冬に近づくと必ずと言っていい肌のトラブルが、“乾燥“ です。

 

季節の変わり目になると肌が乾燥することはありませんか?

 

特に冬になると肌が乾燥してしまい、化粧をしても粉吹きになってしまうこともありますよね。

 

毎朝化粧をするたびに落ち込むこともあるでしょう。

 

また乾燥を放っておくとシワの原因になってしまうとも言われています。

 

毎年やってくる女性にとって悩ましい乾燥の時期、、、

 

しかし、どのようなケアをしていけばいいのかわからず、放置してしまいもっとひどくなることもありますよね。

 

ではなぜ冬になると肌が乾燥してしまうのでしょう?

スポンサーリンク

「肌が乾燥してしまう理由」

 

気温が低下し、湿度が低下する冬は、肌が特に乾燥しやすく慢性的に乾燥しているといえます。

 

外部の刺激から守っている皮脂成分が、寒くて代謝が下がると分泌されずらくなってしまいます。

 

肌をしっとりさせているのは、皮膚から出ている脂と、汗腺から出る汗と不感蒸泄で放出される水分です。

 

自分では気づかないでいますが、人間は絶えず体内の水分を皮膚の表面から放出していて、これを「不感蒸泄」といいます。

 

しかし、冬になって気温が低下すると、体内から皮膚に放出される水分量が減り、汗腺からの発汗や皮脂も少なくなります。

 

さらに大気の湿度が下がると、皮膚から奪われる水分が増えます。

 

このため、どの肌質の人も乾燥肌になりやすくなってしまうのです。

 

では、ここで日ごろからできる乾燥を防ぐための簡単なケアを3つ紹介していきます。

 

冬の乾燥肌を防ぐ簡単なお肌ケア方法

1.洗顔方法

 

まずは、洗顔方法です。冬と夏では洗顔の仕方は全然違います。

 

間違った洗顔方法をしてしまっていると、乾燥を引き起こす原因となってしまいます。

 

注意する点は、

1)キメの細かいたっぷりの泡で優しく洗う

2)乾燥の気になる部分は最後に洗う

3)肌の温度に近い水温で洗い流す

4)水気はタオルでおさえるように拭き取る

 

この4つを意識した洗顔を心がけましょう。

「洗顔 イラスト」の画像検索結果

スポンサーリンク

2.スキンケア

 

次にスキンケアです。

 

“化粧水は3回!!“

 

高級な化粧水を使った方がいいと思ってしまいますが、この方法で乾燥肌はすっかり治ってしまいます!!

 

洗顔→ 化粧水 →(浸透タイム)→化粧水→(浸透タイム)→ 化粧水

 

これだけでいいのです!!

 

乾燥が始まる秋ごろから始めていきましょう!!

 

“コットンを使用した保湿パックも効果的“

 

特に冬場の乾燥が酷い日には、コットンに化粧水をしみこませ、3~5分ほど、顔に乗せて保湿パックをしてみると、肌がしっとりします。ぜひ試してみてください!!

「スキンケア イラスト」の画像検索結果

3.食事

 

最後に食事で防ぐ乾燥です。

 

1)卵「卵 イラスト」の画像検索結果

卵はとても栄養素が豊富な食べ物で、たんぱく質・ビタミンAなどが含まていると言われており、卵に含まれるビオチンには、皮膚を健康的に保つ働きがあるとされています。

 

2)納豆「納豆 イラスト」の画像検索結果

納豆には、たんぱく質・ビタミンB2など豊富な栄養素が含まれていると言われています。

 

3)アボカド「アボカド イラスト」の画像検索結果

 

ビタミンE・β-カロテン・ビタミンCなどが含まれていると言われています。

 

アボカドはカロリーが高くボリュームもあるので、食べ過ぎると胃もたれしてしまう事もあるようです。

 

1日1個程度にしておきましょう。

 

この3つなら普段から食べることが出来やすいでしょう。身体の内側からも乾燥対策をしていきましょう!

 

まとめ

 

このように日ごろから気を付けられることはたくさんあります。

 

秋ごろから対策をはじめていき、今回紹介した3つの改善策で冬のつらい乾燥肌とおさらばして、しっとりとした素肌美人になっていきましょう。

スポンサーリンク