コーヒー好きの方はたくさんいますよね。

 

「朝起きたら目覚めの一杯」

「会社に着いたらまずはコーヒーを入れる」

など、コーヒーを飲むことが習慣化している人も

いるのではないでしょうか。

 

コーヒーの魅力は何といってもあの独特な香りですよね。

 

コーヒーの香りにはリラックス効果があるのだとか。

 

さて、そんなコーヒーですが、実は健康にも良い

ということが最近話題になっています。

 

今回はそんなコーヒーの健康への効果をご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーは認知症にも効果的!?

a-cup-of-coffee-399478_1280

画像参照元:http://ur0.work/z9Oj

 

コーヒーといえば「カフェイン」ですよね。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、

 

「夜飲むと眠れなくなる」

「子どもの成長に良くない」

 

などとマイナスのイメージもあるかもしれません。

 

しかし、カフェインには眠気を防いで記憶力や

集中力をUPしてくれる覚醒作用や、

運動能力を高める効果があるといわれています。

 

カフェインは、集中力を高め、眠気を覚ます効果を持つ成分です。

 

がん細胞撲滅のために働いたり、脳内の

記憶機能再生のためにも効果があります。

 

一方で、摂取量が多過ぎると逆に健康を崩す原因にもなり、

アルコールのような中毒性もあります。

 

また、認知症の予防にも効果があることがわかってきています。

 

コーヒーにはポリフェノールが豊富に含まれています。

 

人間の体内では、 「活性酸素」という有害な物質が発生しています。

 

この活性酸素を抑える働きをするのが「抗酸化物質」です。

 

そして、ポリフェノールは抗酸化作用が高く、

活性酸素を抑え脳細胞を守る働きをします。

 

また、ポリフェノールを摂取することでシミやシワの予防になり、

アンチエイジングにも効果を発揮します。

コーヒーは頭痛にも効く!?

zutu2

画像参照元:http://ur0.work/z9Ox

 

カフェインは実は市販の頭痛薬にも含まれているということは

意外と知られていない事実です。

 

カフェインには脳の血管を収縮させる作用があるので、

血管が拡張することでおこる偏頭痛を鎮める働きがあります。

 

ただし、大量にコーヒーを飲むと逆に頭痛を

引き起こす原因になるので、飲み過ぎには気を付けましょう。

 

◆二日酔いにも効果的

128af9920078001l

画像参照元:http://ur0.work/z9OD

 

コーヒーのカフェインには二日酔いの

原因「アセトアルデヒド」による頭痛を抑える働きがあります。

 

また、コーヒーの利尿効果でアセトアルデヒドを

体外に排出しやすくしてくれます。

 

そのため、

「コーヒーは二日酔いに効く」

といわれています。

 

コーヒーを1日2杯以上飲む人は、肝硬変や肝臓がんになりにくいことも

近年の研究からわかっています。

スポンサーリンク

糖尿病の予防

b41877e5d586b1b557850fd91ad9fe5e

画像参照元:http://ur0.work/z9OZ

 

コーヒーをよく飲む人は2型糖尿病の発症リスクを

軽減する可能性があることがわかってきています。

 

これは、コーヒーのカフェインにインスリンの分泌を

促進させる効果があるからです。

 

アメリカの研究によると、コーヒーを1日に2~3杯飲む人は

発症率が37%も減少したと報告されています。

ダイエットにも効果的

4d8c7ca2d215d519e14b9ab1cfeaf919

画像参照元:http://ur0.work/z9P6

 

コーヒーには、脂質の吸収を抑える効果があります。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪分解酵素を活性化させ、

脂肪燃焼を助けるのでダイエットに効果的なのです。

 

運動前に飲むと効果が期待できます。

 

ただし、砂糖やミルクを入れずブラックコーヒーにしましょう。

 

「運動する30分前に2杯ほどブラックコーヒーを飲むと良い」

 

といわれています。

 

運動は脂肪燃焼しやすい有酸素運動がおすすめです。

 

コーヒーで脂肪燃焼しやすくしてから運動すると、

ダイエット効果がより高くなります。

 

入浴前にも効果が期待できます。

 

入浴は運動と同じように代謝が高まるので、

入浴の30分前にコーヒーを飲むのがおすすめです。

飲みすぎには注意

l_006

画像参照元:http://ur0.work/z9Pe

 

近年、身体に良いと言われているコーヒーですが、

飲みすぎには注意です。

 

コーヒーをガブガブ大量に飲みすぎると

貧血や口臭の原因になります。

 

また、睡眠の質も悪化します。

 

カフェインには胃液の分泌量を増やす影響もあり、

胃が荒れやすくなります。

 

そうなることで、胃炎や肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

1日に摂取する理想的なポリフェノールの

量は1000~1500mgといわれています。

 

これは150mlのコーヒーカップで1日約5杯の量に相当します。

 

ただし、一度にたくさん飲むのではなく、

「朝食後」「昼食時」「3時の休憩時」など、

何回かに分けて飲むようにしましょう。

インスタントコーヒーでも十分な効果が!

w621_instant-coffee-vs-brewed-coffee-appliances-repair-540x300

画像参照元:http://ur0.work/z9Pl

 

インスタントコーヒーとは、コーヒー豆の抽出液を

乾燥させて粉末状にしたもののことをいいます。

 

挽きたてのコーヒーと比べると香りは薄れますが、

インスタントコーヒーにもクロロゲン酸が含まれているので

抗酸化作用は十分期待できます。

コーヒーを飲むときのポイント

point

画像参照元:http://ur0.work/z9PB

 

空腹時にコーヒーを飲む場合、胃が荒れないために

ミルクを入れてカフェオレにするのがおすすめです。

 

朝起きてから1時間は体内の覚醒ホルモンが一番働く時間帯です。

 

そのため、起床後3時間くらい経ってから飲むことで、

コーヒーの効果がより期待できます。

 

カフェインの効果は3~4時間持続するので、

就寝前3~4時間に飲むのは避けましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

コーヒーは正しく飲むことで、

健康にも一役買うことが分かりましたね!

 

ポイントを押さえて正しくコーヒーをのみ、

健康な体を維持しましょう!

スポンサーリンク

この記事もおススメ

寒い冬に布団から脱出する!ノンストレスで布団から出る方法5選

絶対ハゲたくない男性必見!ハゲないために頭を正しく洗う洗い方

メンズの市販シャンプーにはこういう選び方がおすすめ!

これで眠気スッキリ!食べ物で睡眠不足をスッキリ解消!

だるい!眠い!やる気がでない!そんな時の解決策をご紹介

これでスッキリ美肌!ニキビ知らずに!朝洗顔の正しいやり方は?

これで大人ニキビを撃退!大人ニキビを簡単に治す直し方!

これでもう悩まない!頭皮にも使える!ヘアオイルの適切な使い方

仕事中でも超簡単!ツボマッサージで眠気を覚ます方法