「このシャンプーはノンシリコンだから良い」

と謳っている商品を見かけたことはありませんか?

 

まるでシリコンが有害な物質であるかのような言われようをしていますよね。

 

実際のところ、シリコンには

どのような害があるのでしょうか?

 

今回はシリコンについて詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シリコンとはいったい何者か?

20130129-silicone-10

画像参照元:http://qq4q.biz/yMlX

 

シリコンはそもそも「ケイ素」という元素を表す言葉です。

 

よく聞く「シリコン」とはヘアケアや

化粧品に配合されるときは、

「シリコンオイル」という、

とろみのある油のような状態になっています。

 

しかし、「シリコン」の単体はガラス状の固体であり、

油状の物質ではありません。

 

俗にいう「シリコン」とは、

正式には「シリコーン」と呼ばれます。

 

「シリコーン」はシリコン元素を含む高分子化合物の総称なのです。

 

補足ですが、シリコーンは慣用名であり、

IUPAC正式名は「シロキサン化合物」というものです。

 

シリコーンというのは成分表示でいうと

「ジメチコン」「シクロメチコン」

といった表示のものになります。

 

シリコンオイルを塗ると、

髪や肌に被膜を作ってコーティングします。

 

シリコーンは撥水性があるので、

コーティングされた部分は

水や汗をはじくようになるのです。

 

そのため、ファンデーションや日焼け止めにも

「水や汗で流れない」と謳われて使用されています。

 

シリコンオイルを付けた後の肌触りも良く、

べた付かずにシルキーで滑りの良い感触となります。

 

使用感向上のために、

スキンケアに使われる場合もあるのです。

 

シリコンは本当に悪いの?

画像参照元:http://ur0.link/CuYP

 

「ノンシリコンだから良い!」

と謳っている商品がたくさんありますが、

シリコーンが悪者とは言えません。

 

先にも述べたように、シリコーンには

コーティングする役割があるからです。

 

シリコンオイルが傷んだ髪の表面をコーティングし、

キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防することができるのです。

 

そして、髪の手触りもさらさらとしたものにしてくれます。

 

一概にシリコンだから悪いというのはちょっと違いますね。

スポンサーリンク

シリコンはなぜ悪者扱いされるの?

画像参照元:http://u0u1.net/CAh3

 

ではなぜシリコンが悪い、

と言われているのでしょうか?

 

シリコンが肌に付着すると、

コーティング力が強いため毛穴を塞いでしまうという説があります。

 

頭皮の場合は髪が生えにくく、

肌の場合はニキビや吹き出物ができるというのです。

 

しかし、これに対して

「シリコンのコーティング被膜はガーゼのような網状の被膜のため、毛穴を塞ぐことはない。」

という説もあります。

 

シリコンが悪いといわれる別の理由としては、

「環境に悪い」ということです。

 

一般的に家庭の排水に含まれる油分などの有機物は、

下水処理場で微生物によって分解されて河川に流されます。

 

シリコンはこの微生物による分解ができません。

 

そのため、処理されることなく、

薄まるだけで流されてしまいます。

 

シリコンが嫌われる最も大きな理由!

 

中でも、最も大きな理由は

「大手化粧品メーカーによるシリコンオイルの乱用」

でしょう。

 

シリコンは様々な場面で活躍していますが、

大手化粧品メーカーはそれをシャンプーへと配合したのです。

 

それにより、シャンプーだけで

肌触りのよい仕上がりというものを実現したのです。

 

これが大ヒットしました。

 

シリコーンは、その安定性から、

人体に対しての毒性はありません。

 

しかし、美容師業界からは反発の声があがりました。

 

それは、カラーやパーマなどのケミカル処理全般に対し、

シリコーンをまとった髪の毛は強い耐性を持っていたからです。

 

また、大手メーカーにより

売り上げを圧迫されてきた中小メーカー達もいました。

 

そのため、中小メーターたちが、

大手メーカーのシリコンインシャンプーに対し、

まるでシリコーンが有害物質であるかのような

ネガティブキャンペーンを始めたのです。

 

「シリコンによりダメージが進行する」「人体に有害」「取り敢えずシリコンが配合されているのは避けるべき」

 

といったものが多く含まれています。

 

これにより、シリコンは

「みんなの嫌われ役」として完成しました。

まとめ

 

実際のところはシリコンがシャンプーに含まれているからと言って、

有害であるということはありません。

 

むしろ、シリコーンは人体に無害ですし、

コーティングしてくれる役割があるので、

含まれていても問題ない物質といえるでしょう。

 

コーティングしてしまうので、

カラーやパーマといったケミカル処理をする人には不向きだと思われます。

 

また、一部の人の体験として、

「シリコンを含んだシャンプーから、ノンシリコンのシャンプーに変えたら肌荒れが無くなった」

という声もあります。

 

一般的にシリコーンは無害ですが、

髪質や肌質により影響が異なってくるのかもしれません。

 

やはり「シリコンが含まれるかどうか」というよりも、

「自分の髪質・肌質に合ったシャンプーを選ぶ」

ということが重要なのですね。

 

今回の記事を参考に、

ご自分に合ったシャンプーを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事もオススメ!

意外な事実!ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットとは

これでもう迷わない!成分から見る良いシャンプーの選び方!

髪が大事な人必見!危険な成分!?適切なトリートメントの選び方

敏感肌、乾燥肌をしっかり解決!適切な入浴剤の選び方をご紹介

美容効果抜群の風呂の入り方はコレ!綺麗になるには入浴から!

20代からできる5つのハゲ対策!早めの予防がアナタの髪を守る!

ハゲてくる男性に共通する7つの特徴!遺伝だけでは決まらない?

ハゲない男性に共通する5つの特徴!ハゲない為にはどうすれば良い?