足がむくみ、

「痛い!!」

「眠れない!!」

そんな経験はありませんか?

 

足のむくみのせいで、ふくらはぎが

痛くなって眠れないということ、ありますよね。

 

今回はそんな痛みの原因と解決策をお伝えしていきます。

 

これを読めばあなたの足はすっきり!!

きっと快眠間違いなしでしょう。

スポンサーリンク

なぜふくらはぎがむくむのでしょうか?

gf1140385671l

画像参照元:http://u0u1.net/yBUE

 

まず、ふくらはぎがむくんでしまう原因は

実に様々です。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

(1)長時間の起立状態

4549509132745

画像参照元:http://u0u1.net/yBUP

 

長時間立っていると、

重力により血液は足に溜まっていきます。

 

すると、静脈の圧が高くなり、戻ってくる水分を

押し戻すことが難しくなってしまいます。

 

立ち仕事をしている人から

「足がよくむくむ」

という声が出やすいのは、

この原因によるものです。

 

(2)運動不足による冷え性や血行不良

0625_ll

画像参照元:http://u0u1.net/yBUS

 

ふくらはぎの筋肉は、収縮することにより

血液を循環させるポンプの役目を果たします。

 

運動不足によって足の筋肉が衰えると、

そのポンプ機能が低下してしまい、

足に水分が溜まりやすくなってしまいます。

 

さらに、足先の毛細血管まで血液がスムーズに流れなくなり、

むくむということになるのです。

 

(3)水分・塩分の摂り過ぎ

06131154_575e20781fdd1

画像参照元:http://u0u1.net/yBX3

 

水分や塩分を採り過ぎることで、

血液中の水分が増えてしまいます。

 

すると、余分な水分が留まりやすくなり、

むくみやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

(4)下肢静脈瘤

kashi-jomyaku01-300x288

画像参照元:http://u0u1.net/yBXc

 

上の図にあるように、

静脈にある血液の逆流を防ぐために

「静脈弁」というものがあります。

 

その静脈弁が壊れることで血液が逆流し、

血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因で

むくむことがあります。

 

悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、

湿疹やかゆみが出たりという症状が

現れてくることがあります。

 

(5)肝臓の病気

20151218165041

画像参照元:http://u0u1.net/yBXi

 

血管内の水分を保持する役割を持つ、

「アルブミン」という成分があります。

 

これは肝臓で作られる物質なのですが、

肝臓が弱っている時には、

この成分がうまく生成されません。

 

そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、

静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまいます。

 

その結果、むくみを引き起こすことがあるのです。

 

(6)腎臓の病気

body_jinzou_good

画像参照元:http://u0u1.net/yBXl

 

腎臓が何らかの原因で弱っていると、

身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、

むくみの原因になることがあります。

 

その他にも、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、

むくみの原因になっていることもあります。

 

このように実に様々な要因によって

足のむくみというものは生じています。

 

病気が原因のものは早急に診察を受けた方が良いです。

今回は病気が原因のもの以外について

触れていきたいと思います。

 

足のむくみを解消するためには

1121

画像参照元:http://u0u1.net/yBXt

 

さて、足のむくみの原因は様々ですが、

病気が原因のものを除けば、その原因は主に、

「リンパ液や血液の流れが悪くなっている」

「水分、塩分の取りすぎ」

ということになります。

 

つまり、解決策としては

「リンパ液や血液の流れをスムーズにすること。」

「塩分の取り過ぎを改善すること。」

によってかなりむくみを解消することができるのです。

 

「塩分の取り過ぎを改善すること。」

については、食生活・生活習慣の改善、ということになりますので、

日々食に関して気を使う必要がありますね。

 

「リンパ液や血液の流れをスムーズにする」ためには、

「入浴するときに湯船にゆっくりつかりながら、

足のマッサージをし、血行をよくする。」

といったことをすると、むくみの解消につながります。

 

温めることで血管が拡張するので、

入浴時のマッサージは効果的なのです。

 

また、足の簡単な運動をすることで、

血流を良くし、むくみを改善する効果もあります。

 

1つ紹介しましょう。

「つま先立ち体操」です

 

「つま先立ち体操」

97a5c6dc

画像参照元:http://u0u1.net/yBXH

 

やり方は非常に簡単です。

 

①コップ1杯の水を飲む。

②まっすぐ立つ。

③かかとを上げて、つま先で立つ。

④戻す。

 

これを10回繰り返すだけです。

 

大事なのは、これを3時間ごとに行うことです。

 

このようにふくらはぎの筋肉を動かすことで

血流が良くなり、むくみづらくなります。

 

また、はじめに水を飲んでおくことにより、

血液が固まるのを防ぐ効果があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

マッサージや運動も効果的ですが、

一時的にむくみを解消して満足するのではなく、

正しい知識を持って効果的なトレーニングや

規則正しい食生活を送ることにより、

むくみづらい体にすることが可能ですね。

 

※効果には個人差があります。

運動などは無理をしすぎるのは良くないですので、

適度に行ってください。

 

また、むくみなどがあまりにもおかしいと感じた場合は

速やかにかかりつけの医師に診察を受けることを

お勧めいたします。

 

この記事がむくみ解消の手助けとなれば、幸いです。

むくみを解消し、快適な日々をおくってくださいね。

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

足が臭いのは靴が原因?10円玉を使った対策方法は効果的なのか?

足の臭いに効果的!足が臭わなくなる7つの簡単対策方法!

手汗や足汗が酷いのには原因に問題が!多汗症の原因4選!

自宅で簡単にできる!ダイエット効果抜群のオススメ運動方法7選