「やることがいっぱいある・・・」

「ちゃんとやらないくちゃ!」

 

そう思っていても、

「体が動かない」

「どうにもねむい。」

ということありますよね。

 

本当に困りますよね。

 

締め切りが間近で気持ちは焦っている。

 

でも体がついていかない。

 

そんな方にとっては本当に辛いですよね。

 

やりたくて仕方ないのに、体が動かないんですよ!

 

こんな時、一体どうすれば良いのでしょうか。

 

今回はそんな悩みを抱えている方に向け、対策をご紹介します。

スポンサーリンク

何もしたくない原因

力を出し切ったから(燃え尽き症候群)

joe-31

画像参照元:http://urx.mobi/yZ1M

 

「1週間休まず働いて疲れたから」

という理由が考えられます。

 

いっそのこと、休んでも良い場合ではないでしょうか。

 

しっかり休んで、来週に備えると良い場合もあります。

そもそもやりたくないこと

017958

画像参照元:http://urx.mobi/yZ1R

 

そもそも、そのやろうとしていることは

「本当にやりたいこと」

なのでしょうか?

 

もしかしたら「やりたくないこと」であるにもかかわらず、無理やり

「やらなきゃいけない!」

と言って「やりたいこと」にしていませんか?

 

もしやらなくても済むことなのであれば、

思い切って「やらない」という選択肢もあります。

 

今一度、本当にやる必要があるのか?

 

と考え直しても良いのではないでしょうか。

栄養不足

Vegetables with an white plate
画像参照元:http://urx.mobi/yZ1X

 

体がだるく起き上がるのも辛い時には、

「栄養失調」である可能性があります。

 

栄養失調は、十分な栄養が取れていない時に発症する病気です。

 

栄養失調が起こると、

「体重や筋肉量が減る」

「動悸や息切れが起こる」

「倦怠感も起こる」

といった症状が現れます。

 

栄養失調になると、血管や臓器ももろくなり、

生命維持に必要な機能が失われてしまいます。

 

現代は、飽食の時代と言われていますが、

意外に栄養不足に陥っている人は多いようです。

 

若い女性の無理なダイエットというのもあります。

 

厚生労働省の発表によると、70歳以上の高齢者の5人に1人は

栄養不足という結果が出ているそうです。

 

特に摂取量が不足しているのは、タンパク質です。

 

3食きちんと食べていても、

良質なタンパク質を摂取できていない人は多い傾向にあります。

 

加工食品やお惣菜なども売られていますが、

カロリーが多い割に栄養のバランスが偏っている食品は多いです。

 

このようなカロリーは足りているのに、栄養のバランスが悪くなってしまい、

栄養失調になっている状態のことを、「新型栄養失調」と言います。

 

簡単な食事やインスタント食品、単品の食事、

ビタミンや栄養素が少ない食事などを続けていると

「新型栄養失調」になる可能性が高まりますので、注意が必要ですね。

スポンサーリンク

睡眠不足

16495

画像参照元:http://urx.mobi/yZ23

 

睡眠は脳と体の疲れを取る効果があります。

 

たとえ、肉体労働ではなく、デスクワークの人でも、

脳は常に活発に働いており、たくさんのエネルギーを消耗しています。

 

その疲れをとるために、睡眠は必要なのです。

 

脳の疲れを取るには、体の疲れを取るよりも

何倍もの睡眠が必要だと言われているほどなのです。

 

睡眠が十分とれないと、当然疲れがたまりますよね。

 

そうなれば、だるく感じたり、疲れてると感じているのは当然のことでしょう。

 

睡眠不足の人にありがちなのは、寝る前のスマホやテレビ、

パソコン操作をするなどがあります。

 

寝る前にブルーライトのような網膜まで入り込んでくる光を

見つめていると、脳に刺激が届いてしまい、

良い睡眠が取れないということが起こります。

 

しっかり睡眠を取れるように、

寝る前に刺激の強いライトを見ることは避けましょう!

