する選択が出来るように

今回の記事が参考になれば嬉しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!!

薬の知識!知らないと損をする?押さえておきたい危険な副作用!

製薬会社に伴う責任とは?薬の副作用報告の義務などについて!

敏感肌、乾燥肌をしっかり解決!適切な入浴剤の選び方をご紹介