雨の日は憂鬱。

 

最近は雨が多く、

気分も憂鬱になりますよね。

 

「雨に濡れるのが嫌」

「出かけるのが億劫だなぁ」

そう思う方は少なくないでしょう。

 

しかし、雨の日というのは、

気分の問題だけでなく、

体にも影響を及ぼしているのです。

 

「雨の日になると頭痛がする」

という経験がありませんか?

 

頭痛の原因には、疲労やストレス、

血行の悪さといったものが

原因であると言われていますが、

天気も頭痛の原因の1つと

なっているようです。

 

今回は、雨の日に頭痛になる原因と、

その治し方をご紹介!

 

雨の日頭痛がする人は、

是非とも最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

雨の日に頭痛になるのは一体なぜ?

39667c4ad9f0b141c8f54d3620995a6b

画像参照元:http://ur0.pw/yzfe

 

なぜ雨の日には頭痛になってしまうのでしょうか?

 

それは、天気の変化によって

気圧が変化するからです。

 

「気圧の変化」

が、頭痛となって現れていたのですね。

 

そういう気圧の変化に敏感な人の中には

「頭痛がしてきたから、そろそろ雨が降るかも」

と言う人もいます。

 

では、気圧の変化による頭痛はどのように

治せば良いのでしょうか?

 

治し方なんてあるのでしょうか?

 

頭痛の種類と原因

s-20110408202329139279

画像参照元:http://ur0.pw/yzg6

 

雨の日の頭痛の治し方を紹介する前に、

頭痛の種類と原因について

ご紹介したいと思います。

 

原因を知ることで治せる頭痛もありますから、

少しでも知識をつけておきたいですね。

 

まず、頭痛は大きく分けて

「機能性頭痛」

「器質性頭痛」

に分けられます。

 

「機能性頭痛」とは日常的に悩まされる

慢性的な頭痛のことです。

 

「機能性頭痛」には

・「拡張型頭痛」

・「片頭痛」

・「群発頭痛」

という種類があります。

 

「器質性頭痛」というのは

他の病気が原因で発症する頭痛のことです。

 

この頭痛の特徴は、

「普段感じたことのない違和感のある頭痛」

です。

 

この場合は重大な病気のリスクを含んでいるため、

少しでも変だなと思った際は

受診をすることをお勧めします。

 

ここでは、

「拡張型頭痛」

「片頭痛」

「群発頭痛」

について少し詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

拡張型頭痛

 

慢性的な頭痛の大半がこの頭痛です。

 

拡張型頭痛は、頭蓋を包んでいる筋肉が

持続的に収縮するために起こります。

 

原因としては、精神的なストレスを感じたり、

同じ姿勢で長時間作業をしていると、

首や肩の筋肉が緊張し血行が悪くなります。

 

そのため、頭に酸素や栄養が運ばれにくくなり、

頭痛が起こるのです。

 

対処法としては、緊張してしまった肩や首の筋肉を

ほぐして、血行を良くしてあげることです。

 

入浴の際に肩までしっかり湯船に浸かること。

 

デスクワークの際は、定期的に椅子から立ち上がり、

歩いたり首を回したりして、

長時間同じ姿勢になり続けないように気をつけることです。

 

片頭痛

 

緊張型頭痛の次に一般的な頭痛で、

比較的女性に多く見られます。

 

実は、偏頭痛のメカニズムは

はっきりと解明されていません。

 

しかし、脳の血管が広がって炎症を

起こすことが原因であると言われています

対処法としては、こめかみを押さえて

血行を緩やかにしたり、

横になるなど安静にするようにします。

 

入浴や運動など、

血行が良くなることは避けましょう。

 

偏頭痛の場合、血行が良くなると

さらに痛みが強くなってしまいます。

 

群発頭痛

 

これもまだはっきりと解明されて

いるわけではない頭痛です。

 

しかし、目も後ろを通っている血管が

広がって炎症を起こすことが原因と言われています。

 

群発頭痛の場合、痛みが強く自力での

対処が難しいため、

早めに医師に相談してください。

 

雨の日の頭痛を治す方法

 

さて、いよいよ本題です。

 

雨の日に起こる頭痛はいったい何かというと、

先に紹介した「片頭痛」なのです。

 

片頭痛のメカニズムははっきりと解明されていませんが、

頭蓋骨内の「血管が広がり炎症が生じる」ためと考えられています。

 

片頭痛は、ストレスや疲労などの

影響で頭蓋内の「血管が広がり炎症が起こる」ために、

頭痛が起こるということです。

 

これを「雨の日」に当てはめて考えると、

「急な気圧の低下」によって、

脳の血管を押さえていた圧力が下がるため、

血管が広がりやすくなります。

 

脳の血管が広がる、ということで、

片頭痛を誘発してしまう場合があるのです。

 

対処法としては、先に紹介した通り、

「こめかみを押さえて血行を緩やかにする」

「横になるなど安静にする」

ということになりますね。

 

逆に、コーヒーなどのカフェインを

多く含む飲料を摂取するなどしてしまうと、

血管が広がりやすくなり、

余計に痛みが増してしまうということに

なりかねませんので注意が必要です。

 

正しい頭痛の知識を身につけておくことで、

そういったことを防ぐことができます。

 

最も効果的な対応策としては、

「複数の要因が重ならないようにすること」です。

 

以下の表を参考に、できるだけ

引き金になる要因を避けるようにすること

で症状を抑えることができるでしょう。

 

trigger

画像参照元:http://ur0.pw/yzfn

 

まとめ

「雨の日」というものはどうしても消すことができないものです。

 

しかし、しっかりと正しい知識を身につけて、

頭痛の発生原因を知ることで、

雨の日や頭痛とも上手に付き合っていくことができます。

 

正しい知識を身につけて、

正しい対処法を知り、雨の日を上手に

過ごしていきましょう!

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

カップル必見!雨の日でも楽しめるオススメの過ごし方ベスト7!

雨降りの日にオススメ!一人で出来る楽しい暇つぶし方法15選!

実は健康に良い飲み物!コーヒーには認知症にも効果があった!

風邪の時の辛い鼻水の治し方5選!早く治して鼻づまりを解消しよう