ストレス

sutoresu

画像参照元:http://urx.mobi/yZ26

 

ストレスがたまりすぎると、体がだるくなることや、

イライラすること、立ちくらみやめまいがする、

といった心身の疲れとなって症状が現れます。

 

ストレスには、

「家族や仕事から受ける社会的ストレス」

「心の病にも発展する精神的ストレス」

「人間関係のストレス」

「環境から受けるストレス」

といった種類があります。

 

それらが過度に積み重なると、自律神経失調症という

精神病へと発展するケースもあります。

 

自律神経失調症になると、

身体的には、だるさ・慢性疲労・動悸・ほてりなど、

精神面では、気力の低下・不安感・落ち込み・イライラなど、

多岐にわたる症状が出てきます。

過度な運動や運動不足

Close-up of the shoes of a woman wearing jogging s
画像参照元:http://urx.mobi/yZ2a

 

運動のしすぎも「だるさ」に影響を及ぼします。

 

運動をすると、筋肉中では、ブドウ糖を分解し、乳酸を作ります。

 

すると、体に乳酸が溜まることになります。

 

筋肉や血液中に乳酸がたまると、疲れを感じるようになるのです。

 

また、乳酸が作られる過程で、体は酸性に傾きます。

 

この酸性に傾いた状態は、だるさを感じる状態なのです。

 

乳酸は、肝臓へ運ばれ処理されると、グリコーゲンに変化します。

 

時間が経てば、だるさは無くなっていくのです。

 

しかし、血液の循環が悪いと、なかなか乳酸が減らず、

だるさや疲れがいつまでたってもなくならないのです。

 

特に、普段体を動かさない人は血行も悪いので乳酸が溜まりやすくなっています。

 

運動不足もだるさの原因となりますので、

そういう方は、意識的に運動するようにしてみてください。

 

軽いウォーキングやヨガなどはストレス解消にも効果的です。

姿勢の悪さ

d14110c3b8562c918f42f8aa94628066-1024x682

画像参照元:http://urx.mobi/yZ2c

 

姿勢が悪いと肩こりが起こりやすくなってしまいます。

 

慢性的な肩こりは疲れやだるさにも繋がりかねません。

 

姿勢は日ごろから気をつけましょう。

目の疲れ

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_m

画像参照元:http://urx.mobi/yZ2e

 

スマホやパソコン、ゲームが普及している今、

現代人の目は、一昔前よりも格段に酷使しています。

 

この目の疲れが続くと、全身も疲れてきます。

 

それにより、だるさが出てしまうという結果につながります。

 

予防の為に、時々遠くのものを見たり、緑の物を見るようにしましょう。

 

また、目の疲労を取る効果のある目薬を刺したり、

蒸しタオルを目に当て、血流を良くしたりするのも効果的です。

身体がだるい時の対処法

栄養のバランスの良い食事をとる

Selection of protein sources in kitchen background, copy space
画像参照元:http://urx.mobi/yZ2f

 

栄養不足により、だるさが出る場合があります。

 

そんな時は、食事に気を付けましょう。

 

タンパク質を取ることで、血液循環が良くなり、元気が出ます。

 

鳥の胸肉やささみなどは、高たんぱく低脂肪ですので、しっかり摂ると良いでしょう。

 

また、糖分をできるだけ取らないことがポイントです。

 

炭水化物も糖分ですので、極力控えるようにすると良いでしょう。

質の良い睡眠をとる。

40-post-main

画像参照元:http://urx.mobi/yZ2g

 

身体がだるい時には、まず睡眠を充実させましょう。

 

質の良い睡眠がとれていないと、脳や体を十分に休めることができません。

 

個人によって異なりますが、目安としては、

7~8時間の睡眠をとれるように心がけましょう。

軽い運動をする

recipe_undou

画像参照元:http://urx.mobi/yZ2j

 

身体がだるい原因が運動不足の場合もあります。

 

普段車で移動していたり、室内にこもりっぱなしでいたりすると、

運動をしない環境になっています。

 

運動は毎日少しずつ行うことで、体も慣れてきます。

 

すると、徐々にダルさもなくなってくるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

体がだるい時には基本的には

「食事」

「睡眠」

「運動」

を意識してみると良いでしょう。

 

だるくなる前に予防的に意識することが良いのかもしれませんね。

 

また、症状によっては病気の可能性もあります。

 

あまりにひどい時は、内科や精神科へ受信されることをお勧めします。

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

これでスッキリ美肌!ニキビ知らずに!朝洗顔の正しいやり方は?

これで大人ニキビを撃退!大人ニキビを簡単に治す直し方!

これでもう悩まない!頭皮にも使える!ヘアオイルの適切な使い方

仕事中でも超簡単!ツボマッサージで眠気を覚ます方法

足のむくみが痛い!眠れない!足のむくみの原因と解決策をご紹介